ピクシブ百科事典

T-54

てーぴぢっしゃっとちぃとぅぃり

T-54は第二次大戦後ソビエト連邦で製造された中戦車、のちに主力戦車として用いられた。
目次[非表示]

概要

この戦車(中戦車)はソ連T-34およびKV-1の(特に装甲面および砲塔面で)更新のために1943年に試作されたT-43(装甲が増え、サスペンションも改良されているものの砲塔および装甲が開発の時点で陳腐化していたため不採用、ただこの戦車の砲塔を改造しT-34に積み替えT-34-85を作った)、T-44(T-43を再設計、砲塔、エンジン、装甲を強化、量産されたもの実践に投入されず。なお、映画撮影用に改造されたものが存在する)の流れをくむ戦車であった。
また、この戦車は時代の流れとともに主力戦車として東側諸国やアジアアフリカ等で用いられることとなった。

設計等

第二次世界大戦後T-44にZiS-100(100㎜戦車砲)を搭載することを目的として再設計(砲塔の新設計、トランスミッション交換、装甲の強化、履帯の変更、エンジンの交換など)したもので、当初T-44Vと呼ばれた。
これはT-54-1、あるいは1946年型と呼ばれた。
1949年には砲塔の形状変更および装甲の一部削減(重量軽減のため)などが行われた。これはT-54-2または1949年型と呼ばれた。
1951年には砲塔の形状変更(特徴的なお椀型)を行った。T-54-3または1951年型、1953年型と呼ばれた。また、このほかにNATOの区分では主砲を変更し改良を加えたT-54AおよびT-54Bが存在するとある。
この機種の近代改修型は後継機種であり1958年に登場したT-55と共通の点も多く、T-54独自の改修と区別できない点がある。


後継としては

T-55(NBC防御用のPAZシステム、エンジン強化、クラッチの改良など)のほか、T-62が存在する。これらの戦車は部品の共有化など意図的に共通性が高い設計をとっている(そのため、特に知識のない人にとっては見分けが難しい)。
また、この戦車をベースとした車両としてはZSU-57-2SU-122-54(駆逐戦車自走砲)などが存在する。
中華人民共和国ではこの戦車(T-54A)のライセンスを取得し59式戦車を製造し、さらにこの戦車をベースに小型化した62式軽戦車を独自に開発している。イスラエルでは鹵獲したこの戦車(およびT-55)を独自に近代改修したり、兵員輸送車として用いた。

生産数

このT54/55、ものすごく生産数が多い。東西冷戦のさなか東側諸国の標準として配備された上、中東諸国や第三世界に安く売られたため10万輌も作られた。そのため世界で一番生産された戦車となっている。
(ちなみに、M4シャーマンは約5万輌、T-34は約4万5000両である。)

メリット/デメリット

車高が低く、主砲や装甲が優秀であるといったメリットに対し、車内に余裕がなく車内活動が大変である、敵弾が貫通すると誘爆しやすい、部品の精度があまりよくないなどの問題点も存在する。

関連項目

中戦車 主力戦車(第一世代MBT)
T-55 T-62 ZSU-57-2

外部リンク

wikipedia同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「T-54」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6150

コメント