ピクシブ百科事典

イラク戦争

いらくせんそう

2003年に起こったアメリカとイラクとの戦争。
目次[非表示]

概要

2003年から始まったアメリカイラクとの戦争

衝突勢力

軍事介入時(2003年)

アメリカ・有志連合イラク
  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ポーランド
  • ペシュメルガ
  • 旧イラク国軍
  • 共和国防衛隊
  • 特別共和国防衛隊


占領統治(2003年~2011年)

アメリカ・有志連合イラク
  • アメリカ合衆国
  • イラク
    • イラク国軍
    • イラクの息子達(現政府派の民兵組織)
    イラク領クルド
    • ペシュメルガ(クルド人民兵組織)
    イラク多国籍軍参加国
  • アイスランド
  • アゼルバイジャン
  • アフガニスタン
  • アルバニア
  • アルメニア
  • イギリス
  • イタリア
  • ウズベキスタン
  • ウクライナ
  • エストニア
  • エルサルバドル
  • オーストラリア
  • オランダ
  • カザフスタン
  • 韓国
  • ジョージア
  • シンガポール
  • スペイン
  • スロバキア
  • タイ王国
  • チェコ
  • デンマーク
  • ドミニカ共和国
  • トンガ
  • ニカラグア
  • 日本
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • ハンガリー
  • フィリピン
  • ブルガリア
  • ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
  • ポルトガル
  • ホンジュラス
  • マケドニア
  • モルドバ
  • モンゴル
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルーマニア
  • 旧イラク政権勢力
    • 聖戦と解放の最高司令部
    • ナクシュバンディー軍(スーフィズム派民兵組織)
    スンニ派民兵組織
    • イラク・イスラム国
    • イラク・イスラム軍
    • アンサール・アル・スンナ
    シーア派民兵組織
    • マフディー軍
    • シーア派民兵集団
    • アサイブ・アフル・アル=ハク


背景

1991年湾岸戦争以来、アメリカとイラクとの関係は険悪な状態が続き、またイラクを治める軍事的・独裁的なサダム・フセイン政権も続いていた。
2001年9月11日ニューヨーク同時多発テロが発生し、ブッシュ政権はアフガニスタンタリバン政権に匿われているテロ組織アルカイダ」による犯行を断定し、10月にアフガンに報復攻撃を開始し、12月にタリバン政府を崩壊させ民政へと移管させた。この時より、アメリカによる対テロ戦争が始まった。

対立

アメリカは次なる矛先をイラクに向けた。ブッシュ大統領はイラク・イラン北朝鮮をテロ支援国家「悪の枢軸国」と発言して名指しで非難。とくにイラクに対して、生物化学兵器といった大量殺戮兵器を保有、核兵器開発などを指摘し、国連を通じて調査と査察、武装解除などを要求。イラクは一応の資料を提出はしながらも国連の査察に隅から隅まで協力していた訳では無く、時には妨害する姿勢も見せた。これを見たブッシュ政権は湾岸戦争の停戦条約に違反するという主張をし、国連にイラクに対する武力制裁を要求した。

これらの要求に常任理事国ロシア中国のみならず国連のアナン事務総長も反対。アメリカの提出した「イラクへの武力侵攻案」はロシア、中国が拒否権を発動することにより否決された。安全保障理事会での調整が不調に終わると、ブッシュ政権は国連の意向を無視して同盟国にイラク進攻に参加するよう要求。大義がないことにフランスドイツはこれを拒否したが、イギリスオーストラリアポーランドなどはアメリカの要求に応じて「有志国連合」を結成。

開戦から

2003年3月19日、イラクへの侵攻「イラクの自由作戦」の決行。イラク国内の都市や軍事拠点などに対しミサイル爆撃機による空爆を開始。翌日には地上部隊を派遣。イラクを一気に制圧していき、4月にはイラクの首都・バクダッドを陥落。フセイン像が引き倒される映像は米軍勝利を印象付けるものとなって世界に報じられた。
イラク各地を次々に制圧し、5月にイラク暫定政府からイラク統治評議会を発足。そして12月に潜伏していたフセインを拘束。米軍侵攻から1年足らずでフセイン政権時代は終わりと遂げた。

この戦争によりイラク人は軍民併せて10万人以上、アメリカ軍を含む多国籍軍は6千人超の死者を出す結果となり、アメリカ軍が使用した劣化ウラン弾に多くのガン患者が続出しているといわれている。もっともこれは放射能の影響だという説と重金属による影響だという説がある。
日本小泉政権は有志国連合のイラク進攻を支持、資金を提供し、戦後復興のために自衛隊を派遣する措置を行っている。

アメリカ当局はイラクのフセイン政権は悪の枢軸だと決め付けていたが、後日調べると大量破壊兵器は存在せず、更にアメリカがイラクの石油利権を掌握する目的ではないかと言う疑惑が世界中に上がってきている。
しかしフセインに事情聴取してみると国内の反政府を掲げる勢力を黙らせるために大量破壊兵器を所持しているというのをチラつかせる事によって抑えていたと話していたとしている。
フセイン側にも問題があったにしろ疑惑で戦争をしてしまったとしてイラク戦争はアメリカにとっていわゆる黒歴史になっている事は揺るぎ無い

戦後イラク

フセイン政権崩壊後のイラクはイスラム教シーア派を代表するマリキ氏がアメリカを後ろ楯に首相に就任したが、マリキ政権はフセイン大統領の出身母体であるスンニ派を冷遇。この結果、シーア派とスンニ派の対立が激化しフセイン政権残党によるテロも多発。国内の混乱に加えシリア内戦に介入したアルカイダやISILと言ったテロ組織やアメリカの傭兵組織との抗争に苦しんでおり、フセイン政権時代よりも酷い状況になってきている。

それをイランが、曲がりなりにもISIL対策をやっているお蔭で最悪の事態は避けられている故に、イラクからイランへ逃れる難民も多い。

その後の国連

イラク戦争の顛末は5つの常任理事国が国連の上に立っていることを知らしめ、国連事務総長は実権のない単なる名誉職に過ぎないことを国際社会に知らしめることになり、結果として国連の地位を決定的に貶めることとなった。

関連タグ

戦争 中東 イラン・イラク戦争 中東戦争 湾岸戦争 ブッシュ フセイン クルド人

pixivに投稿された作品 pixivで「イラク戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4919

コメント