2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

機体概要

型式番号MSΖ-009。
エゥーゴアナハイム・エレクトロニクス社による共同開発計画「Ζ計画」の一環として開発された機体。後続機であるΖΖガンダムの前身と言える機体であり、Ζガンダムの設計思想を進めた合体・変形機構を有する。
本機はコア・ファイターをシステムに組み込んでおらず、Gフォートレスが上下に分離しGトップ0型、Gベース0型の2機の戦闘機となる。試験機であるため、武装はバックパックに装備されたビームキャノン2門のみである。

2機が製造され、うち1機は後述のB型へと換装された。

テストパイロットのイブンが搭乗してのテスト飛行の際に開発スタッフの一人レシル博士が懸念していたジェネレーターの問題によって制御不能になって暴走するがイブンの兄である整備士のアーリーがコアファイターでイブンを救出し、その後機体は爆発した。この事件が切っ掛けでレシル博士はパイロットの安全を考慮してZZにコア・ブロック・システムを組み込む事を思いついた。だがこの事でZZの開発が大幅に遅れ、グリプス戦役に投入される事は無く、その後の第1次ネオ・ジオン抗争にて完成したのであった。

バリエーション(公式作品)

プロトタイプΖΖガンダムB型

型式番号MSΖ-009B。
高出力ジェネレーター、試作型ハイメガキャノンなどを搭載した改修型。

プロトタイプΖΖガンダム(ナイトロ搭載型)

型式番号MSΖ-009BX。
ナイトロシステムを搭載した改修型。
UC0096年1月にロック・ホーカー大佐によって新生した特殊介入部隊『フレスベルグ』の隊長機として確認されている。
パイロットは同隊のリーダーであるゼナイド・ギャル中尉。

ヘッジホッグ

針鼠ZZ


漫画「機動戦士ガンダム ヴァルプルギス」に登場する予定のMS。
型式番号MSΖ-009H2。
プロトタイプΖΖガンダムのバリエーション機体。火力と推進力が強化され全身に様々な武器が備えられた。
全身に10基のビーム発生器があり、その背部への重火力ぶりから"ヘッジホッグ"(ハリネズミ)と名付けられている。
詳細ヘッジホッグを参照。

ファーヴニル

漫画「機動戦士ガンダム ヴァルプルギス」に登場。
型式番号MSΖ-009H3。
月面のグラナダ基地にエゥーゴによって配備されていたヘッジホッグの改良機。
レイモン・メキネスの反乱に応じた強化人間のアリーゼ・マテバが搭乗する。
詳細ファーヴニルを参照。

バリエーション(非公式作品)

メガゼータ

漫画『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』に登場。
型式番号MSΖ-009M。
木星のジオン残党軍が運用を企てている大型モビルスーツ伝説巨神の調査の為にアムロ・レイが木星圏へ持ち込んだ機体。
パイロットはアムロ・レイジュドー・アーシタ
詳細メガゼータを参照。

関連タグ

M-MSV ZZガンダム
アクロス・ザ・スカイ アンダー・ザ・サン

関連記事

親記事

ZZガンダム だぶるぜーたがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12258

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました