ピクシブ百科事典

量産型ΖΖガンダム

りょうさんがただぶるぜーたがんだむ

量産型ΖΖガンダムは、雑誌企画『M-MSV』に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MSΖ-013
所属エゥーゴ
開発アナハイム・エレクトロニクス
生産形態試作機
頭頂高18.5m
本体重量29.2t
全備重量53.5t
出力2,210kW
推力97,500kg
センサー有効半径11,300m
装甲材質ガンダリウム合金
固定武装50mmバルカン砲×2、ビーム・サーベル×2、簡易ハイメガ・キャノン、拡散メガ粒子砲、マイクロ・ミサイル、ミサイル・ポッド×2
携行武装ビーム・ライフル
オプション武装ビーム・キャノン、マイクロ・ミサイル×2


機体概要

雑誌企画『M-MSV』に登場。
ΖΖガンダムの量産型として開発された機体。型式番号MSΖ-013
生産性を高めるためにコア・ブロック・システム及び変形・合体機構が排除されている。

ΖΖガンダムの設計思想を受け継ぎ、多数の高火力ビーム兵器を搭載し量産型にしては破格の火力を誇っていたが、それら装備を稼動させる為に高出力のジェネレーターを搭載せざるを得ず、ベース機程ではないが、コストが高騰してしまっている。
そのため、4機の試作機が製造されたのみで量産化は見送られている。
なお、4機の内1機はガンダムデルタカイとの機体性能比較機としてマリアナ基地のボイド・クリフにて保管され、その後遊撃部隊フレスベルグの所属機として運用された。

武装

  • 50mmバルカン砲×2
  • 簡易ハイメガ・キャノン
  • 拡散メガ粒子砲
  • マイクロミサイル
  • ミサイル・ポッド×2
  • ビーム・サーベル×2
  • ハンド・グレネード×2
  • ビーム・ライフル
  • オプション・ウェポン・ポッド

(マイクロ・ミサイル、ビーム・キャノン)

余談

頭部はジムのバイザーとガンダム口という組み合わせになっているが、量産型Ζガンダムからこの機体を経て量産型νガンダムへ繋がる過程を表していると考えられる。

関連項目

M-MSV 機動戦士ガンダムΖΖ
ZZガンダム
アクロス・ザ・スカイ

関連記事

親記事

ZZガンダム だぶるぜーたがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「量産型ΖΖガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5415

コメント