ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジェガンA型

じぇがんえーがた

劇場版アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を始めとしたガンダム作品に登場する、量産型モビルスーツ「ジェガン」の事。D型や後年代機(J型など)の存在を鑑みた場合、「初期量産モデル」に当たる。
目次 [非表示]

カタログスペック(A型)

頭頂高19.0m
本体重量21.3t
全備重量47.3t
ジェネレーター出力1,870kW
装甲材質チタン合金セラミック複合材
スラスター総推力48,700kg(67,100kg、61,400kgとする資料もあり)

概要

劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』等で登場するジェガン。型式番号RGM-89

D型や後年代機(J型など)等に対して初期量産モデルを便宜上A型としている。


A型の特徴として、操縦方式に球状操縦桿「アーム・レイカー」を、連邦の量産機で初めて採用。スラスターからマニピュレータと言ったほとんどの操作を手元で行う事が出来る画期的な物だったが、衝撃を受けた際に手が滑り易く操縦桿から手を離し易く成ったとする欠点からパイロットの不評を買ってしまった。

その為か、中期生産モデルのジェガンD型以降は従来のスティック方式に戻された。


A型の主なパイロットは、劇場版本編のケーラ・スゥハサウェイ・ノアに加え、様々な外伝作品における主人公エースパイロット達が務めた。

この内、ロンド・ベル隊のメンバーと確認出来るのはケーラ・スゥボッシュ・ウェラーカムナ・タチバナの3名。また、ケーラ・スゥ以外は距離の違いこそあるものの、ほぼ全員がアクシズ・ショックを経験している。

バリエーション

プロト・スタークジェガン

『CCA-MSV』に初稿が掲載されていたスターク・ジェガン。その後『機動戦士ガンダムUC』において、設定が再編された際にスタークジェガンのプロトタイプへ変更された。

詳細はプロト・スタークジェガンを参照。


スパーブ・ジェガン

ゲーム『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』に登場。

スターク・ジェガンがロールアウトするまでの繋ぎとして急造された対艦攻撃仕様。ジェネレーターにジェガン改、バックパックに百式改、胸部装甲に前世代機ジェダのものが用いられており、本機用に調整されたハイパー・メガ・ランチャーを携行している。



ロズウェル・ジェガン

ゲーム『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』に登場。

量産型νガンダムの採用に先駆けてフィン・ファンネルデータ収集用に製造された実験機。A型をベースに、コックピット・ブロックの一部にサイコフレームを搭載。

詳細はロズウェル・ジェガンを参照。


陸戦用ジェガンA型

ジェガンA型の地上戦仕様。

後のマン・ハンター仕様のベース機である事以外は詳細不明。

詳細は陸戦用ジェガンA型を参照。


ジェガンA2型

OVA『機動戦士ガンダムUC』に登場。

宇宙世紀0096年に運用されたモデル。宇宙世紀0093年に勃発した第二次ネオ・ジオン抗争において運用された、初期生産型であるジェガンA型に簡易の改良を施した機体である。主にゼネラル・レビルに配備された。

カラーリングはクリーム色と朱色のツートン。

詳細はジェガンA2型を参照。


キャノンガン

漫画『機動戦士ガンダムUC096 ラスト・サン』に登場。同じく宇宙世紀0096年頃に運用されたモデル。


ジェガンA2型をベースに中距離支援用モビルスーツとしてアナハイム社によって開発された。

ガンダムG-ファーストと同じく技術検証計画に則り開発された機体を、式典向けに転用した機体である。カラーリングはガンキャノンを思わせる物に改められている。

腕部マニピュレータはビームライフルとしての機能を有するが、ジオングサイコガンダムの様に五指全てにメガ粒子砲を内蔵しているのでは無く、親指と中指のみと限定的なものに成っており、エネルギー供給も掌に装着されるEパックによって行われる。

肩部スプレービームランチャーは、折り畳まれた砲身を展開する事でメガビームキャノンと成り、精密射撃時にはジム・スナイパーカスタム等と同じくバイザーと頭頂部センサーが展開する。この精密射撃時の頭部は「ボール」に似た外観へ変化する。

G-ファーストと同じくGFタンクとのドッキング機能を有し、「キャノンガンDX」にパワーアップする。

パイロットはゾーイ・ヤンソン。


ジェガン(ユウ・カジマ機)

シャアの反乱の際、地球連邦軍のユウ・カジマが搭乗していた専用機

胴体部が彼のパーソナルカラーである蒼色に染められていること以外はほぼ他のジェガンと大差無い。

アクシズ降下阻止作戦に従軍し、最終盤にはアクシズの破片に取り付いて落下を阻止しようとするが、νガンダムから発せられた謎の光に弾き飛ばされた後に行動不能と成り、パイロットのユウは碧い光に包まれ、地球から遠ざかるアクシズを目撃している。


ジェガン(バーナム所属機)

JEGAN バーナム所属机

配信アニメ『機動戦士ガンダムTwilightAXIS』に登場。

宇宙世紀0097年に、ブッホ・コンツェルンの私兵部隊「バーナムの森」が運用した機体。形式番号からジェガンA型の改修機。

ブッホ・コンツェルンの母体である、ブッホ・ジャンク社において、小破~中破状態で放置されていたジェガンA型を回収、所属を抹消したものをベースとしている。なお、ブッホ・コンツェルンは同様の方法で、巡洋艦の竜骨(キール)さえ回収、修復する等して徐々に戦力を整えている。


機体はライトパープルを基調に塗られており、通常のジェガンとは異なる頭部やモノクル型の外付けセンサーアイ、射出可能なビームランスを装着したビームライフル等、既存の装備とは全く違うものを装備している。

その装備は後の時代のクロスボーン・バンガードのMSを彷彿とさせる。

関連動画

関連項目

機動戦士ガンダム逆襲のシャア ジェガン 量産機

関連記事

親記事

ジェガン じぇがん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました