ピクシブ百科事典

カイロ・レン

かいろれん

カイロ・レンは、映画「スターウォーズ」シリーズのうちのエピソード7「フォースの覚醒」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

演:アダム・ドライバー
日本語吹き替え:津田健次郎

概要

エピソード7「フォースの覚醒」にて登場。



ダーク・ジェダイにして銀河帝国の理念を受け継ぐ新勢力ファーストオーダーの指揮官の一人。十字型の赤いライトセーバー(設定的にはクロスガード・ライトセーバーまたはフォークド・ライトセーバーと呼ばれる)を武器とするほか、フォースグリップやマインドトリックによる読心術など暗黒面の技に長けている。

レン騎士団なる組織に身を置き、姿を晦ましたルーク・スカイウォーカーの発見と抹殺という目的の為に暗躍している。

人物像

フリッツヘルメットに似た漆黒のマスクをかぶり、同系色のローブを着用。
マスクには声を電子的に加工する機能が備わっており、かのダース・ベイダーを彷彿とさせる出で立ちとなっている。
エピソード6で燃やされたダース・ベイダーのヘルメットの残骸を所有しておりその後継者を自認するなど、カイロ自身もダースベイダーに対して崇拝に近い並々ならぬ思い入れがあるようだが…?



kylo ren



捕虜とした罪のない村人を殺戮するなど冷酷な性格で、日頃は冷徹に振舞っているが、その本性は激情家であり、怒りに身を任せてヒステリックに暴れる場面がある。

スターウォーズ Ep7 観てきた…



一時期、身分を隠して“レーダー技師のマット”としてスターキラー基地で働いていたことがある。
その際、普通に機械音痴であることが判明した。
その上、部下からは完全に自分のことをバカにされていた

スターキラー基地で陣頭指揮を執るハックス将軍とは険悪な関係にある。


関連タグ

STARWARS フォースの覚醒 最後のジェダイ
ファーストオーダー ダーク・ジェダイ
ダース・ベイダー






これより下は深刻なネタバレを含んでいるため閲覧注意















ネタバレ

その正体は、かつて、ルークと共に帝国と戦った盟友ハン・ソロと、ルークの双子の妹レイア・オーガナの間に生まれた、実の息子である。本名ベン・ソロ。
そのため、ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーと、その妻パドメ・アミダラであり、アナキンの母シミ・スカイウォーカーのひ孫にあたる。

覚醒




かつては伯父ルーク・スカイウォーカーの弟子の一人だったが、祖父であるダース・ベイダーに惹かれるようになり離反。
ルークが立ち上げたジェダイ新体制を崩壊に追い込んだ後、ファースト・オーダーの最高指導者スノークへ師事して暗黒面を学ぶようになった。その際、かつての弱い自分と決別する為にカイロ・レンを名乗るようになった。

本編開始当初、ルーク以外にジェダイがいないことを見るに、恐らく彼の兄弟弟子にあたるルークの弟子たちは、彼やファースト・オーダーによって皆殺しにされてしまったと思われる。
ルークはこのことに大きなショックを受け、仲間たちの前から姿を消す要因の1つとなってしまった。


素顔は暗黒面に堕ちる前のアナキンと似ており、激情家である性格やフォースグリップの使用など、内面においても祖父と似た面が多い。
生命維持に二重のマスクが必要だったアナキンとは異なりマスクは変声機を兼ねた一つのみで、エピソード7の後半ではほぼマスクなしで活動し、エピソード8の冒頭ではスノークに馬鹿にされた怒りに任せて破壊してしまう。(恐らくダース・ベイダーへの憧れから着用していたに過ぎないと思われる)。


実は暗黒面へ完全に染まりきっておらず、ダークサイドへの恐怖とライトサイドからの誘惑の狭間で苦悩する弱さを抱えている。
また日頃は冷徹に振舞ってはいるが、上記のように思い通りに事が運ばなかった時には激昂して暴れるなど、心身ともに未熟な面が目立つ「キレる若者」である。
使用する十字形ライトセーバーの柄は一部の配線が剥き出しになっており、これも製作者である彼の未熟さを表している。光刃の形が乱れているのはカイバー・クリスタルにヒビが入っているため。

エピソード8でも母親であるレイアの存在を感じ取ると攻撃を躊躇したりスノークからレイを救出して共闘したりと未だライトサイドの残り香が存在している。
しかし彼が開眼した目的はスノークを殺して最高指導者となり、ジェダイもシスも存在しない世界を創り上げることであった。
最高指導者の座を簒奪してファースト・オーダーを率い、レジスタンスを追撃するが、追い詰めた惑星クレイトでかつての師ルークと遭遇。怒りに任せてルークを総攻撃するが……

一言でいえば、『親の因果が子を飛ばして孫に来た』状態。とても祖父似である。


レジェンズでは

スター・ウォーズの版権がルーカス・フィルムごとウォルト・ディズニー・カンパニーに買い上げられ、「エピソード1~6の映画六部作、クローンウォーズ等ごく一部のスピンオフ以外の従来作品の内容は今後ディズニーが制作する作品で描く歴史とはパラレルワールドとして扱う」というディズニーの方針によってレジェンズ(非正史)扱いに降格され、全て打ち切りになってしまった拡張世界にはカノン(正史)におけるカイロ・レンに極めて近い立ち位置のキャラクターが存在する。

その名はハン・ソロとレイア・オーガナ・ソロの長男「ジェイセン・ソロ」。9ABY(ヤヴィンの戦いの9年後)に生まれた。
ジェイナ・ソロという女性との双子で、活動的なジェダイであり優秀なXウィングのパイロットでもあるジェイナとは対照的に、どちらかと言えば思索的なジェダイであった。
彼はルーク・スカイウォーカーが創設したニュー・ジェダイ・オーダーに加わり、ジェイナと弟のアナキン・ソロとともに数多の戦いを勝利に導いた英雄となった。
しかしユージャン・ヴォング戦争ではほぼ一標準年をユージャン・ヴォングの捕虜として過ごす事となり、その間壮絶な拷問(ユージャン・ヴォングは痛みと死を神聖視する文化を持ち、ただ痛みを与え肉体を損壊するためだけの拷問や処刑を是とする)を受け続け、またヴァーゲアという異端の元ジェダイ・ナイトから教えを受けた。
このヴァーゲアはルークの教えとは一風変わった独特のフォース観を持ち、それはジェイセンにも大きな影響を与えたが、実は彼女はシス卿であった。(後に発表されたレガシー時代を舞台とした作品で明かされた。なお、最期にはライトサイドに復帰して自身を犠牲にジェイセンを救っている)
ユージャン・ヴォングとの戦いが終結してからは既知銀河を離れ、ジェダイやシスとは別の形でフォースを操るフォース・センシティブ達の下を転々として修行を続けたが、後に出現するダース・クレイト(暗黒面に堕ちた元ジェダイのアシャラド・ヘット)の存在を予見し、その実現を防ぐために「より大きな善の為ならば犠牲を受け入れる」という冷徹な考えを信じるようになった。
40ABYに暗黒面に堕ち、シス卿ルミヤの弟子としてダース・カイダスというシス卿になる。この際に瞳の色が茶色から黄色に変化した。
ルークの妻であるマラ・ジェイド・スカイウォーカーを殺害し、元弟子であるベン・スカイウォーカー(ルークとマラの息子)を拷問するなど数々の悪行を働き、元ジェダイのタヒーリ・ヴェイラをシス・アプレンティスとしたが、41ABYに双子の姉であるジェイナとの決闘に敗れ命を落とした。

前述の通り「ベン」という名前はルークの息子として登場している。
また「祖父アナキンに強い影響を受ける」というのは、ジェイセンの弟アナキン・ソロが「ダース・ヴェイダーと同じ名前を持つ自分はいつか同じように堕落するのではないか」と苦悩するというやや異なった方向で影響を受けている。なおこちらは後に「ヴェイダーではなく、偉大なジェダイであるアナキンにあやかった」という結論に達する事で納得している。
さらに特徴的な十字のライトセーバー(クロスガード・ライトセーバー)は2004年に発表されたコミックの「スター・ウォーズ:リパブリック」61話が初出である。

というのも、偶然の一致ではなく、「レジェンズ作品はパラレルワールドとして扱うしもう続編は作らないが、正史作品のネタ元として流用する」という方針がある為である。
(他にも尋問官の役職やスローン大提督など、設定リセット後にレジェンズ作品から改変・流用された例は多い)

pixivでの扱い

カップリングはノーマル・BLと色々ある。
だがしかし、ピクシブにおける彼の最大の立ち位置という物体とは

無題


とか

お祖父ちゃんだいすっき


など

『お爺ちゃん大好きVV』を前面に出しまくったおじいちゃんっ子が有名。
すぐ癇癪をおこして当たり散らす・やることなすことがあまり上手くいかない・時々弱音を吐く・裸でレイと交信して嫌な顔をされるなどネタ要素が多いためネタキャラとして扱われることが多い。
配役を決める際、カイロ・レン役をアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)に似た人物にするという裏話が流れていた事もあり、カイロ・レン(アダム・ドライバー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)は祖父と孫で考えると、とても似た顔をしている。
(まあその分、実の両親と似てない結果に)


■参考サイト
祖父の顔
孫の顔

pixivに投稿された作品 pixivで「カイロ・レン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 856978

コメント