ピクシブ百科事典

マラ・ジェイド

まらじぇいど

『スター・ウォーズ』の非正史スピンオフ小説の登場人物。

非正史(レジェンズ)スピンオフ小説に登場する女性のジェダイ・マスター
銀河帝国存続時は、ダース・シディアスに仕える「皇帝の手」と呼ばれる側近であり、皇帝直属のエージェントとして暗殺スパイなど表沙汰にできない任務をこなしていた。
帝国崩壊後に彼女は行き場を失う。
その後は皇帝が断末魔にフォースで呼びかけたルーク・スカイウォーカー暗殺の思いを胸に秘め、タロン・カードのもとで密輸業者として職を得ていたが、スローン大提督の作戦によりスカイウォーカーがたまたま手元に飛び込んできたため、彼女は使命を果たそうとする。
しかし、偶然から彼と何度も共闘し、さらにスカイウォーカーのクローン、”ルウク・スカイウォーカー”を倒したことで、彼女の心境に変化が起きる。その後、狂気のジェダイ・マスター、ジョルース・クボーズをルークと協力して倒し、新共和国に協力する。
その後は、スカイウォーカーが築いたジェダイアカデミーで、フォースを磨いていくとともに、彼と新共和国のための任務につく。
そして出会ってから10年の歳月を経て、2人は結ばれることとなった。
その後ユージャン・ヴォングとの戦争のさなかにルークとの第1子ベン・スカイウォーカーをもうけ、この凄惨な戦争を生き延びた数少ないジェダイとなるが、ハン・ソロレイア・オーガナ・ソロの長男で新しいジェダイ騎士団の中心的存在となっていたジェイセン・ソロシス卿に転向した際に彼によって殺害される。

マラ・ジェイドはシスの暗黒卿であるダース・シディアスからダーク・ジェダイとしての訓練を受けていたため、ダーク・ジェダイの一人とする見方が一般的である。しかし彼女は自分の為では無く皇帝や銀河帝国のためにフォースを使っていたため、ルークは少なくとも彼女自身は暗黒面に堕ちていなかったとの考えを述べたことがある。

関連項目

STARWARS ジェダイ ルーク・スカイウォーカー
ダーク・ジェダイ

pixivに投稿された作品 pixivで「マラ・ジェイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2884

コメント