2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

TIEアドヴァンストx1

たいあどゔぁんすとえっくすわん

TIEアドヴァンストx1とは、映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場する宇宙戦闘機の機種である。
目次[非表示]

仕様

製造元サイナー・フリート・システムズ(SFS)社
製品TIEシリーズ
型式ツイン・イオン・エンジン・アドヴァンストx1
級種宇宙戦闘機

技術設計に関する情報

全長9.2 m
最大加速度4,150 G
MGLT105 MGLT
最高速度1,200 km/h(大気中)
エンジンSFS社製P-s5.6ツイン・イオン・エンジン 2基
ハイパードライブ能率クラス4.0
動力機関SFS社製I-S3Aソーラー・イオン化リアクター
シールドあり
装甲強化デュラスチール合金
航法システムあり(10回のジャンプ制限)
武装L-s9.3レーザー・キャノン 2基
操縦要員パイロット 1名
乗客定員なし
積載重量150 kg
航続期間5日間


使用に関する情報

役割宇宙専用戦闘機
年代帝国の勃興時代
 反乱時代
 新共和国時代
 ニュー・ジェダイ・オーダー時代
所属銀河帝国
 残存帝国軍


概要

TIEファイターの後継機種として実験的に作られた高性能型プロトタイプ宇宙戦闘機。レジェンズでは同様の機種としてTIE/x1以外にもx2、x3、x7の各機種が登場している他、カノン時系列でも「反乱者たち」で尋問官達や部隊長(もしくはエース)専用機として実戦投入されていた前身機種のv1が確認されている。
従来の量産型(ln)からの大きな変更点として戦闘時に敵の攻撃を防ぐシールド発生装置と、回数が限定されてはいるが星系間で超光速移動を行うハイパードライブが搭載されたという点が挙げられる。そのためこの機種は従来のTIEファイターと比較して耐久性と行動範囲が大きく上回っている。

劇中での活躍

実験的に作られたプロトタイプなので極少数のみが製造、配備されており映画ではエピソード4でダース・ベイダーがその2名の部下が操縦する2基のTIEファイターを僚機とし、ヤヴィン星系でデス・スターに対する反乱同盟軍からの攻撃を退けるためにこの機種で出撃している。
ベイダーの強力なフォースや高度な操縦技術と相まって反乱軍のXウィングYウィングを数多く撃墜した。
最終的にハン・ソロが操縦するミレニアム・ファルコンの不意打ちによって部下2名の機体が撃墜され、ルーク・スカイウォーカーの操縦するXウィングによってデススターも破壊されてしまうがベイダーの機体はどうにか攻撃から持ち直し、ハイパードライブを使用して帝国領への生還を果たした。その際、機体のダメージから一度は墜落してしまったが、のちに回収・修復され前線に復帰した模様。映画では「帝国の逆襲」以降の作品でのベイダーの活躍がもっぱら艦隊指揮やルークとの決闘に絞られたためか出演しなくなってしまったが、「新たなる希望」〜「帝国の逆襲」間を扱ったコミックス群で登場することがあることから、ヤヴィンの戦い以降もしばらくは乗機として使用されていた模様。

その後

コスト面の問題からTIE/x1が大量生産されることはなかったが、この機種に投入された最新設計は後のTIE/saボマーやTIE/inインターセプターに多く引き継がれることになる。両機種の特徴的な折りたたみ型の主翼はx1のデザインを継承したようにも見える。
レジェンズの世界線では、x1以降の試作機開発も続行され最終的には試作機x7をベースに開発された最強のTIEシリーズと名高いTIEアヴェンジャー等の後継機種として実を結ぶこととなる。

関連項目

STARWARS TIEファイター
ダース・ベイダー

関連記事

親記事

STARWARSシリーズに登場する宇宙船・メカニックの一覧 すたーうぉーずにとうじょうするうちゅうせんやめかにっくのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 872

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました