ピクシブ百科事典

吉良耕三

きらこうぞう

吉良幸三は『キャプテン翼』に登場する人物。

CV:河合義雄西前忠久(PS2版) / 中嶋聡彦 / 納谷六朗

所属:明和FC監督 - 吉良耕三少年サッカースクール校長兼監督 - U-23日本代表監督

日向小次郎若島津健沢田タケシの師匠。(明和FCに一時期岬太郎も在籍した。)

サッカー選手として現役時代はメキシコオリンピック日本代表として控え選手で出番はなかったが銅メダルを獲得している。(最新作「ライジングサン」にて。 実際の日本代表も1968年のメキシコオリンピックで釜本邦茂、横山謙三、宮本征勝、森孝慈、松本育夫らを擁して獲得。前述の5人は後にJリーグチームの監督も務めた。)
かつては海外のプロチームにスカウトされた事もあるが断っている。実現していれば、日本人海外プロプレイヤー第1号であった。

中学生編では伸び悩んでいた日向の再生に尽力し、北詰監督に土下座をして自らの元での秘密特訓が原因で干されていた日向の試合出場を嘆願した。(吉良監督は前述の経歴がありながら北詰監督は知らなかった。)

ワールドユース編では沖縄にいたが、賀茂港と共に『リアル・ジャパン・11』(後に4人離脱、リアル・ジャパン・7に)の選抜にかかわっていた。(「GOLDEN-23」より)

その後U-23日本代表監督として突如就任。古川洸太郎、風見信之介らフットサルコンビ(元R・J・11)の起用、井沢守のDF、若島津のFWへのコンバート等サプライズを連発し観客を大いに驚かせた。

かなりの酒好きだが代表監督就任と共に禁酒、オリンピック出場決定後も続けている。

pixivに投稿された作品 pixivで「吉良耕三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント