ピクシブ百科事典

後藤又兵衛(戦国BASARA)

ごとうまたべえ

後藤又兵衛とは『戦国BASARAシリーズ』に登場する登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

属性
武器奇刃(きば)
防具不明
肩書執心流浪』(しゅうしんるろう)
登場時の書き文字執行
一人称俺様、又兵衛様
声優三木眞一郎



概要

カプコンから発売された『戦国BASARA』シリーズの登場人物で、「戦国BASARA4」で初登場。

かつては黒田官兵衛率いる黒田八虎の筆頭でもあった戦国武将だが彼を見限り出奔、今は主君を持たず日ノ本を流離う流浪の浪人となっている(その為率いているのも軍ではなく浪人衆となっている)。

自分の誇りを傷つけた者は「又兵衛閻魔帳」に名前を書いて執念深く付け狙い、処刑(と言う名の討ち果たし)をしている模様(終えると名前を消している)。
足利義輝の天政奉還に目もくれず己の復讐にのみ執着しており、閻魔帳に載っている人物を処刑するために日ノ本を駆け巡る。

そんな彼だが意外にも部下達からは慕われており、なんだかんだで彼について来てくれている。
中には閻魔帳を真似て持っている者もいたりするようだ。

ちゃっかり奥州特攻目安箱にも投稿しており、特攻名夢(ぶっこみネーム)は「阿呆官氏ね」
後述の理由から「伊達政宗を殺さないでください」と書いている。


シリーズでの活躍

戦国BASARA4

4の戦国創世では、どのルートも閻魔帳に載っている人を処刑するストーリーになっており、その過程によって彼の運命は大きく変わる。
ただし、ドラマルートはバッドエンド寄りのハッピーエンドになっているため、後味よくプレイしたい人はドラマ→創世の順でプレイすることを推奨する。
また、又兵衛が情緒不安定で突飛な発言が多いため、経緯を知るためにはモブ将の解説ナレーションをじっくり聞く必要がある。

彼は浪人という設定であるためか敵武将としては、閻魔帳トップ3(伊達政宗、上杉謙信、徳川家康)の合戦場に乱入という形で登場する。
※家康については4皇で正式に判明


戦国BASARA4皇

基本的な性格やストーリー(と乱入)は4と同じである。
しかし、彼専用のステージ「迷いの穴道(黒田ドラマルートでは「穴道での再会」)」が新しく登場したり、一部の武将の新ルートでは重要な役割を果たしたりするなど4に比べると周りとの絡みが増えている。


性格

普段はダウナー系だが情緒不安定な所があり、突然イラつきだしたり嫌ってる相手と対峙すると狂気と殺意をむき出しにしてしまう。特にドラマルートのラストステージでは相対した伊達軍も引く程の狂気っぷりを見せてくれる。攻撃も大半が処刑に通ずる物が多い等どことなく猟奇的である。
更にプライドが非常に高いうえに高圧的な所があり、周囲の人間を木偶と呼び蔑む。
「又兵衛様に、さぁ?敵うわけないですよ、ねぇ?ねぇってば、ねぇ?」などと丁寧語と子供が話すような言葉遣いを合わせたような独特の話し方をする。

粘着質な性格のせいか復讐に執着しており、それ以外のことに興味はない(公式で「歪んだ性格」扱いをされている程)。

ちなみに返り討ちに遭う以前の性格は割と普通(寧ろ良好?)だったらしく豊臣時代では地位こそ現在の左近よりも低かったものの、頭のキレと実力でそれなりには活躍していた模様(浪人談)。
※没ゼリフらしきもので官兵衛から「又兵衛、お前さん随分人相が変わったぞ」と言われていたり、4皇の正式採用セリフでも「お前さん随分性格が変わったな」と言われていたりする。

ちなみにキャラ設定のコンセプトは「ストーカー」(武将玉手箱の冊子より)。


時に見える本性?

上記のように普段はイっちゃってる連中も多いBASARAキャラの中でもかなり危うい部類だが、それは閻魔帳に載っている相手に対してのみで、戦う相手によってはかなりまともなことを言ったり(例:織田信長)相手の発言に面食らう時(例:浅井長政)もある。
4皇では、石田アニメルートと黒田ドラマルートで二人の突飛な発言や鈍さに呆れていた。
この為正気と狂気の間を行ったり来たりしているともとれる(実際にとあるステージで足利義輝と戦う時には閻魔帳に載っていないという理由で最初は気乗りしていない事も)。

大阪城竜虎にて伊達政宗にちゃんと対応されたり、まつに優しくされた時には戸惑ったり小早川秀秋がまだ何もしていないのに怖がってきたときには困っている描写もあったりと、自分の予想外のことが起きると本来の性格や実に常識的な面が垣間見えることもある。
※更に4皇の「厳島三兵衛占拠」では信長にビビッていた。


承認要求

上記のストーキングまがいの行動の原動力は、『人々に認められたい』という思いの裏返しであり、閻魔帳に書いてある人達を始末していくうちに何時の間にか天下を統一した創世ルートのエンディングでは天下統一をしたことで皆に認められたというふうに考えて閻魔帳とも決別・見事な「又兵衛スマイル」を拝むことが出来る様になる(この時、笑い声もいつもの「ケーケッケケ」という狂気めいたものから普通の笑い声になっていく)。

また敵キャラとして登場した際にプレイヤーが勝つと「おいぃ……だ…誰かぁ……ひとり…は…嫌……だ………」と言って倒れる事や、癇に障った相手の名前をいちいち閻魔帳に書き込んで執拗に追い回したり撃破された際に前述の様な台詞を発する事から見るに、本来は几帳面で繊細かつ構われたがりな人物であったと思われる。



又兵衛閻魔帳

らくがき又兵衛


又兵衛が自分が気に喰わない人物の名前を書き込み、執拗に付け狙うための帳面。
※ちなみにこの閻魔帳、公式でデスノート呼ばわりである。
戦国BASARA4』のゲーム中での台詞にて名前を書かれている人の人数は最低でも40人はいることが分かる。
この閻魔帳に名前を書き込んでいる人に復讐することを「処刑」と呼んでおり、彼にとっては天下を統一することよりもこの帳面に名前がある人物を"殺(バラ)す"方を優先している。
…が、名前を書かれた人の大半が又兵衛の自業自得であったり、被害妄想であったり、逆恨みであるという人がほとんどなので人によってはいい迷惑でもあったりする。


現在は伊達政宗を閻魔帳のトップに書き記しているらしい。
※因みに2位は上杉謙信。(情報が公開された当初は徳川家康だったが何故か変更されており、後日4皇にて3位である設定が正式に登場した)。
恨みが強いのかこの三人相手には「○○の刑だ!」と早口でまくしたてている。

・伊達政宗 → 「死んでオレ様の足元に這い蹲って顔面踏み躙られの刑」
・上杉謙信 → 「端正なお顔を恥辱と屈辱に醜く歪ませて驚愕死の刑」
        「その指全部斬り落として糸に絡めて…はい首飾りの刑」
・徳川家康 → 「苦痛激痛鈍痛疼痛心痛悲痛あらゆる痛みで悶絶死の刑」

ちなみにこの閻魔帳に記されている人物たちだが、史実でひどい目に遭わされた武将やその一族が所属する軍がほとんど。(例:伊達政宗⇒政宗自体は何もないが、片倉小十郎の息子が史実で後藤又兵衛を討ったため大将の政宗が間接的に閻魔帳に載っていると思われる。)



容姿

公式曰く、キャラクターデザインのコンセプトは「恐竜」であり『爬虫類』をイメージしている(実際その見た目や仕草から政宗からは「カマキリ野郎」、織田信長からは「蜥蜴」と呼ばれている)。
は史実に近いデザインをしており、身に纏っている衣装は暗色系で地味目である。
衣装(陣羽織)の背中側には竜のイラストが描いてあるが多数の切り傷があり、後ろの部分がトカゲや恐竜の尻尾のように尖っている。
垂れ気味で濁った目つき(まめ戦国BASARAではぐるぐる目で表現されている)をしている等陰気な顔つきをしており、手が長めで姿勢も猫背で暗い雰囲気。
兜の下の頭髪はBASARAシリーズのメインキャラクターの中ではシリーズ初となる丁髷月代
※月代のみなら島津が先輩にあたる。


没デザイン

※Pixivでは没デザイン版のイラストもちらほら見受けられるため、こちらも解説。


没デザインでは初期設定の年齢相応の見た目になっているため、現在のデザインよりもやや老け気味にデザインされている。
身なりは普通の陣羽織(色は不明)を羽織っており、髪も普通の総髪で、小さめの眼鏡をかけている。
ただし、顔などの基本的なパーツや長身はあまり変わらない。



バトルスタイル

武器は「奇刃(きば)」と呼ばれる又兵衛自身の凶悪さをイメージしたかのような半円状の刃物。
ブーメランの様に投げたり直接切り刻んだりする。

無題


また、奇刃を投げている間は籠手に付いている爪を使って相手を切り刻む。
このひっかき攻撃は威力こそそんなに強くないものの奇刃が戻ってくるまでの隙を補うために使うことが出来たり、技の出の速さから奇刃攻撃とひっかき攻撃を使い分けることで戦いの幅が広がる場合もある。

通常攻撃もさることながら、固有技も檻・万力鋏・鋸挽き・ギロチンなど処刑を連想させるもので、CERO:Bのゲームでありながらかなりエグい(固有技名も固有奥義名もOOの刑となっている)。
トリッキーでかなり癖が強い技が多いのでプレイする際の扱いには多少の慣れが必要。
『4』でのお楽しみ武器は「コンパス」、第二衣装は浪人衆をイメージとしたものとなっている。

まめ又兵衛さん
又兵衛
お楽しみ武器第二衣装

挑発モーション
彼の挑発モーションは3つある。
  • 通常⇒殺人鬼のごとくこの奇刃をなめる動作をする。
  • 奇刃を投げて手元に無い時⇒閻魔帳を探し出し中々見つからずに慌てふためく。
  • 逆上遊下の牢獄時⇒「た~のしいね~」と言いながら喜んでいる。


人物関係

上述の通りかつての主君は官兵衛だが、彼自身は官兵衛がライバル視する竹中半兵衛の事を尊敬しており文(という名のファンレター)を送っている様子。
しかし当の本人からは「送ってこないでくれ」と鬱陶しがられてしまっている。
かつての豊臣軍内では新参者且つ年下の島左近よりも地位が低く、そもそも左近以外には立場の違いから認識されていなかったりとかなり冷遇されていた模様(左近との会話を見る限り彼とも仲が良好とは言い難いといえる)。

官兵衛の事は「阿呆官」と呼んで小馬鹿にしているが、プライドによって現在は敵対しているだけで根っこの所は嫌いではないらしい(普通に不意打ちをしたりしているが、狙いはわざと外してると思われる)。
ちなみに、4皇では「元上司を阿呆と呼ぶもんじゃない」と返されている。

史実では真田幸村と大阪夏の陣で共に戦った同僚だが、ステージも無い為か今回はそういった絡みは無い。

また、松永久秀から「遣わせてあげられる茶器が無い」と宣言されて蚊帳の外扱いされたりする。





余談

曲関係

  • 彼のテーマ曲(後藤又兵衛のテーマ)はイントロが警告音のように聞こえる為、冒頭がバイ〇ハザードみたいと一部の人でささやかれている。尚、曲全体も彼を表して、閻魔帳のページをめくる音が入ってる等かなり情緒不安定気味。
  • 4において彼関係の曲は全部で3曲(閻魔帳、後藤又兵衛のテーマ、処刑執行)あり、これは新規キャラの中でも優遇されている方である。


初期設定
開発当初では以下のような設定があったが、現在もこの設定が生かされているかは謎であるため参考程度にどうぞ。
  • 年齢設定は30歳ぐらいだったらしい。
  • 乱戦にするためザビーになりすまし、大友宗麟にザビーランド建設を手紙で促して(時系列不明)おり、ある意味大友ザビーランド建設の元凶になっている(又兵衛でステージ「大友ザビーランド開園」を遊ぶと宗麟に対して「用済み」とこの設定の名残と思われる発言をする)。

その他
  • 彼を戦友キャラにした際、稀に「逆上遊下の牢獄」を使った後に奇刃が抜けなくなるというバグが発生することがあるため注意。
  • 彼を戦友キャラにした際、稀に「残念無念後悔先に立つの刑」を使った後に彼が陣大将の陣に入って抜け出せないというバグも発見されているため注意。
※ちなみに戦友をプレイヤーキャラと交代(戦友のLv.50以上が条件)すると改善される模様。


関連イラスト

ねぇってば


後藤又兵衛いろいろ
…ねぇ?



関連タグ

戦国BASARAシリーズ 戦国BASARA登場キャラクター一覧
戦国BASARA4 後藤又兵衛(史実の人物)
奥州杯(理由はリンク先参照) 恐竜 閻魔帳 ストーカー 殺人鬼
又兵衛マジ天使 又鶴 官又 左又
関連キャラクター
黒田官兵衛 伊達政宗 上杉謙信
グループタグ
黒田主従 BSR4新武将組 恐竜と鶴 三兵衛


外部リンク

公式サイト内 登場人物紹介

pixivに投稿された作品 pixivで「後藤又兵衛(戦国BASARA)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 489338

コメント