ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

属性
武器双刀
防具不明
肩書双天来舞 (そうてんらいぶ)
登場時の書き文字勝負
一人称
CV中村悠一

概要

戦国BASARA4』で初登場かつ4のメイン武将の一人。


石田三成の忠実な部下であり、豊臣軍所属の兵士。

石田軍の斬込み隊長で「左近隊」なるものを従えている。

なお、豊臣秀吉に目通りできない程度には今の地位はまだ低いとのこと。


嫌いなものは幽霊イカサマ。そのため大谷吉継でプレイすると恐る恐る話しかける場面も。

ちなみに「また怨霊的なもの、たくさん増えるっすね…」「あーもう、ほら…!刑部さん、背中背中!まーたお化け的なもの憑いちゃってるし!」などと言われることから、どうやら霊感(霊力?)がある模様。



性格

見た目通りの軽い性格。賭け事を好み、勝利デモでは3つのサイコロを放り上げている。

キャラ設定のコンセプトは「ギャンブル中毒者」(武将玉手箱の冊子より)。


公式曰く三成に殺されるんじゃないかと思う程チャラく、「マジ」「~ッス」等の若者言葉を駆使する。更に「豊臣軍は暗い人が多くないッスか」と今まで誰もが思っていたが言わなかったことを言ったりもしている。

一方で明るく空気が読めるタイプであり、コミュニケーション能力も非常に高い。豊臣軍の足軽や将兵からだけでなく敵軍からも「豊臣軍にも話せば分かりそうなのが居るじゃないか」などと言われるほどである。


しかし普段のチャラけた言動とは別に容赦なく他人の心を抉る言動も見られる。

だがそれは裏表があるわけではなく、中の人曰く「どちらも表の顔」であるとの事。


部下として

元の名前は島清興だったが「(秀吉の)腕(である三成)にい者」として島左近と名乗るようになった。


まだ清興だった時代に故郷が焼き払われ、このことが切っ掛けで三成に出会うまでは捨て鉢な生き方をしていたが秀吉のために命を懸けて生きる三成に憧れ、自分もそんな生き方をしたいと言って彼の部下になる。

そのため彼が忠誠心を抱いているのはあくまで三成個人に対してであり、秀吉やその天下にはあまり興味が無い(挙句の果てに「豊臣の天下なんてどうでもいい」的な、三成が聞いたら即斬られそうなことまで言っている。ただし、ザビー教撤廃に関しては左近も賛成であり、「まとめてくたばっちまえばいい」と大友宗麟に言い放つなど、豊臣の考え全てを否定しているわけではない)。


命を賭けられるほど慕っているものの、主人に対する忠誠心も三成の秀吉に対するような妄信的、依存的な感じではなく、他の従者と同じように「あくまで自分は自分、三成様は三成様」としっかり分けている。


アニメルートでは、秀吉と半兵衛の訃報によって暴走した三成を身を呈して諌めており、左近の命懸けの説得で三成はなんとか正気を取り戻す。

その後の左近の生死は公式で「不明にしてあります」と言及されている。


人物関係

主君三成との関係については直上を参照。

三成同様に徳川家康を敵視し、三成に家康討伐を進言する場面もある……だけでなく、場合によって主君と変わりない程の敵愾心を見せる。

これは三成の心を傷付けたことに加え、家康が「自分自身に嘘をつくというイカサマ(天下泰平のためならば己の心情すら偽り本音を押し殺す生き方)をしていることが許せない」という理由から。


かつて故郷の里を松永久秀に焼き払われており、彼に強い敵愾心を抱いている。


同じく石田三成を慕う大谷吉継に対してはその本心を知らないためか多少怖いと思うところもあるようだが、ルートによっては親しげに話しかけたり「刑部さんとオレで三成様を支えましょうね」などと言う場面もある事から不仲ではない。当の刑部からは複雑な気持ちを向けられている。


ドラマルートでは、生きる事に投げやりになっている柴田勝家にかつての自分を重ね気にかけている。

勝家は過去の自分に似た存在であり、ルートによっては彼を救うため大博打を賭けに行く。

しかし左近自身は勝家と足利義輝との関係は知らない。


ルートによっては怪王時代の勝家を知っているがあくまで見かけたことがある程度の様子。

ステージによっては、勝家に自軍に来るよう誘いを掛けている。


利休には、秀吉を裏切った事より二重人格による言動の豹変ぶりを、自身の嫌いな『イカサマ』めいたものとして嫌っている風な言動を見せる。


バトルスタイル

武器は二つの刀であり、二刀流テコンドーのような蹴りを中心とした体術の2つを同時に使う(バサラ技も蹴りver.と双刀ver.がある)。

身軽なスピード型で、「斬り」と「蹴り」を駆使したアクロバティックな攻撃を得意とする。

通常は技を使うたびに「斬り」と「蹴り」が交互に変化するが、固有技「丁/半」を使えばプレイヤーの意志で「斬り」のスタイルと「蹴り」のスタイルを切り替えてテンポよく攻撃をできるという戦略が楽しめる。(挑発モーションも「斬り」と「蹴り」で異なる。)

※ちなみに、「斬り」モードと「蹴り」モードの区別は二刀の向きによって判別可能。刀の刃が上を向いている場合は「斬り」モード、下を向いている場合は「蹴り」モードになっている。


また、彼の固有技と固有奥義と一部の武器は賭場をはじめとした博打用語を名称として使用している。

『4』でのお楽しみ武器は「ギターベース」。


無題


また、彼の固有奥義「どうせこの世は一天地六」の効果は以下のようになっており、


出目効果
ピンゾロ(1のゾロ目)全てのステータス(4つ)が上昇+敵に大爆発でダメージを与える。
1と6以外の他の数のゾロ目1つのステータスが上昇+小さい爆発で敵にダメージを与える。
素寒貧(6のゾロ目)自分のHPが1になる自爆が発生し、周りの敵にも少しダメージを与える。※戦友には当たらない。

まさに左近らしい一発勝負の博打技になっている。



学園BASARA

左近


国語(現代語)3理科(物理)2
数学2体育5
英語3家庭4
社会(倫理)2芸術(音楽)4

※あくまで「アンソロ版設定の成績表」であることは留意されたし。

※()内は選択科目で何を学んでいるかを記載。


1年3組(アニメ版でも同上)。

賭けに負けてぼこぼこにされ、自暴自棄になっていたところを三成に一喝され、心酔。

三成に憧れて生徒会入りした。生徒会での役割は「雑用係」。

アニメ版では柴田勝家同様「中学から飛び級で入ってきた」という設定が追加されている。


制服は学ランを着ておらず、ゲーム本編と同じデザインをしたベストをカッターシャツの上から身に着けている。

靴も膝までのロングブーツを履いている。

手には指ぬきグローブをはめており、戦国と同様で常に賽子を持ち歩いている。


授業の選択科目は、芸術の音楽以外は憧れである三成と同じものを選択しているものの、興味がないため成績のムラが激しい。

更に、テストの解答も賭け事で決めているため、それも低成績をブーストさせている。

アニメ版では、得意科目は「体育」、苦手科目は「数学」。



余談

BASARA内でも群を抜く当世風の若者なためかTwitter発祥ネタとの親和性が異常に高い。

島左近のハンドサイン新人のお仕事冷凍ケースでピース写真投稿「ノリでやった」



モブ武将時代(戦国BASARA3)

「仲間」の一人として登場し、戦国ドラマ絵巻の前田慶次:紫ルートで「大阪・冬の陣」をクリアすると加入する。(地方領主と違って専用の顔グラは無し)

加入した後はセットすれば合戦に連れていくことが出来、回復タイプのアシストと「無傷の石高」の特殊能力を持っている。

※5回連れて行くと「無傷の大石高」にレベルアップする。



関連イラスト

【戦国BASARAバトルパーティー】島左近 立ち絵出たとこ勝負

左近入ります!



外部リンク

公式サイト内キャラ紹介


関連タグ

戦国BASARAシリーズ 戦国BASARA4 島左近(史実)

戦国BASARA登場キャラクター一覧

左近ちゃんマジ聖母

ブルース・リー(バトルスタイルのためか、DLCで購入可能な第参衣装の『双刀功夫 Ver.』の見た目が、『死亡遊戯』のトラックスーツのデザインを基にしたと思われる、黄色と黒色が基調された見た目になっている。⇒PSNによる紹介


関連キャラクター

石田三成 柴田勝家


グループタグ

石田主従 豊臣軍 石田軍 若手コンビ 主役創世 賭けっ子兄弟 BSR4新武将組

関連記事

親記事

戦国BASARA登場キャラクター一覧 せんごくばさらとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 834154

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました