ピクシブ百科事典

目次[非表示]

カプコンから発売された『戦国BASARA』シリーズ及び関連作品の登場人物。
CV:緒方賢一

プロフィール

属性
武器大剣
防具肩当て
肩書一刀必殺(いっとうひっさつ)
登場時の書き文字出陣
一人称オイ、ワシ


概要

 『戦国BASARA』から「X」を除き、PCとして参戦しているシリーズ皆勤賞キャラクター

 好きで豪放磊落な性格をした猛将。しゃべり口調は九州弁を交えた、訛りの強い独特の口調で話す。
 『戦国BASARA2』までは天下統一も意識はしているが、一武人として強者を求めてる事に生涯を費やしている。
 その反面、伏兵戦術を得意とする老獪さも持ち合わせている。
 しかし『戦国BASARA3』では古き時代の終わりを感じ、『古き時代の象徴でもある自分を、若者が倒す事で新しい時代が来る』事を願い、関ヶ原へと向かうストーリーとなっている。

 その実力は全国に広まっているらしく、敵と味方の両方から畏怖と尊敬を持って見られており、兵士からの信頼も厚い。
 戦闘中の兵士の「稽古で言われたことを実践している」「まぐれでもいいから島津様から一本取りたい」などの発言から、普段は兵士と共に道場で汗を流している模様。
 色々とぶっとんだ設定の多いBASARAの登場キャラクターの中でも珍しい真っ直ぐな武人であり、BASARA唯一の良心と言われることも。

 3とはパラレルの世界である『戦国BASARA4』では、真の示現を見つけ出すと言う点は2と同じだが、鬼になる事すら厭わなくなっており、戦国創世モードの途中からは、3までのマイルドさが嘘みたいに修羅に目覚めている。
 しかし、最後には間違いであった事に気付き、再び若きに伝える為の真の示現を探す事を決める。
 また、とあるステージや某キャラクターのドラマルートでは「ザビー乱舞(ラップ)」を披露すると言うお茶目も健在である。


容姿

 白髪の老将で、使用武器とは正反対に小柄な体格をしている。
 髪は白髪で、月代(さかやき)は剃られ、茶筅髷(ちゃせんまげ)に結ってあり、勇ましい口髭や顎髭を生やしている。

 右上半身を露出させた袈裟掛けのような胴衣を着て、鉄(くろがね)の肩当て、籠手、脛当(すねあて)等を着用した典型的な武者姿をしている。
 注連縄(しめなわ)を上半身に襷(たすき)掛けのようにしており、腰にも注連縄を巻いている。
 左肩当てには、家紋である「丸に十の字」が入っている。

バトルスタイル

 自分の背丈よりも大きな刀剣を使用して戦う。
 通常攻撃は初段の判定が狭く、その上、外せばそれ以降繋がらなくなるだけでなく、大きな硬直が発生する。
 また、基本的に剣を縦に振り下ろして攻撃する為、敵兵をまとめてなぎ払えずHit数を稼ぎ難い。それ故に、非常に扱いが難しいキャラクターでもある。
 しかし、その硬直を固有技でキャンセルする事で補う事ができ、通常攻撃も一度当たってしまえばそれ以降の振りが非常に速く、相手の体力をあっと言う間に削りきる事が出来る。
 途中で割り込まれる事態も少なく、ガードされてもすぐにガードブレイクまで持っていける為、上手く扱えた際の戦闘力は圧倒的。

 更に、戦国BASARA2から追加された固有奥義『示現流 断岩』は技が出るまでは非常に遅いものの、当たりさえすれば敵武将だろうとカラクリだろうと、ほぼ一撃で倒してしまう恐ろしい威力を誇る(これを耐えられるのは難易度究極の体力満タンの忠勝くらい)。
 複数の敵兵との戦闘よりも、拠点兵長や敵武将とのタイマンの方が得意と言う、非常に珍しいキャラクターである。

バトルスタイルの変遷

無印時代

 通常コンボの隙を消す術が少なかった為、遠距離では『示現流 来迅』を、近距離では『示現流 六進』と言う風に使い分けるのが最も安定していた。

2時代

 上述に通り、『示現流 断岩』が実装された……が、当てる術が弾き返しによる硬直ぐらいしかない為、雑兵戦は無印時代に準ずる。
 しかし、戦極ドライブにより通常コンボの速度が大幅に上昇する為、HERO戦は『壁際に追い込んでからドライブ発動➡通常コンボの繰り返し』が最大の火力を誇る。

3時代

 まさかの『示現流 六進』の廃止に、基本戦術の見直しを迫られる。
 但し、前述の固有技に代わって実装された、『示現流 瞬激』からの派生技『示現流 浮舟』の打ち上げ攻撃と、戦極ドライブが戦極ブースト(=自分以外のスローモーション化)に代わった事で、『戦極ブースト発動➡浮舟で浮かす➡最速で断岩を発動』と言う、即死コンボを得る事に成功
 これにより雑兵戦を捨て、更なるタイマン戦術に磨きを掛ける事となった。

4時代

 概ね3時代を踏襲する。
 だが、武将同行が可能になった事で、アニキとタッグを組み『アニキの四縛で敵を捕縛➡島津に変わって断岩(以下略)』と言う、新たな即死コンボを得た
 その他、完全版のにて、共通システムの『固有奥義の自由切り換え』と、追加された専用銘の効果『各固有奥義の技前モーションの短縮化』が加わった事で、『奥義切り換えの恩恵を最も受けるキャラクター』ともなった。

 自分の扱う流派を示現流としているが、前述の戦法の変遷から分かる通り、大きく流派を超越(逸脱?)している。

関係性

 本多忠勝とはライバル関係にあり、唯一彼と互角に戦える武将として説明されている。
 『戦国BASARA2』においては、ザビー教に入信して「チェスト島津」となった事もある。
(詳しい経緯はザビー編で判明する)
 前田慶次を気に入っており、「示現流を継ぐ気はないか?」と発言している。
 上杉謙信とは互いの腕を磨き合う友人であり、彼(?)を倒しても撤退扱いとなる。


アニメにおいて

 アニメ一期では大した見せ場もないまま、毛利元就の謀略により九州攻めを決行した織田信長によって斬られた上に、ショットガンを撃ちこまれ死亡。
 ……したはずだったのだが、『戦国BASARA弐』で何の説明もないまま復活。
 曰く、信長に敗れはしたものの、トドメを刺される直前に宮本武蔵に助けられ、なんとか生還し上半身を包帯で巻いた姿で登場した。
 信長戦で負傷した身体を癒していた折に、薩摩にやってきた真田幸村を迎え、彼に進むべき道を示唆した。
 武蔵に「じっちゃん」と呼び慕われている。


余談

 島津の中の人を担当している緒方氏は九州(福岡県)出身だったりする。
 大刀を武器にしているが、武器の中には『両手斧』がラインナップされている。


関連イラスト

乾杯!
島津義弘…


桜と酒と



あとこんなのも・・・

誰か描いてると思ったんだけど


違和感仕事しろ

関連タグ

島津義弘(史実)
戦国BASARAシリーズ 戦国BASARA登場キャラクター一覧 学園BASARA チェスト島津

関連キャラクター
真田幸村石田三成前田慶次 上杉謙信 本多忠勝 宮本武蔵 ザビー 立花宗茂 黒田官兵衛

グループタグ
九州組 ザビー教

人物
テッセン:中の人雷使い体型老人繋がり。因みに彼の出身地は九州がモデルの地方である。⇒中と外も一致

マーマネ:上記と同シリーズのキャラクター。雷使い、体型繋がり。

プルート:上記と同シリーズのキャラクター。体型、老人繋がり。

阿笠博士:中の人、体型、老人繋がり。

デデデ大王:中の人、デブ繋がり。

関連記事

親記事

戦国BASARA登場キャラクター一覧 せんごくばさらとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「島津義弘(戦国BASARA)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24634

コメント