ピクシブ百科事典

百花繚乱サムライガールズ

ひゃっかりょうらんさむらいがーるず

ホビージャパンの創業40周年記念メディアミックス企画。
目次[非表示]

概要

2009年がホビージャパンの創業40周年に当たることから、同年2月に記念企画として発表。
HJ文庫より原作小説が刊行されると共に、アルター製作のフィギュア発売された。

なお、小説が一応の「原作」として位置づけられているが、「クイーンズブレイド」と同様に「実質的な原作はフィギュア(小説は、立体物やアニメを含めた『百花繚乱メディアミックス企画』の一部でしかない)」の色合いが強く、キャラクターの容姿や基本的な設定は統一されているもののメディアによって物語の内容は大きく異なっている。

『月刊コミック電撃大王』連載の漫画「~百花繚乱~戦国乙女」(作画・しなのゆら)とは無関係である。

小説

HJ文庫より刊行されている。著者はすずきあきら。既刊は13巻。

ストーリー

元号が「平誠」に改まってから20年余を過ぎた21世紀初頭の日本。鎖国は解かれたものの徳川幕府の治世が続き、慶康が第25代将軍の座に就いていた。霊峰・富士山の麓に築かれた巨大教育機関・武應学園塾では、生徒会執行部が「豊臣狩り」と称して徳川家に対する反乱分子と認定した在校生への弾圧を強め、その横暴に対する不満は強まる一方であった。

父の失踪後、在校生ながら学園併設の柳生道場で師範代を務める柳生宗朗は執行部の豊臣狩りに疑問を抱き、距離を置いていたが突如として生徒会から道場の明け渡しを命じられる。明け渡しの期日が間近に迫ったある日の晩、宗朗がいつものように道場で修練に励んでいると突然、空から天井に穴を空けて大小2振の刀を持った全裸の美少女が降って来た。柳生十兵衛三厳を名乗るその少女は道場を強襲した風紀委員会の服部忍群を華麗な剣術で撃退するが、その後も宗朗の前には次々と歴史上の武人の名を受け継いだ美少女たちが現れる。

主な登場人物


アニメ

第一期

2010年10月から12月まで、独立UHF局ほかにて放送された。なお、タイトルはカタカナ表記の『百花繚乱サムライガールズ』が正式名称である。

主題歌

オープニングテーマ
「Last vision for last」
歌 - 飛蘭
エンディングテーマ
「恋にせっせ通りゃんせ」
歌 - サムライガールズ ~柳生十兵衛真田幸村徳川千~(悠木碧釘宮理恵寿美菜子

第二期

タイトルは『百花繚乱サムライブライド』。2013年4月より放送開始予定。

関連タグ

ホビージャパン フィギュア HJ文庫
百花繚乱 クイーンズブレイド
2013年春アニメ

pixivに投稿された作品 pixivで「百花繚乱サムライガールズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254818

コメント