ピクシブ百科事典

Firefox

ふぁいあふぉっくす

Firefoxとは米Mozilla Foundationが開発しているWebブラウザ。Geckoをレンダリングエンジンに採用している。
目次[非表示]

FirefoxとはMozillaによりオープンソースで開発されているWEBブラウザ
バージョン5.0から高速リリースサイクルに移行した。

またはクレイグ・トーマス著の小説とそれを原作にした映画、それに登場する架空機MiG-31

概要

Mozilla - Netscape系タブブラウザの最有力後継者。

かつてInternetExplorer一強の時代に挑み、タブ機能や豊富な拡張機能によって、そのシェアを大きく崩したことで知られる。

しかし2010年代には大資本をバックにしたGoogleChrome(ないしオープンソース版のChromium)の登場により、かなりシェアを減らしている。

Chromeが採用しているBlinkレンダリングエンジン一強のブラウザ界隈において、FirefoxはGeckoレンダリングエンジンをデフォルトとして使用している(safariはWebkitだが、Blinkのフォーク先でもある)。

クロスプラットフォームなのでMacOSUNIX系LinuxディストリビューションAndroidなどさまざまなOS上で動作する。
とくにLinuxディストリビューションではFirefoxまたはFirefoxのソースコードを改装した別ブラウザがデフォルトになっていることが多い(メーラーもMozilla提供のThunderbirdが搭載されている事が多い)。
またChromeで言うGoogleアカウントに匹敵するFirefox Syncもあり、各デバイスでブックマークやパスワードなどを共有出来る。

略称は「Fx」「fx」が推奨されるが日本国内では直訳の「火狐」が一般的。これはデフォルトアイコンの意匠になっている地球を取り巻く炎を纏ったような赤狐からきている。

ただしfirefoxの本来の意味は「レッサーパンダ」である。

ちなみにMozilla Japan(現・WebDINO Japan)が制作したマスコットキャラの名前はフォクすけである。(Mozillaのマスコットは、赤いティラノサウルス)

リリースチャンネルと非公式ビルド

公式ビルド

Firefox正式版

安定版。普通はコレがインストールされる。
リリースサイクルは6週間。

Firefox Beta

安定化前のベータ版。正式版+1。
基本的にNightlyで加えられた変更へ安定性や互換性の修正が行われている。
その為正式版よりも若干不安定なものの、普段使いにはさして問題ない。
リリースサイクルは1週間。

Developer Edition(Aurora)

開発者向けのブラウザで様々なツールが提供されている。
セキュリティー要件が緩かったりする以外は基本的にはBeta版に準ずる。
なおAndroid版は存在しない。リリースサイクルは1週間。

Nightly

ベータ版より先にリリースされるアルファ版。正式版+2。
開発中の新機能の追加が行われているが、その分かなり不安定。
基本人柱になりたい新し物好きかゴリゴリのデバッガー向け。
リリースサイクルは毎日。
Nightlyとは毎晩ソースコードをビルドすることに由来する。

Firefox 64bit版

2015年12月、Firefox 43のリリースに併せて正式に提供された。
32bit版と比べ処理速度が2倍になり限界メモリ量も増える。

非公式ビルド

Mozillaの関与していないカスタム版で基本有志が開発している。無論、無保証。

Pale moon

直訳で「冷たい月」
わりと有名なカスタムビルド。64bit版あり。
Android版もある。
バージョンがオリジナルより進んでいないが内部は同じ。

Waterfox classic

直訳で「水狐」
64bitの改造版でレガシーアドオンを使用可能。
ただし開発が鈍重で整備が遅い。
現在はFirefox 56をベースに開発が続けられている。

Cyberfox

直訳で「電子の狐」(ただしアイコンに狐はいない)
64bit版ありで黒をベースにした見た目がカッコイイ。
それ以外はかつてのWaterfoxとほとんど同じ。唯一の違いは更新速度が早いということ。
残念ながら2018年6月に公開されたCyberfox v52.9.1を最後に更新終了。
公式サイトも閉鎖されており、早急な他ブラウザへの乗り換えを推奨する。

拡張機能(アドオン)

他のブラウザでは到底真似のできない豊富な拡張機能(アドオン)をウリにしていた。有名なものはGoogleChromeにも移植され猛追を受けていたものの、そのソフトウェア遺産という点では歴史の長いFirefoxが圧倒していた。特にハッカー文化が生きていた2000年代に作られたものは有志が作っていたために信頼性が高く、スパイウェア騒動が度々起こるChorme拡張機能より安心できるものであった。

しかし、Firefoxは拡張機能を多く付けていくと重くなるという欠点があった(対するChromeはそれほど重くならない)。
耐えかねた開発陣は旧来のFirefoxの廃止を決定。2017年11月14日に「Firefox Quantum」と名付けられたFirefox 57がリリースされ、Chrome系と同じWebExtensionsに移行し、旧式の拡張機能は使用できなくなった。これでfirefoxを見限った人も多い。
旧来の拡張機能が使いたい人はWaterfox Classicならば動作する。

有名だった拡張機能一覧

以下の内容は、ほとんど古い時代の内容なので注意。

使って当然のアドオン

Adblock Plus
広告ブロックの先駆け。激うざバナー広告やYoutubeなどの動画広告をほとんど非表示にできる。
不要なサーバーアクセスを減らすことでインターネット全体の無駄なトラフィックを減らすことができるが、専有メモリが多い。
マルウェアを配布するサイトに接続するのを防ぐこともできる。

  • デフォルトで入っているフィルタ。
    EasyList初期では有効
    Adblock Warning Removal List初期では無効
    控えめな広告左下 広告を表示するためのフィルタ
    第三者のトラッキングがない広告を許可初期では無効

  • Adblockをインストールすると出てくるページ。
chrome://adblockplus/content/ui/firstRun.html
ONになっていればフィルタが入っています。
対マルウェアMalware Domains
対ソーシャルボタンFanboy's Social Blocking List
対トラッキングEasyPrivacy

↓もあわせて利用することで、バナー広告以外の邪魔な要素(<a href="http://www.***.co.jp/~">○○</a>、<div class="ads">○○</div>など)も非表示にすることができる。
ただし、全手動で設定する必要があることと、HTMLの構文に関する基本的な知識(特に「要素」や「クラス」の概念)を要するため、少々面倒くさい。

Ghostery
ウェブページ上の「見えない」ウェブを見つけ、トラッカーやウェブバグ、ピクセル、そしてビーコンなどを検出し動作をブロックする。

リンク切れ

BLOGRAM(4個)
Adblock Plusの拡張。
強力だが場合によって過剰なフィルタリスト。

Element Hiding Helper
Adblock Plusの拡張。全手動で自作フィルタを作成できる。
なお、Firefox 57以降に対応していないので要確認。

Shumway
swfをHTML5で動作するように変換する。
非常に重いが、ブラウザエンジンでswfが動作するようになる。
ただしまだ完全にflash playerと同じ動作をするわけではない。
いずれShumwayはFirefoxに内蔵される予定になっている。

あると手放せなくなるアドオン

URL Link
リンクの貼られていないURL(5chとかによくある、 ttp://www.pixiv.net/ のようなの)を開くことができる。
さらに、(かなりコツを要するが)メニューの編集とカスタマイズ次第により、ページ内で選択した文字列をキーワードに、特定のサイトでの検索までもできるようになる。
例:


NightlyTesterTools
この二つは使用中のブラウザVer.対して互換性チェックを無効化しインストールできるようにしたり使用可能にしたりできる。機能は似ているが、二者択一ではなく両者とも必須。

リンク切れ

AutoPagerize
Yahoo!、Googleなどの検索結果などが数ページにわたる場合、自動読み込みを行う。
pixivでも有効。
一部のブログでも有効だが、回線が貧弱だと落ちるかも。

AutoPager
AutoPagerize同様、サイトの検索結果やブログのページを先に読み込みを行う。
AutoPagerizeでの自動読み込みに対応していないサイトでも、AutoPagerなら対応できる可能性もある分一歩進んでいるともいえるが、「<div class="ads">○○</div>」といった、「クラス」の概念を理解できないと設定にかなり手こずるかも。
なお、バージョン36.0以降には対応していないようなので要確認。

FireGestures
Firefoxにマウスジェスチャーの機能を追加する。「進む」「戻る」「最小化」ボタンをクリックする手間が省けるだけでもかなりの効率化が図れる。
なお、Firefox 57と互換性がないので要確認。

あると便利なアドオン

Brief
RSSフィードの読み出しを行う。

Tab Session Manager
現在の状態(=セッション)を保存できる。状態はいつでも復元できる。
だがセッションは結構場所を取るので保存しすぎると重くなる。

Uppity
多重階層下のページで上位ディレクトリに上ることができる。
rootディレクトリでは使えない(当たり前)。

Ank Pixiv Tool
pixiv専用ダウンロードツール。
だが保存設定をしておかないとデータが迷子になる。

DownThemALL!
強力な一括ダウンロードツール。利用不可のサイトもアリ。
コチラも保存設定をしておかないとデータが迷子になる。

リンク切れ

Caret Out
F7でのキャレットブラウズモードへの切り替えを無効にする。
意味がわからない場合はとりあえず入れておくと吉。
なお、Firefox 57以降に対応していないので要確認。

NicoFox
ニコニコ動画専用ダウンローダー。ストリーミング以外の動画を保存できる。
エコノミーを回避して保存したりニコ割の回避も可能。
なお、Firefox 57以降対応していないので要確認。

細かいことに五月蝿い人向けアドオン(残念ながら全てリンク切れ)

Biscuit
細かいCookie制御をする人向け
必要なドメインのCookieを保護して削除されないようにする
有効期限がセッション終了時のものを保持することはできない
なお、Firefox 57以降対応していないので要確認。

RefControl
ブラウザがサイト(ドメイン)ごとに吐くリファラーを制御できる
吐かせない、偽装リファラーを吐かせる、カスタムリファラーを吐かせるなど強制制御できる
なお、Firefox 57以降対応していないので要確認。

UAControl
ブラウザがサイト(ドメイン)ごとに吐くHTTP_USER_AGENTを制御できる
吐かせない、カスタムHTTP_USER_AGENTを吐かせるなど強制制御できる
なお、Firefox 57以降対応していないので要確認。

日本語があるもの・日本語がなくても支障が少ないもの
https://addons.mozilla.jp/firefox/extensions/
現存するアドオン全て
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/

テーマ(Personas for Firefox)

Firefoxもchromeよろしく、ブラウザの着せ替えに対応している。
コチラから選んだ外観にFirefoxの見た目を変えられる。
例えば、見た目を初音ミクにしたりなんかいろいろできる。
昔の事は不明だが、現在はアドオンと同じように管理される。

外部リンク

日本語版公式サイト
フォクすけの Firefox 情報局

関連タグ

InternetExplorer(IE)・GoogleChrome(Chrome)・SafariOperaThunderbird
アニメーションpng
ロコン フォッコ: 火の狐繋がり。
Rust: 開発に使われている言語

関連記事

親記事

WEBブラウザ うぇぶぶらうざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Firefox」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Firefox」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 893081

コメント