ピクシブ百科事典

李書文(ランサー)

りしょぶん

『Fate/GrandOrder』に登場するサーヴァント。こちらは若年期・ランサーで召喚された場合。
目次[非表示]

プロフィール

真名李書文
クラスランサー
性別男性
身長166cm
体重60kg
出典史実
地域中国
属性中立・悪・人
ILLUSTワダアルコ(Fate/GrandOrder)
CV安井邦彦

ランサーとして召喚されても基本性能は特に変わりない。

概要

Fate/GrandOrder』に登場するランサーサーヴァント。レアリティは☆4。
第1部第五章「北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム」と共にの実装され、同章のクリア後にでストーリー召喚へ追加される。

人物像

英霊"李書文"が該当するクラスはランサーバーサーカーアサシンの3つで、召喚時の肉体についても、"肉体の"全盛期である青年時代と"武術の"全盛期である老境に差し掛かった頃、の2つが可能性として存在する。

すなわち、この記事で取り上げているサーヴァントは、青年時代の李書文がランサークラスで召喚された存在である。

ちゃんと理性はあるし、戦場にいないときは至って落ち着いているが、戦場に立つと血の滾りを抑えられずに強敵を求めて暴れ回る、大変パワフルな書文先生が拝める。
義侠然とした武骨さが前面に出ており、マイルームでも最初は淡白で素っ気ないが、絆を深めていくと武術の手解きをしてくれるようになり、また人生について語ってくれる面倒見の良い義理堅さを見せてくれる。

基本的に強いサーヴァント相手なら誰とでも戦いたがるが、彼が誰より戦いたいと願っているのは――老人の李書文である。

真名

ランサーとして召喚された、肉体が全盛期の李書文
近代の生まれでありながら、数々の伝説を刻んだ中国の伝説的武術家。
清朝末期、滄州に生まれた李書文は八極拳を習い始めるとたちまち頭角を表し、拳法史史上でも最強と謳われるまで上り詰めた。
千の技を学ぶより一の技を徹底的に磨き上げることで、文字通りの一撃必殺を体現した。
八極拳の使い手としてももちろん名高いが、槍技の精妙さは「神槍」として讃えられたほどの腕前。

能力

基本は「神槍」と謳われる槍術で戦うが、場合によっては槍を捨てて八極拳主体で戦うことも。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BCAEE-


保有スキル

中国武術(六合大槍)(A+++)中華の合理。宇宙と一体になる事を目的とした武術をどれほど極めたかの値。修得の難易度は最高レベルで、他のスキルと違い、Aでようやく“修得した”と言えるレベル。+++ともなれば達人の中の達人。ランサーとして召喚されているが、槍術含めて八極拳を極めている。
絶招(B→B++)李書文が学んだ八極拳の奥義。対人における、一つの究極とも言える。
圏境(B)気を使い、周囲の状況を感知し、また、自らの存在を消失させる技法。極めたものは天地と合一し、その姿を自然に透けこませる事すら可能となる。今回はランサーとして召喚されたため、完全な気配遮断ほどには到達していない。
対魔力(D)魔術に対する耐性。一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。魔力避けのアミュレット程度の対魔力。


宝具

神槍无二打(しんそうにのうちいらず)

神槍 李書文



詳しくは当該項目を参照。

メインシナリオでの活躍

最盛期の若々しい姿で召喚され、はぐれサーヴァントとして北アメリカ大陸を彷徨っていた。
しかし最盛期の自分で召喚された反動で、老境の頃の泰然自若とした性質が無く、血気盛んでどこぞ妖怪首おいてけバリに猛り狂う喧嘩バカとなってしまった。

劇中でもエジソン軍の対ケルト軍戦力として、カルナが宛てにはしてみたものの、バーサーカーさながらに暴れる書文先生を前に諦めるしかなかった。
だがスカサハに「若い頃のヤツそっくりだ」と興味を持たれたことがきっかけで一戦交え、「戦いの後にスカサハと槍を交える」「それまでは誰の味方にもならない」という盟約を交わして去っていった。その後の決戦では、自分の意思で戦っているという建前でエジソン軍の援軍として暴れてくれた。

最後は、クー・フーリン・オルタとの戦いで瀕死の重傷から奇跡的に回復したスカサハと、聖杯回収による消滅を前に、約束を果たすために一合だけ交えた。勝敗の行方は、二人だけが知る。行き

漫画『turas realta』では、最初からスカサハの協力者として登場。残されたレジスタンスの保護を行った。
しかし、その後のケルト軍との決戦の際には戦えなかったベオウルフとの決着をつけに行くために北軍行きを希望したので、藤丸から「勝手……」と思われている。

期間限定イベント

星の三蔵ちゃん、天竺に行く」:沙悟浄役として登場。
お師さんこと玄奘三蔵は、彼にとって同郷で馴染み深い存在のため、結構慕っている。また、『西遊記』も熟知しているため、主人公に細部を補足する説明役も担っている。

ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」:はぐれサーヴァントとして登場。
聖杯の加護を受けた正規のランサーを倒し、さらにアサシンも圧倒するというデタラメな強さを見せた。

また、裏ステージでも帝都七本槍の一人「加藤書文」として登場。
戦闘前に飲んでいたお茶にが入っていたようで、ゲージブレイクすると自ら毒及び蝕毒状態になってしまう。

ゲームにおける性能

性能面は攻撃寄りで、同格のランサーアルトリアよりHPは低め。
《Quick:2/Arts:2/Buster:1》のアーチャー型で、NP獲得が苦手なサーヴァントが多いランサークラスでは珍しくNP獲得にさほど困らないため、ある意味で乳上よりも攻撃的とも言える。

スキルは1ターン必中状態とクリティカルUPを付与する「中国武術(六合大槍<A+++>)」、1ターン回避状態とスター集中状態を付与する「圏境<B>」、1ターン無敵貫通とArts性能アップを付与する「絶招<B>」と、瞬発力重視でバランスのとれたスキルを持ってる。
強化クエスト2をクリアすると「絶招<B++>」へランクアップし、【スター獲得(5~15個)&CT-1】の効果が追加され、自力でのクリティカルヒットが狙いやすくなった。

宝具は「神槍无二打」は、【敵単体に超強力な防御無視攻撃&確率で即死<オーバーチャージで確率アップ>&防御力ダウン(3T)】という強烈なもの。
Arts属性なので自前でArtsチェインを組んで、次の一撃のために再チャージという芸当も可能。
強化クエスト1のクリアで、基礎威力と防御力ダウンの倍率が上昇する。

瞬間火力の高さが売りで、宝具を絡めたブレイブチェインの火力は圧倒的。
反面、スキルが1ターンしか持たない上に同時使用を求められる事と、CTがやや長い事から、長期戦になると息切れが目立つのが難点。
クセは強いものの、上手くハマった時には「神槍」の二つ名に恥じない爆発力を発揮するだろう。

関連人物

スカサハ
史実での絡みは当然ながら絶無。
しかし上述した通り、槍の名手・好戦的な性格という共通点もあってか、第5章では互いに(武人的な意味で)惹かれ合う。

李書文(老)
関連人物どころか同一人物。年老いた姿の李書文。
青年時代は肉体の全盛期、老年時代は武術の全盛期とされる。
ぐだぐだ帝都聖杯奇譚に於いては、帝都聖杯奇譚での彼の役割を若い自分が担っている。
老年時代の李書文は後にアサシンのクラスでFGOに実装されている。

燕青
同郷のアサシンクラスのサーヴァント。
中華武術の祖に数えられる無頼漢の一人であり、神槍・李書文と実力伯仲するほどの功夫を有する。
「幕間の物語」のオオトリで対決しており、武侠同士で波長が合うようでそれ以来茶を酌み交わしたりに興じるなど、交流を持っている。

李書文(アサシン)
2部3章で登場した彼が最も闘いたいと願っていた老年期の自分自身。
ただカルデア内では互いに会うのを避けている。

余談

実はこの姿の初出は『Fate/Grandorderではなく、『Fate/EXTRA-CCC』発売前におけるコハエース+の第12話である。

関連画像

槍李先生
李先生


書文先生
センシティブな作品



関連タグ

Fate/GrandOrder
ランサー(Fate) サーヴァント 李書文(Fate)

アサシン(Fate/EXTRA)アサシンとして召喚された場合&『Fate/EXTRA』での彼についてはこちらを参照。
バーサーカー(LastEncore)バーサーカーとして召喚された場合&『Fate/EXTRA_Last_Encore』での彼についてはこちらを参照。
ランサー(帝都聖杯奇譚):老年期の肉体でランサーとして召喚された場合&『帝都聖杯奇譚』『Fate/typeRedline』での彼についてはこちらを参照。

関連記事

親記事

李書文(Fate) りしょぶん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「李書文(ランサー)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「李書文(ランサー)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239410

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました