ピクシブ百科事典

リャナンシー

りゃなんしー

アイルランド伝承に語られる妖精。人間の男性を誘惑して愛をささやき、その人物に技芸の才を与える一方で精気を吸う魔性の妖精。 アトラスのRPG『女神転生』シリーズでは仲魔(もしくペルソナ)として登場する。
目次[非表示]

リャナンシーとは、アイルランドに伝わる妖精の一種である。

概要

 【妖精の恋人】という意味の名前を持ち、常に人間の男性を誘惑して愛を求めているという。リャナンシーの愛を受け入れた男性は、彼女から音楽や作詩、絵画などのあらゆる芸術や才能を与えられる。その一方でリャナンシーはその対価として男性の精気(もしくは)を吸い、男性を早死にさせてしまうという魔性の妖精。
 アイルランドの天才的な芸術家の多くが短命なのは、彼女たちリャナンシーに取り憑かれているからであるという伝説もある。
 いわゆる夢魔吸血鬼に近い存在とされることが多い。

女神転生』シリーズのリャナンシー

私の可愛い主様


 アトラスのRPG女神転生』シリーズでは仲魔として登場する。
 金髪の妖艶な雰囲気を持つ美女で、黒いドレスカチューシャを身につけ、手には知恵の輪を持っている。
 種族は鬼女。
 デビルサマナー ソウルハッカーズではかつての主人である卜部広一朗GUMPを懐かしむといったイベントもある。

ソードワールド2.0でのリャナンシー

 リャナンシーとリャナンシー・アサシンが登場。上級蛮族のノスフェラトゥの一員であり、ヴァンパイアローズの忠実なる部下という設定である。
 こちらはアイルランド伝承の物とは全く性質が異なり、両者共に対象の血を吸う事に関しては共通なのだが、リャナンシーは「吸血した者を自らの虜にする」能力を持ち、リャナンシー・アサシンは「吸血した者の記憶や技能を奪う」能力を有する。

魔法使いの嫁でのリャナンシー

 「リャナン・シー」表記。CV早見沙織
 ある田舎の独身の老人男性の事を、数十年前に見かけた時から気に入り、彼の家に住み着いているのだが、彼女の存在は認知されていない模様。
 彼の血を吸う事無く、彼が老人になるまでずっと一緒に暮らしているのだが、羽鳥チセに好意を抱いているのかと問われた際、「私たちはただ食べて与えるだけ」と否定している。

関連タグ

妖精 魔性 芸術

pixivに投稿された作品 pixivで「リャナンシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113371

コメント