ピクシブ百科事典

メロエッタ

めろえった

メロエッタとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.648
イッシュ図鑑第1版No.154
イッシュ図鑑第2版No.299
ぶんるいせんりつポケモン
英名Meloetta
タイプ(ボイスフォルム)ノーマルエスパー
タイプ(ステップフォルム)ノーマルかくとう
高さ0.6m
重さ6.5kg
とくせいてんのめぐみ


概要

2012年夏公開のポケモン映画キュレムVS聖剣士ケルディオにて同時上映される「メロエッタのキラキラリサイタル」にて登場するポケモンとして発表された。
ポケモン映画で短編が同時上映されるのは、2003年の「おどるポケモン秘密基地」以来実に9年ぶりとなる。

五線譜を思わせるような長い髪や、音符ト音記号などの音楽記号のような部分が随所に見られるのが特徴。映画公式サイトによれば、ダンスが得意で、その歌声やダンスでポケモンの感情が変化するという不思議な力をもっているらしい。
名前は「メロディ」+「ピルエット(片足のつま先で立って行うバレエの旋回)」、もしくは「アリエッタ(会話の間などに歌われる曲、小アリアのこと)」からだろうか。

また、通常状態では緑髪「ボイスフォルム」だが、ある歌をきっかけにオレンジ髪「ステップフォルム」へとフォルムチェンジをする。
このフォルムになると髪や目の色が変わり、衣装がバレリーナのようなものに変化する。
また外見だけでなく、タイプもノーマル・かくとうという珍しい組み合わせのものになる。

メロエッタは幻のポケモンであり、ゲーム本編では2012年の劇場版や2017~18年のポケモンスクラップなどの配信でしか手に入らない。
専用技「いにしえのうた」を覚えさせれば戦闘中のみステップフォルムにフォルムチェンジできる。ちなみにいにしえのうたはレベルアップでは覚えられず、NPCに技を教えてもらう必要がある。

どうでもいいがはいてない
あと、断じて「エロメッタ」ではない。

ゲーム本編でのメロエッタ

戦闘中のフォルムチェンジによってタイプも変わるので、同じくFC持ちかつタイプ可変のロトムとはまた違った使い方が求められるポケモン。

レベルアップで覚える技は「りんしょう」、「うたう」、「フラフラダンス」、等といった前述の記述も含めまさに歌姫らしい技を覚え、「サイコキネシス」「インファイト」といった実践的な技も覚える。

ボイスフォルムの場合、とくこう・とくぼうが高く、極めて優秀なステータスを持つ。
ステップフォルムにチェンジすると、ステータスが入れ替わり、とくこうととくぼうがガタ落ちする代わりに攻撃と素早さに秀でた能力を有するようになる。

注目すべきは素早さで、ステップフォルムのときの素早さ種族値は128である。メガシンカを含めてかくとうタイプ2位(1位はメガミミロップ)で、「インファイト」を覚えるかくとうタイプに限定すれば最速となる。

ボイスフォルムとステップフォルムでは、得意不得意なタイプがほとんど逆であり、状況に応じたフォルムチェンジの発動が求められる。
攻撃面は、エスパータイプのお決まり「サイコキネシス」「サイコショック」を筆頭に、3色パンチや「ストーンエッジ」「10まんボルト」「シャドーボール」など、相性補完ができる技を覚えることができる。
フォルムチェンジに必要な技いにしえのうたは、威力こそさほどではないが、2匹同時に攻撃できるのでダブルバトルでは役に立つうえ、まれに相手を眠らせる追加効果がある。

難点はフォルムチェンジに「いしにえのうた」が必要な分技スペースや立ち回りを制限されること。
同技は特殊技であり、ステップフォルム向きの育成をしていると威力が心許ない。かつこの技でダメージを与える必要があり、ゴーストタイプや特性「ぼうおん」持ちの前ではフォルムチェンジ不可能となるのが非常に痛い。
特性「てんのめぐみ」も活かしきれているとは言えず、3割以上の発動率を持つもので実用に耐えうるのは「かみなり」「ひみつのちから」「いわくだき(ただし「グロウパンチ」を覚えられる)」くらい。せめて「ずつき」でも覚えてくれれば。
せっかくフォルムチェンジがあるのに戦いやすいのがフォルムチェンジ前というのはいかんともしがたいところである。シェイミフーパと異なりボックスに預けただけで元に戻る謎仕様ではないのが救いか。

他作品のメロエッタ

スマブラ3DS/WiiU』・『スマブラSP』ではアイテムのモンスターボール、マスターボールからボイスフォルムで登場。「エコーボイス」は上下に向けて音玉を発射し、地形に玉を反射させて攻撃する。

アニメのメロエッタ

担当声優は中島愛
映画に先駆けて「ベストウイッシュシーズン2」に早くも登場。
サトシに助けられて、共に冒険することになる。
これまで伝説のポケモンが1,2話のゲストで出てくることはあれど、主人公一行と冒険することは殆どなかった。

性格はかなり恥ずかしがりや、助けてくれたサトシのことが大好き(公式サイトより)。
姿を消す力と人の心を癒す力を持つ。また彼女が口ずさむ歌にはなんらかの力があるようで、ロケット団から狙われている。
シーズン1第82話でロケット団の追跡を逃れるためポケウッドの道具倉庫へ入り込み、ここでサトシと接触、この時逃げようとして置いてあった板にぶつかり、倒れてきた板から助けてもらったのがきっかけ。
その後サトシ達の後を追いかけタチワキシティにも登場、姿を消した状態でサトシのジム戦を観戦。
シーズン2第1話でロケット団に見つかり襲われるがなんとか振り切り、ケガをして弱ったところをサトシ達に保護、治療してもらった。
体調が回復したあと姿を消すが、やっぱりサトシ達の後を追いかけ、共にイーストイッシュまでやってきた。

関連イラスト

ボイスフォルム

めろえった
いにしえのうた


ステップフォルム

ステップメロエッタ
こけちゃった・・・



中の人ネタ

メグエッタ
ランカとメロエッタ


中の人が他に演じるキャラで、特に緑髪&歌手繋がりでランカ・リーGUMIが出てくることもよくある。

ちなみに同じ緑髪ツインテール歌姫繋がりでミクエッタなるものも出でいる。

ミクエッタ



関連記事

ポケモンBW 幻のポケモン
ノーマルタイプ エスパータイプ かくとうタイプ
プリン……歌繋がりのノーマルタイプ。スマブラに登場する点も同じ。
キリンリキヤレユータン……同タイプ(ボイス)。
メガミミロップキテルグマ……同タイプ(ステップ)。

緑髪 オレンジ髪
歌姫 バレリーナ

余談

なぜエロメッタと呼ばれているのかと言うと、
単に「メロエッタ」という単語の聞き間違いではあるのだが、その他の説として、アニメに登場したメロエッタの鳴き声は「メロ」や「ロエッタ」などだが、とあるファンが「ロエッタ」を「らめぇ」と間違って聞き取ったというものがあるらしい。
真相は定かではないものの、エロメッタのタグが付いているメロエッタは大抵「らめぇ」と鳴いている(?)ので、意外と信憑性があったりするとか。
ただし鳴き声が喘ぎ声に聞こえる例は前例のないことではない。

pixivに投稿された作品 pixivで「メロエッタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2459123

コメント