ピクシブ百科事典

五線譜

ごせんふ

楽曲の記譜法のひとつで、現在最も一般的なもの。楽譜と言えば五線譜を指すことがほとんどである。
目次[非表示]

楽曲の記譜方法のひとつ。等間隔に引いた5本の横線に音符休符を並べて旋律を示す。
もともと西洋音楽の記譜法に由来しているが、現在は音楽のジャンルを問わず、楽譜と言えば五線譜を指すほどに一般化している。
イラストでの利用としては、その場にメロディが流れていることを表したり、音楽が流れるような楽しい雰囲気であることを示したりするのに用いられる。

概要

五線譜はからへと読む。右端へ行ったら一段下の五線譜の左端から読む。つまり横書きと同じ読み方をする。

楽譜の閲覧者から見て、ひと組の五線の下側が低い音、上側が高い音となる。五線に収まりきらないほど高い音や低い音は、その音のために別にを引いて示す。

音の長さは音符の種類で表す。

五線譜の左端には、ト音記号(高音部)・ハ音記号(中音部)・ヘ音記号(低音部)のいずれかの音部記号が描かれていて、楽曲のおおよその音域を示している。(他の記号もあるがここでは省略する。)
調音記号としてシャープフラットナチュラルなどが用いられる。
音部記号の直後にあるシャープやフラットは調を表すために使われ調号と呼ばれる。調号のシャープやフラットは行末まで有効となる。オクターブが違っても有効となる。調号は行頭に書かれることが多いが転調する場合は途中に書かれることもある。
音部記号の直後ではないシャープ・フラット・ナチュラルは臨時記号と呼ばれ、臨時記号の直後からその小節が終わるまで有効となる。ただしオクターブが違う場合は無効となる。例えばラに#が付いていても1オクターブ高いラや低いラなどには効かない。シンコペーションなどで小節の最後の音符と次の小節の最初の音符がタイでつながれている場合ももちろん有効となる。臨時記号を書く必要がない場合でもわかりやすくするために書かれる場合がある。民族音階を表す際にも臨時記号が使われる。
その他各種の演奏記号がある(フォルテピアノなど)。

その他の楽譜

詳しくは楽譜の記事を参照されたい。


関連タグ

楽譜 楽曲   楽器 音符  おんぷ
小節 シャープ フラット ナチュラル
歌詞 白黒

ドレミファビートガシャット ポッピーピポパポver.(最近の作品では珍しく、四線譜をデザインに取り入れている。)

外部リンク

五線譜 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「五線譜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 641794

コメント