ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

真名アルトリア・アヴァロン
クラスキャスター
性別女性
身長154cm
体重42kg
出典Fate/Grand Order
地域星の内海、潮騒のティンタジェル
属性中立・善・星
好きなもの虫料理以外ならなんでも
嫌いなもの嫌いなものはないがアルビオンの竜は苦手
設定担当奈須きのこ
ILLUST武内崇
CV川澄綾子

概要

アルトリア・キャスターの第3再臨にして、が巡礼の旅の果てに『聖剣の騎士』の概念と一体化し、『守護者』となった姿。『星を脅かす脅威に対抗するもの』の助けとなる人理補助装置であり、カルデアに召喚されたサーヴァントとしての真の姿である。


その誕生

まず、アルトリア・キャスターは、選定の杖に選ばれたアルトリア・ペンドラゴンのIFではない。


プロフィールに記載されている出身地「潮騒のティンタジェル」も厳密に言うなら間違いである。

彼女の実際の出身地は星の内に存在する楽園こと妖精郷であり、ティンタジェルは地上に出てきた際に発見した鏡の氏族の氏族長の判断により宝物などと共に流され辿り着いた場所でしかないのだ。尤も彼女自身楽園内部での記憶は無く、なんの為に自分がどういう使命を帯びて旅をするのかも旅の途中で知ることになったのだが。


彼女の正体、それは1万4千年前にセファールの来襲の際、鋳造されなかった聖剣エクスカリバーの再発注の為に星より遣わされた『楽園の妖精』。聖剣の作成にはその時代の人類の在り方を材料にする必要があり、彼女はより毅く、より善い聖剣を象るための集積器だったのだ。

キャスターという単語には鋳造者という意味も含まれている。彼女の名の「キャスター」には様々な意味が込められているが、その1つは己の全存在と引き換えに聖剣を形作る「聖剣の鋳造者」だった。


彼女は異聞帯のブリテンにのみ成立する存在であり、第2部6章終盤、ケルヌンノスを倒すために全魔力を使い切ったのち、『楽園』へと帰り永い眠りにつくはずだった。しかし消滅する過程で、彼女は自身が役目を終えた後も『嵐の中で輝く小さな星』と、その嵐から自分をずっと庇ってくれていた小さな希望の為に戦い続けることを選び、『聖剣の騎士』の概念、そしてアルトリア・ペンドラゴンという概念と一体化して守護者となり、これまでの遍歴で絆を結んだ人間に応え、黒幕との最終決戦に駆けつけた。


こうして聖剣鍛造の為の集積装置から、人理補助装置として生まれ変わったのがこのアルトリア・アヴァロンである。

妖精はその存在意義を中心に構築されているため、聖剣鍛造の為の集積装置から人理補助装置へと変わった彼女は、文字通り生まれ変わった存在だと言える。


ゆえに、主人公達が旅を共にした『楽園の妖精』アルトリア・キャスターと、召喚された『サーヴァント』アルトリア・アヴァロンは、厳密には同一存在ではないともいえる。

(ただし、生命的な存在の括りはアルキャスとAAで分別されるが、延長線上の存在であり”地続きの同一人物”とも言える。

同じく生まれ変わったトネリコ→モルガンのような関係。

水着AAのプロフィールでも『同一存在といえる』と記述されトネリコ→水着モルガンと再臨が対比になっている)


第2部6章において主人公達の前に現れた彼女は既に『抑止の守護者』として英霊に至っており、消滅したアルトリア・キャスターの記憶から、ケルヌンノスとの最終決戦前に交わした「一度だけの恩返し」を果たすために召喚に応じたものである。


なお、カルデアが召喚した彼女が霊基第一・第二でアルトリア・キャスターの姿を取っているのはその誕生の過程、『楽園の妖精』ではなく『予言の子』として旅をした春の記憶を彼女がエミュレートしたためである

(マテリアル本曰く本気の変身であり二重人格、模擬人格という訳ではない様子。

また記憶がないのはまっさらな状態で召喚されたため。

大学生が高校生の制服を着て演じているイメクラともファンの間で言われている…あながち間違いではない)


アヴァロンの彼女は成長して大人になった、王になったアルトリアであり、キャスターの彼女は成長前の、童心に戻ったアルトリアだと言える。


補足説明

誤解されやすいのだが、バレンタインイベントの『あの女の子(アルトリア)』やアルトリアキャスターのことを彼女と呼ぶような発言のせいで別人のことのように聞こえるが


・マテリアル本 第3臨の姿(AA)はアルトリア・キャスターが聖剣鋳造に身を捧げ聖剣の概念となった姿(選定の場から帰還した時点で聖剣の概念になっており聖剣の騎士の概念に組み込まれている)


・プロフィール 『アルトリア・キャスターは妖精國での使命を果たし消滅した。聖剣に身を捧げ、聖剣そのものになった彼女(アルトリア・キャスター)は人理補助装置となったその名をアルトリア・アヴァロン』


・竹箒日記『玉座で消滅した少女』が守護者に至る疾走


・マイルームボイスの本人による発言

『存在は別物だが別人ではない』『1つ歳をとったアルトリア』『見た目は仰々しいが中身はいつものアルトリア』


・本編内終盤『聖剣の騎士の概念に組み込まれこれまでのアルトリアと全く違う在り方』


ということから

シナリオ内で『あの女の子(アルトリア)』『彼女』と指しているのは『”選定の場以前”の”なんでもない女の子”としてのアルトリア・キャスター』…在り方的な話であり、”アルトリア・キャスターとアルトリア・アヴァロンが別人と言っている訳では無い”


水着イベントでモルガンから『あれ(アルキャス)が貴様(AA)の素か、よくそこまで(素であるアルキャスから)変化したな』と言われており、


アルトリアキャスターが消滅後聖剣と融合したものが聖剣の化身AAであり、竹箒日記の記述から消滅後~守護者に至るまでほぼ完全な地続きであると考えられる。

(ただしアルトリアと存在が別である聖剣と融合・妖精としての『目的』も変化したため存在は別個扱い)


アルトリア・キャスターとアルトリア・アヴァロンはある程度独立して並行存在できるらしく、その気になれば水着イベント時のように霊基を分離させて両方を同時に現界させることもできる。


事実、夏イベにおいてアヴァロンの方でも気が抜けたりキレたりすると時折キャスターだった頃の声音と口調に戻ることがあり、普段の厳格な口調は意識して行っている様子。


また

・本物のマーリンに魔術を教わったという発言

(マーリンは全並行世界を含めても死亡しておらず英霊の座には居らず、居るとしたらアヴァロンの幽閉塔である。)

・モルガンからAAが歳を重ねている発言

・水着AA本人から普段は『魂の世界(星幽界)』いて召喚に応じているという発言

・本編で失われたのはあくまで『その世界線の聖剣の概念』

・アーキタイプ・アースを知っている

・妖精國の頃から性能などはほぼ同じ


以上ため、抑止の守護者ではあるもののそもそも英霊の座から召喚されているのかが不明。

(アヴァロンへ主人公を連れて行けるような発言や

本編セリフ、バレンタインシナリオからオベロン戦時やカルデアへもアヴァロンから直接来ている可能性が高い)


人物

一人称は「私(わたし)」に変化する。

『聖剣の騎士』の概念そのものである為、聖剣にまつわる逸話であればほぼコンプしている状態。また同時に『ブリテンの守護者』として、当時の『予言の子』アルトリア・キャスターすら知らなかった、妖精國ブリテンにまつわる記憶・記録を全て有している。


人格はかつて共に妖精圏を旅したアルトリア・キャスターだが、『聖剣の騎士』の概念という半ば超越的な存在であること、そして巡礼の旅を経て答えを見つけた後の姿であるため、生来の彼女に見られた弱さ・いじけ気質・悲観主義は鳴りを潜めている。

曰く『一つだけ年を取って、気持ちを切り替えたアルトリア』。


その為、生来の彼女が持つ負けず嫌いな気質が強調されており、第2部6章の最終決戦においても黒幕に対して痛烈な言葉を発している(主人公曰く「二倍言い返した」「このアルトリア、めっちゃキツい」。主人公も人の事は言えないだろうが)。


一方で、同時にアルトリア・キャスターのお転婆さも鳴りを潜め、王としての威厳を手にしているため、「もっと気安く接しなさい」と言っても主人公達からはつい畏怖されて構えられてしまう。


英霊となった彼女は「星に住む生命を守るもの」。地表の命が生み出すかけがえのない紋様の輝きを知るものであり、汎人類史も特異点も異聞帯も彼女にとって「守るべきもの」としての評価は同じ模様。

しかしその人格自体は主人公達と旅を共にしたアルトリア・キャスターである為、「マスターは私の命」であると相当な依怙贔屓ぶりを見せ、世界以上に主人公に肩入れしている。


能力

『聖剣の騎士』の概念であるため、アーサー王伝説に登場する武器を魔術触媒として使用する。

第2部6章実装前はその種類の多さから「彼女こそがグランドセイバーではないか」という考察もあったが、実際は左記の通り彼女が『聖剣の騎士』の概念であることに起因する。


ただ初期案の話ではあるが、第2部開幕前に描かれていた第2部6章のプロットではアルトリア・アヴァロンがグランドセイバーとして登場予定であったものの、紆余曲折あって没になった模様。

また第2部7章ある人物との回想にて、7騎のグランドクラスとの戦いにてグランドセイバーとして登場したサーヴァントの姿は彼女と同じ姿であったが、同一人物なのかは不明。


モーション中では、腕を振って地面から光の奔流を放つ、『マルミアドワーズ』で豪快に斬り付ける、『カルンウェナン』を突き刺して拘束する、それらの剣を投擲する、地面から光の棘を出現させて串刺しにする、剣で陣形を作り頭上から光の雨を降らせるという攻撃を見せる。


宝具

真円集う約束の星(ラウンド・オブ・アヴァロン)

  • ランク:A++
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1~999
  • 最大捕捉:味方全て

アルトリア・キャスター


「あり得ざる妖精の王よ……」

「最果ての島、罪の都、最後の竜は我が胸に。如何なる滅びにも我らは屈せず。集え、円卓の守護者達!『真円集う約束の星(ラウンド・オブ・アヴァロン)』!!」


『ブリテンの守護者』となったアルトリア・アヴァロンの宝具。

効果としては黄昏のキャメロットを顕現させ、共に戦う者に『円卓の騎士』のギフトを与える。

なお、ゲーム上の性能は『きみをいだく希望の星』と同じ。


また第1、第2の霊基のときとBGMは共通である。『竹箒日記』によると、第2部6章で選曲されたアヴァロンのフィールド曲をアレンジしたもので、こちらの曲は元々『セイバーウォーズ2』のフィールド曲候補のひとつだったものを使用しているとのこと(アヴァロン・ル・フェで使うから待ってくれと頼んだらしい)。また、第2部6章クリア後のボイスにて「第二、第三宝具、展開。アルトリア・アヴァロン、出るぞ」というものがあり、『真円集う約束の星』を第一宝具とするのであれば残り二つ宝具を持っていることになるが、現時点では詳細不明。


関連人物

マーリン

汎人類史におけるマーリンは彼女の魔術の師とは違う模様。

だが、それを差し置いてもキャスパリーグを押し付けられたり『次に会う時は斬首する』と告げ不死身の夢魔を処する魔術すら編み出すなど、詳細は不明だが相当な恨みを買っている模様。

『アルトリア・キャスター』に魔術を教えたのはマーリンではないのだが、マイルームでの発言を統合すると守護者となった後に本物のマーリンに改めて魔術を教えてもらい、それと同時期にいざこざがあった様子。


メリュジーヌ

ブリテンの守護者として全てを知ったアルトリアは、美しいものに出会ってしまった彼女の境遇を嘆き、彼女がサーヴァントとして召喚されたことを非常に喜んでいる。一時でも悲しみではなく、喜びの涙が流れることを願って。

それはそれとして、本質的には苦手な存在である。


光のコヤンスカヤ

妖精國では深い関わりは無かったが「ビースト候補があんなんで良いのでしょうか?」と当たりが強く、「うちのキャスパリーグと比べないでほしい」と言っている。


キャスパリーグ

上記本物のマーリンと出会った際押し付けられたらしいが、カルデアの善き人々に倒された第四の獣と同一なのかは不明。なお、フォウ個人としてはあまり興味がないらしい。


オベロン

生命の未来を奪う宿敵としながら、人々から生まれた幻想としての同胞とする存在。自身が人を知らない一方で、彼は人を知りすぎたとし、叶うのならと再会を望んでいる。


藤丸立香(主人公・プレイヤー)

契約したマスター。

生前での経緯が経緯だけに「マスターは私の命」「もっと気安く接しなさい」と言うほど距離感が近く、他者に優劣のない彼女にしては例外的にかなり入れ込んでいる。


ORT

最初は気にしていなかったが、見た目が蜘蛛っぽかったせいか苦手になってしまった。


関連イラスト

聖剣の騎士王【FGO】


関連タグ

Fateシリーズ Fate/GrandOrder Cosmos in the Lostbelt 妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ 星の生まれる刻

サーヴァント キャスター(Fate) アルトリア・キャスター 躍動トリオ

アルトリア・ペンドラゴン 魔術師

関連記事

親記事

アルトリア・キャスター あるとりあきゃすたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3918733

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました