ピクシブ百科事典

暴民政治

ぼうみんせいじ

暴民政治とは、「愚民による政治」の意味で、民主主義を揶揄するのに用いられる。『衆愚政治』とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

主に民主主義揶揄するために使用される用語で、愚民暴民による政治という意味であり、『衆愚政治』とも呼ばれている。

詳細

民主制の良し悪しは「選挙権を持つ有権者」の行動により左右され、知識の欠乏や愛国心の欠如あるいは情報操作などにより、自国の政治に関して無関心あるいは政治屋やその代弁者の詭弁や甘言などにより国益のための選択をとらず各々の身勝手エゴの実現や限られた人物の利益を追求するなど、誰も得しない、あるいはいい加減だったり歪んでいたり、少数派を数の暴力ですりつぶすような、誤った意思決定を行う状況を指す。

民主主義の欠点

民主主義は大衆迎合主義等、一般人の不安を煽り有権者が知ることや考えるとこ自体を拒否したがるように仕向けるような情報操作に対しては非常に脆く、その点が欠点・弊害であり、有権者が愚民あるいは暴民である場合、民主主義は得てして良い方向には進まなないといわれる場合があり、この思想は古代ギリシャにおいて「優秀なトップによる独裁」が検討された場合があるが、それは実施を試みたがうまくいかなかった。

民主主義に代わる支配体制

それでは民主主義に代わる方法としてはどのような制度があるかといえば、以下のとおりである。

実際のこれらのシステムは「善良かつ有能な」という前提条件がつくが、たいていはそこでつまずいており、官僚等による支配もやはり支配層内部の派閥等の争いや「組織巨大化によりその組織が奉仕する対象よりも組織自体の利益を優先しだす法則により失敗しており、この点からも民主主義は、決して理想の制度というわけではないのであるものの、それ以外の制度が現状では論外であるといえる。

事例

これらの事例は民主主義に必要な民衆の成熟が不完全、あるいは政治の腐敗、または外的要因により発生するとされる。

古代ギリシャ

古代ギリシャのアテナイにおいては公職を希望者によるくじ引きで決定していたが、これは有能な人物が選ばれるとは限らない、というデメリットが存在した。

ドイツ

現にドイツにおいてアドルフ・ヒトラーが率いたにナチスよる独裁政権が誕生したのは、実はワイマール共和国混乱、これは外的要因と内的要因があるのであるが、それに失望した国民民主主義により極右である国家社会主義ドイツ労働者党を支持したためである。

日本の事例

大日本帝国においては民本主義( 体制の関係上民主主義という言葉は使用されなかった )の名の下、限定的であるにせよ民意を重んじる傾向が存在したものの、その後政治家は国民のことを考えない科のような政治的闘争に明け暮れ、さらに汚職も多くあり、そのことが陸軍( 二・二六事件 )海軍( 五・一五事件 )によるクーデター未遂が発生し、軍部大臣現役武官制が復活、軍部による政治介入が大きくなり、政党政治に愛想をつかした国民は昭和15年には当時の同盟国ドイツイタリアのような、全体主義的傾向を持つ強力な指導体制を望む声が大きくなり、大政翼賛会が成立したが、結果は変わらず、第二次世界大戦敗戦により支配権を失うまでこの状況であった。

大政翼賛会

国民の声に応えて政治家たちは「バスに乗り遅れるな!」というスローガンの下、当時の合法であった政党がほぼ解散して大政翼賛会を結成し、強い指導体制を構築していこうと試みたものの、ほとんどの政党が合流したため旧政党間の争いが派閥争いとしてきっちり継承され、政治組織であれば当然あるべき綱領・宣言の類がまとまらない体たらくであり、初代総裁の近衛文麿は「大政翼賛会の綱領は大政翼賛・臣道実践という語に尽きる。これ以外には、実は綱領も宣言も不要と申すべきであり、国民は誰も日夜それぞれの場において方向の誠を致すのみである」と述べ、政治的方針が統一されることはこれからもないと開き直ったが、国民のほとんどはひとつの組織にまとまったのだから大丈夫とでも思ったのか、特に大きな批判はなかったとされたものの、昭和17年衆議院選挙においては2割弱の議席を落とすなどしており、政治のグダグダっぷりは結局変化なく、終戦までこれは続くことになる。

関連タグ

政治 揶揄 愚民 暴民
イデオロギー 民主主義

コメント