ピクシブ百科事典

フォーリナー(Fate)

ふぉーりなー

フォーリナー(Fate)とは、Fateシリーズに登場するサーヴァントのクラス。
目次[非表示]

※当用語は「Fate/Grand Order – Epic of Remnant -」のネタバレとなります。ご注意ください!!





―――そうだ。我々はもっと早く気がつくべきだった
我々では不可能なのだ。この宇宙では不可能なのだ。であれば―――
こちらの法則に縛られない異界の怪物、我らですら知り得なかった異常識。
虚空からの降臨者(フォーリナー)の手で人類を終わらせるのだと―――

概要

エクストラクラスの1つで、"降臨者"のクラス。
初出は「Fate/Grand Order」1.5部「 – Epic of Remnant -」の最終章「禁忌降臨庭園セイレム」。

外宇宙、もしくは別次元より飛来した存在のサーヴァントクラス。
地球、さらに言えばその一円に類する内的宇宙に連なる真理から外れた異邦から呼び寄せられた者たち。
地球上ではある作家がこの存在を創作神話として天文学的な確率で図らずも言い当てることに成功し、その存在を知らしめるに至った。
とは言えそれらが存在するのは、第二魔法が及ぶ領域――いわゆる並行世界からも外れた、この宇宙とは全く関係ない別のどこかである。本来ならそれらはただ偶然言い当てられただけで、現実には存在していないも同然の迷信や空想に過ぎない。
しかし亜種特異点Ⅳで彼らが存在すると定義し、招き入れようとしたモノの手で、それらが存在する世界への道が開いてしまい、干渉が可能になってしまった。道が開いたのはごく僅かな間だけだったが、"それら"にとってはこの一瞬だけで十分だったのである。
おまけに"それらに"時間軸はさほど意味がないのか、道が開いたのは2017年のみであったにも関わらず、過去の世界にも影響を及ぼしていた事になってしまった。

この存在の知覚に成功し、それが地球に到達することを阻止すべく次元を超越して彼らを追う者たちも存在しているらしい。

ゲーム的にはバーサーカーに完全有利で、アルターエゴに弱い。
これはフォーリナーが地球とその円環の宇宙の法則とは全く別の摂理により狂気そのものを司るため、狂気に呑まれた者では対抗することが出来ず、打ち克つには強固な自我/自意識が必要と言う事を表現しているのではないかと推測されている。

2018年1月現在、BBの推測では「狂気の内にありながら純粋さを失わない者」「狂気に呑まれながら逆にそれを呑み尽くした者」などに資格があるとされている。
現状で確認されているサーヴァントは、いずれも「本来あるべき形から、異邦の神々によって存在を歪められたことのある者」であり、異邦神そのものがサーヴァントとして顕現した例は未だない。

クラスカードのデザインは公式で言及こそされてはいないものの、ヨグ=ソトースの化身「ウムル・アト=タウィル」またはハスターの化身「黄衣の王」と考えられる。

クラス別スキル

領域外の生命詳細不明。恐らくは地球の理では測れない程の生命を宿している事の証左と思われる。厳密な意味でのフォーリナーのクラススキルは恐らくこれのみ。
神性異邦の神と接し、その影響を受けているが為に、フォーリナーはそれ由来の神性を帯びるようになる。フォーリナーのクラス特性その物と言うよりは、成り立ちからおのずと共通して備えるようになるスキル。
狂気詳細不明。理性による力の枷が外れており、攻撃性が高くなっている。バーサーカークラスの「狂化」スキルが召喚術式によって狂わされた状態といえるなら、こちらは存在の根本が既に狂っていることを意味すると思われる。「外なる神々」は存在自体が狂気そのものであり、さらにそれを周囲に無遠慮にばら撒く混沌そのものである。こちらも神性と同じく、クラス特性と言うより異邦の神との接触で必然的に備えてしまう状態であるため、その狂気を完全に飲み込んでしまった者には効果が現れない。


基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
?????


該当サーヴァント

Fate/GrandOrder

1.5部「Epic_of_Remnant

セイレムちゃん


魔神に見出された結果、とある外なる神の力をその身に宿した少女。
其の神へと繋がる扉の「」でもある、異端にして最新の魔女。
詳細はアビゲイル・ウィリアムズ(Fate)を参照。

第2部「Cosmos_in_the_Lostbelt

◆


富嶽三十六景』『北斎漫画』などの作品で知られる浮世絵
もちろん史実では男性。しかし何故か黒いタコを連れた少女の姿で召喚されている。
詳細は葛飾北斎(Fate)を参照。

その他適性がある可能性がある英雄

現時点では不明。しかし、該当例からするとクトゥルフ神話に関連性を持った、あるいは関わった者の中には間違いなく適性者が居るものと思われる。
BBが示唆した条件を踏まえると、むしろクトゥルフと深く関わって尚、人として壊れきらなかった者が該当する可能性が高いと言えるか。

クトゥルフ神話原典(と言う言い方も変だが)において、いつものアイツは神代から戦後に至るまで世界中ありとあらゆる時代と場所に干渉しているので、彼奴の扱い次第で適性者の数は大きく変動するだろう。
英霊本人すらあずかり知らぬ所で因子を仕込まれている者もいるかもしれないし、彼のように化身が実在しない架空の存在にされてしまうかもしれない。現状では今後に期待である。

直接関係がある可能性がある者
クトゥルフ界隈で宝具が有名なあの人などが有力だろうか?
古代エジプトは上記のいつものアイツ(が型月世界で実在していた場合)に何かとがある。

日本関係でもいつものアイツの化身の一つが彼女の姿を取って現れるとされている。
などと言っていたら2018年元旦、彼女が黄金の蜂蜜酒っぽい何かをもってきて葛飾北斎体験クエストを引き起こした。彼女は果たして我々の知る彼女であったのだろうか?
あるいは彼女は己の宝具で自身も(多少)焼けていることから実は何らかの神秘・神性をもっている疑惑がある。
果たしてネタか、ミスリードか、それとも…!?

アステカ関係者
型月世界における南米の神々は他の地域の神性とは異なり、宇宙から飛来した隕石と共にやって来た「何か」が、地上の植物と融合して変化した「取り憑いた生物を神に変える微生物」がその本質だと設定されており、他の神々とは従っている法則も違うらしい。
全てを見通せるはずのギルガメッシュがその存在を把握しきれないという点も怪しい(フォーリナー2号である北斎親子についても、初見では全てを見通せてはいなかった)。
ただし「狂気」に関する条件を満たしているかは微妙なところ。

遊星関係者
「外宇宙、もしくは別次元より飛来した存在」という点で該当する可能性あり。フォーリナーと関連付けられなくもない単語やアイコンも散見される。
とある英霊はこのクラスで実装されるのではないかという説も。
一方で、此方もアステカ由来の神々と同様に「狂気」関連の条件が確認されていない。

サーヴァントユニヴァース
「物理法則すら異なる、並行世界ですらない異世界からの来訪者」というある意味別方向でだが、彼女たちも適性を持っていてもおかしくはない。
ネタ枠なのでどんなクラスになってもおかしくないという意味では、上記の2枠よりは可能性があると言えるかもしれない。

余談

「フォーリナー(Foreigner)」は元々、「外国人」「異邦人」といった「外から来た者」を指す英語であり、本作では「降臨者」という字が当てられている。「降臨」の意味が「神仏が天界から地上に天下ること」なので「外なる宇宙から飛来する過つ神」とも解釈できる。
またクラスアイコンはおそらく「彗星」がモチーフ。
これまでのFateシリーズの作品で「彗星」と言えば「とある巨神」に関連する存在が思い当たるのだが…?

また、プレイヤーからはフォーリナーとアルターエゴの間に収まって三すくみを成立させるものや、かつての魔神柱に近い三騎士キラーのクラスの登場が予想されている。

関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント エクストラクラス 
クトゥルフ神話 邪神 外なる神 異邦人 狂気 自我
黒星紅白(2018年1月時点で実装されている二人のフォーリナー〈アビゲイル&北斎〉の担当イラストレーター)

pixivに投稿された作品 pixivで「フォーリナー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2029314

コメント