ピクシブ百科事典

フォーリナー(Fate)

ふぉーりなー

フォーリナー(Fate)とは、Fateシリーズに登場するサーヴァントのクラス。
目次[非表示]

―――そうだ。我々はもっと早く気がつくべきだった
我々では不可能なのだ。この宇宙では不可能なのだ。であれば―――
こちらの法則に縛られない異界の怪物、我らですら知り得なかった異常識。
虚空からの降臨者(フォーリナー)の手で人類を終わらせるのだと―――

概要

エクストラクラスの1つで、"降臨者"のクラス。
初出は「Fate/Grand Order」1.5部「 – Epic of Remnant -」の最終章「禁忌降臨庭園セイレム」。

外宇宙、もしくは別次元より飛来した存在のサーヴァントクラス。
地球、さらに言えばその一円に類する内的宇宙に連なる真理から外れた異邦から呼び寄せられた者たち。
地球上ではある作家がこの存在を創作神話として天文学的な確率で図らずも言い当てることに成功し、その存在を知らしめるに至った。
とは言えそれらが存在するのは、第二魔法が及ぶ領域――いわゆる並行世界からも外れた、この宇宙とは全く関係ない別のどこかである。本来ならそれらはただ偶然言い当てられただけで、現実には存在していないも同然の迷信や空想に過ぎない。

しかし亜種特異点Ⅳで彼らが存在すると定義し、招き入れようとしたモノの手で、それらが存在する世界への道が開いてしまい、干渉が可能になってしまった。道が開いたのはごく僅かな間だけだったが、"それら"にとってはこの一瞬だけで十分だったのである。
おまけに"それらに"時間軸はさほど意味がないのか、道が開いたのは2017年のみであったにも関わらず、過去の世界にも影響を及ぼしていた事になってしまった。

またこの「外宇宙の存在」は地球上どころかこの宇宙で生まれた存在ですらないため、これらに対しては星の安全装置である抑止力が働かない。そのために「彼ら」が完全降臨すれば、ビースト以上の災厄によって世界が滅ぶ危険性が高いことになる。つまりそれらを目論んだ魔神柱ラウムの行為は、一歩間違えればゼパル以上に危険どころの話では済まない、世界を滅ぼしてまだ余りある暴挙だったと言えるだろう。

この存在の知覚に成功し、それが地球に到達することを阻止すべく次元を超越して彼らを追う者たちも存在しているらしい。

ゲーム的にはバーサーカーに完全有利で、アルターエゴに弱い。また、フォーリナー同士では互いに弱点を突きあう。
これはフォーリナーが地球とその円環の宇宙の法則とは全く別の摂理により狂気そのものを司るため、狂気に呑まれた者では対抗することが出来ず、打ち克つには強固な自我/自意識が必要と言う事を表現しているのではないかと推測されている。

2018年1月現在、BBの推測では「狂気の内にありながら純粋さを失わない者」「狂気に呑まれながら逆にそれを呑み尽くした者」などに資格があるとされている。
現状で確認されているサーヴァントは、いずれも「本来あるべき形から、異邦の神々によって存在を歪められたことのある者」であり、異邦神そのものがサーヴァントとして顕現した例は未だない。

クラスカードのデザインは公式で言及こそされてはいないものの、ヨグ=ソトースの化身「ウムル・アト=タウィル」またはハスターの化身「黄衣の王」と考えられる。

クラス別スキル

領域外の生命詳細不明。恐らくは地球の理では測れない程の生命を宿している事の証左と思われる。厳密な意味でのフォーリナーのクラススキルは恐らくこれのみ。
神性恐らくではあるが、異邦の神と接し、その影響を受けているが為に、フォーリナーはそれ由来の神性を帯びるようになるものと思われる。フォーリナーのクラス特性その物と言うよりは、成り立ちからおのずと共通して備えるようになるスキルなのだろう。
狂気詳細不明。バーサーカークラスの「狂化」スキルが召喚術式によって狂わされた状態といえるなら、こちらは存在の根本が既に狂っていることを意味すると思われる。


基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
?????


該当サーヴァント

Fate/GrandOrder

Epic_of_Remnant

セイレムちゃん


魔神に見出された結果、とある外なる神の力をその身に宿した少女。
其の神へと繋がる扉の「」でもある、異端にして最新の魔女。
詳細はアビゲイル・ウィリアムズ(Fate)を参照。

◆


富嶽三十六景』『北斎漫画』などの作品で知られる浮世絵
もちろん史実では男性。しかし何故か黒いタコを連れた少女の姿で召喚されている。
詳細は葛飾北斎(Fate)を参照。

イベント限定サーヴァント

XX


フォーリナーを退治するフォーリナーを自称する、鋼鉄の鎧を纏ったSF感極まりない宇宙騎士。
詳細は謎のヒロインXXを参照。

適正があると明言されている英霊

登場作品真名召喚されたクラス
Fate/GrandOrderBBムーンキャンサー

※性格面や能力などの点で偶然接触した邪神と意気投合し、権能だけを分けてもらった。結果、クラスが変質する程の影響を受けていない極めて稀有なケース。


その他適正があると思わしき英霊

遊星関係者
「外宇宙、もしくは別次元より飛来した存在」という点で一致する。
フォーリナーの日本語表記である「降臨者」という単語が『EXTELLA』にて登場しており、更に『EXTELLA-LINK』ではアルテラに対し「フォーリナーとも呼べる特例のサーヴァント」という言及がある為、彼女には適性があることが示唆されている。

劇中での描写からアルテラ以外のとある英霊も、このクラスで実装されるのではないかという説も。

余談

「フォーリナー(Foreigner)」は元々、「外国人」「異邦人」といった「外から来た者」を指す英語であり、本作では「降臨者」という字が当てられている。「降臨」の意味が「神仏が天界から地上に天下ること」なので「外なる宇宙から飛来する過つ神」とも解釈できる。
またクラスアイコンはおそらく「彗星」がモチーフ。

また、プレイヤーからはフォーリナーとアルターエゴの間に収まって三すくみを成立させるものや、かつての魔神柱に近い三騎士キラーのクラスの登場が予想されている。

関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント エクストラクラス 
クトゥルフ神話 邪神 外なる神 異邦人 狂気 自我
黒星紅白(2018年1月時点で実装されている二人のフォーリナー〈アビゲイル&北斎〉の担当イラストレーター)

pixivに投稿された作品 pixivで「フォーリナー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2885736

コメント