ピクシブ百科事典

フォーリナー(Fate)

ふぉーりなー

「Fate/Grand Order」に登場したエクストラクラスの1つ、『降臨者』のクラス・サーヴァント。
目次[非表示]

———そうだ。我々はもっと早く気がつくべきだった
我々では不可能なのだ。この宇宙では不可能なのだ。であれば———
こちらの法則に縛られない異界の怪物、我らですら知り得なかった異常識。
虚空からの降臨者(フォーリナー)の手で人類を終わらせるのだと———

概要

エクストラクラスの1つで、降臨者のクラス。
初出は「Fate/Grand Order」1.5部「- Epic of Remnant -」の最終章「禁忌降臨庭園セイレム」。

外宇宙、もしくは別次元より飛来した存在を根ざすサーヴァントクラス。
地球、さらに言えばその一円に類する内的宇宙に連なる真理から外れた、異邦から呼び寄せられた存在に、後天的な理由で縁深くなった英霊。「世界観を乱す者」とも形容される。

地球上ではある作家がこの存在を創作神話として天文学的な確率で図らずも言い当てたことで証明に至った。
とは言えそれらが存在するのは、第二魔法が及ぶ領域(いわゆる並行世界)からも外れた、FGOにとってのこの宇宙とは全く関係ない別のどこかである。
本来ならそれらはただ偶然言い当てられただけで、現実には存在していないも同然の迷信や空想に過ぎなかった。

しかし亜種特異点Ⅳで彼らが存在すると定義し、招き入れようとしたモノの手で、それらが存在する世界への道が開いてしまい、干渉が可能になってしまった。道が開いたのはごく僅かな間だけだったが、"それら"にとってはこの一瞬だけで十分だったのである。
おまけに"それら"に時間軸はさほど意味がないのか、道が開いたのは2017年のみであったにも関わらず、過去の世界にも影響を及ぼしていた事になってしまった。

またこの「外宇宙の存在」は地球上どころか(TYPE-MOON世界における)この宇宙で生まれた存在ですらないため、これらに対しては星の安全装置である抑止力が働かない。
そのために「彼ら」が完全降臨すれば、ビースト以上の災厄によって世界が滅ぶ危険性が高いことになる。つまりそれらを目論んだ魔神柱ラウムの行為は、一歩間違えればゼパル以上に危険どころの話では済まない、世界を滅ぼしてまだ余りある暴挙だったと言えるだろう。


この存在の知覚に成功し、それが地球に到達することを阻止すべく次元を超越して彼らを追う者たちも存在しているらしい。

BBはこのクラスの存在を推測して曰く「狂気の内にありながら純粋さを失わない者」「狂気に呑まれながら逆にそれを呑み尽くした者」などにクラス適性を持つ資格があることを示唆している。
それらは皆、「本来あるべき形から、外宇宙の存在(異邦の神々など)によって存在を歪められたことのある者」であり、狂気の源たる異邦神そのものがサーヴァントとして顕現した例は未だない。

原典の神話ではチートの極みとして描かれている彼らだが、各々が抱えている事情や勢力関係から、大々的に地球へ侵攻を行う事は難しい模様。
また超越者なれど絶対的な不死不滅の存在ではなく、被害を度外視するという前提であれば、型月世界の物理や魔術といった現実的な方法で抗することも理論的には可能との事。

加えてアクセス出来る様になった経緯ゆえか、時間軸から切り離された英霊の座を通してでしか干渉できない為、英霊という人間の影に混じって顕現するのだという。
人間は異界の恐怖など無くても恐怖狂気から伝説を生み出し、英霊の座はそんな負の面さえ迎え入れるという特性もそれに拍車を掛けており、これからも新しいフォーリナーが増えていく事が示唆されている。

ただしどんな英霊も無条件に眷属にされる訳ではなく、型月世界における生前に、邪神が放った思念を受信して僅かでも繋がりを持ったとされる者が対象となる模様。
そして主に芸術家や天文学者といった、人並み外れた感受性を持つ人間がそうなり易い傾向にある(原典においても音楽家に干渉する邪神が実際に登場している)。

元となった邪神の敵対関係を持ち込む形で、フォーリナー同士の対立もあり得るらしいが、それが却って抑止力になるのではないかとジル・ド・レェは提唱している。
外なる神の影法師という人類の脅威でありながら、力の使い方次第では理知の外側からの侵略を防ぐ紛れもない人理の守護者、それこそがフォーリナーの本質なのかもしれない。

これらと無関係の例外として、XXは単なる並行世界より一段上のランクである「他銀河からの来訪者」故に、ボイジャーは存在自体が他の宇宙文明との交流を目的とした「他銀河から見た来訪者」故に、このクラスの適性を有している模様。


ゲーム的にはバーサーカーに完全有利で、アルターエゴに弱い。また、フォーリナー同士では互いに弱点を突きあう。
これはフォーリナーが地球とその円環の宇宙の法則とは全く異なった摂理を持ち、狂気そのものを司る者が根幹となったため狂気に呑まれた者では対抗することが出来ず、打ち克つには強固な自我/自意識が必要と言う事を表現しているのではないかと推測されている。

クラスカードのデザインは公式で言及こそされてはいないものの、ヨグ=ソトースの化身「ウムル・アト=タウィル」またはハスターの化身「黄衣の王」と考えられる。また、クラスアイコンはおそらく「彗星」がモチーフ。

クラス別スキル

領域外の生命外なる宇宙、虚空からの降臨者。邪神に魅入られ、権能の先触れを身に宿して揮うもの。(XX版)外なる宇宙とは真逆の位置の極点、最果てからの加護。
神性外宇宙に潜む高次生命の●●となり、強い神性を帯びる。 計り知れぬ驚異。その代償は、●●。

※●●はそれぞれサーヴァントごとに異なる。

基本ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運
?????


Fate/Grand Order

第1.5部 Epic of Remnant

セイレムちゃん


魔神に見出された結果、とある外なる神の力をその身に宿した少女。
其の神へと繋がる扉の「」でもある、異端にして最新の魔女。
型月最初の降臨者にして、生前に外なる神と縁を持たず、本来は英霊の座にも居ない、最初の例外でもある。
詳細はアビゲイル・ウィリアムズ(Fate)を参照。

◆


富嶽三十六景』『北斎漫画』などの作品で知られる浮世絵
もちろん史実では男性。しかし何故か黒いタコを連れた少女の姿で召喚されている。
詳細は葛飾北斎(Fate)を参照。

第2部 Cosmos in the Lostbelt

センシティブな作品


世界三大美女の一人。音楽や舞踊にも才能のあった傾国の美女。
詳細は楊貴妃(Fate)を参照。

ヴァン・ゴッホ


『ひまわり』などで知られる近代のポスト印象派の画家。
史実、残存している写真では確実に男性のはずだがなぜか女性の姿で現界している。
詳細はヴァン・ゴッホ(Fate)を参照。

XX


サイバーな鎧を纏ったSF感極まりない宇宙騎士。
フォーリナー、殺すべし。もちろんいつも通りセイバーも。
詳細は謎のヒロインXXを参照。

イベント限定サーヴァント

水着アビー


フォーリナーの霊基をアップデートさせた異端の魔女。
二匹の奇妙な猫を連れ、幻夢郷への門を開くアデプトゥス。
詳細はアビゲイル・ウィリアムズ(水着)を参照。

コラボイベントで登場

星


Fate/Requiemコラボにて登場。
星の王子さまに似た姿をした辿々しい口調で話す少年。
詳細はボイジャー(フォーリナー)を参照。

Fate/Requiem

古代ギリシャ文化圏のアレクサンドリアの数学者・天文学者。ユークリッドの名で知られる幾何学の父。
史実では男性だが、女性。
詳細はエウクレイデス(Fate)を参照。

適性を得る可能性を持った英霊

登場作品真名召喚されたクラス
Fate/EXTELLAアルテラセイバー
Fate/GrandOrderBBムーンキャンサー


余談

「フォーリナー(Foreigner)」は元々、「外国人」「異邦人」といった「外から来た者」を指す英語であり、本作では「降臨者」という字が当てられている。
「降臨」の意味が「神仏が天界から地上に天下ること」なので「外なる宇宙から飛来する過つ神」とも解釈できる。
この外側とはダヴィンチちゃん曰く、我々の知る理知の世界の「外側」という意味で、倫理観などがあべこべであるのもそのせいらしい。

また、プレイヤーからはフォーリナーとアルターエゴの間に収まって三すくみを成立させるものや、かつての魔神柱に近い三騎士キラーのクラスの登場が予想されている。

適正考察/関連人物

英霊名     備考
ジル・ド・レェ螺湮城教本持ち。しかし、キャスターの彼は狂気に呑まれている為、適正はなさそうである。セイバーのほうの旦那なら……
プレラーティ螺湮城教本持ち。驚くべきことに彼(彼女)は邪神側からの干渉ではなく自ら繋がってはいけない場所、つまり外宇宙に接続している。(その後危険性を感じ自ら繋がりそのものを封印した。)
アルテラヴェルバーは降臨者(フォーリナー)という単語で表されており、アルテラを筆頭にヴェルバー関係者はフォーリナー適性を持つ可能性がある。
織田信長ナイアルラトホテップの化身の一つ悪心影は織田信長の正体、あるいは同じ風貌を持つ存在とされる。「葛飾北斎体験クエスト」では「ノッブ」が「黄金の蜂蜜酒」めいた「黄金のハチミツ風味の飲み物」を主人公たちに飲ませ夢の世界に誘った。同イベントには顔の無い信長の姿をした”公方様”が登場している。
スカサハクトゥルフ神話では旧支配者として登場。アザトースが単為生殖で生み出した両性具有の神サクサクルースの孫にあたる。彼女の治める影の国の一部である無人島に住み着いたうりぼう達がクトゥルフ神話の呪文を詠唱していた。
ニトクリス宝具である冥鏡宝典がニトクリスの鏡と呼ばれるクトゥルフ神話のアイテムが元ネタとなっている。ジルドレェの強化クエストに登場。
トリスタンビヤーキーに登場した逸話がある他、ピクト人はエイリアンに例えられる。ジルドレェの強化クエストに上記のニトクリス同様登場。
SFホラーの大家邪神を天文学的数字で言い当てた人物。


クトゥルフや宇宙人関連の英霊を挙げるだけでもこれだけの膨大な数が存在する一方で、史実に基づくのなら上述したSFホラーの大家については生前に、「死後に自分がどこかに存在し続けるなど絶対にありえない」と実に断固とした口調で語っていたと愛弟子のロバート・ブロックが書き残しているため、Fate世界においても彼が座にいるかは怪しい所。

クトゥルフ神話ではナイアルラトホテップの別名がオジマンディアス術ニキが宝具に持つ「顔の無いスフィンクス」や「ウィッカーマン」だったりするのだが、彼女らとは今の所関連はない。この他にもガネーシャのモデルがチャウグナー・フォーンヘラクレスの退治したヒュドラが実は異次元の怪物だったりとクトゥルフ神話では実はコイツは邪神が関わっていた!という荒唐無稽な描写が沢山出てくる。

しかし、上記のように宇宙人やクトゥルフに直接縁のある英雄が考察の対象に挙がる事が多い一方で、公式での実装例をよく見てみるとクトゥルフ神話と直接の関連を持った英霊は思いの外少ない。

  • 葛飾北斎(蛸と海女の作者)→蛸の邪神クトゥルフ
  • アビゲイル・ウィリアムズ(クトゥルフ神話にも影響を与えたセイレム魔女裁判の元凶の一人)→ヨグ・ソトース
  • 楊貴妃(唐国の城門に『北落師門』がある)→北落師門の西洋での名称『フォーマルハウト』から来訪したクトゥグアあるいはその配下たる「炎の精」達の長フサッグァ
  • ゴッホ(絵画「ひまわり」の作者)→植物型の旧支配者ヴルトゥーム
  • エウクレイデス(幾何学の父)→黄衣の王ハスター(クトゥルフ神話ではルルイエの形状を表す際に非ユークリッド幾何学という表現が出てくる。)
とこのようにクトゥルフ神話の神性に関する何らかの要素と接点のある英雄が選ばれる傾向にある。

尚、カルデアが存在する位置はクトゥルフ神話でいう狂気山脈に位置しており、1.5部や2部の展開も合間ってかなりの厄ネタなのではないかと考察されることも。

また、タイタス・クロウ英雄コナンのような邪神達と直接対峙した英雄達はフォーリナーの適性があるのかどうかは不明である。

関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント エクストラクラス 
クトゥルフ神話 邪神 外なる神 異邦人 狂気 自我 感性 星空

ヴェルバーORTオリュンポス十二機神アステカ神話の神異星の神:同じく型月世界における宇宙からの来訪者。
黒星紅白……主なフォーリナー(XX、ボイジャー、ヴァン・ゴッホ以外)の担当イラストレーター。

夢野久作:読むと発狂すると謳われる日本三大奇書の一つ「ドグラ・マグラ」の原作者。数ある作家の中でもある意味でフォーリナーの特性に則っていると呼べる人物。

ウルトラマン:型月作品でも度々存在が示唆されているヒーロー。奈須きのこによればORTを倒しうる存在らしく、外側の存在には外側の存在をぶつけるという発想はこの流れを汲んでいるとも言える。

関連記事

親記事

エクストラクラス えくすとらくらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フォーリナー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7618338

コメント