ピクシブ百科事典

ウィッカーマン

うぃっかーまん

ウィッカーマンとは、古代ケルトに使用されていた祭器である。
目次[非表示]

概要

 ローマ帝国カエサルによって著された『ガリア戦記』や、ストラボンの『地誌』に記述される、古代ケルトの時代にドルイドが祭事に用いていたといわれる祭器。
 その見た目は「10mはあろう張り子の人形」である。
 特定の祭事のために製造され、その中に何十何百の人間家畜を詰め込むと、生贄として燃やしたとされる。

余談 

 1973年にこの信仰の恐怖を描いたカルト映画『The Wicker Man』がイギリスで製作され、2006年にはニコラス・ケイジ主演でリメイクされている。

 現在、スコットランドでは「ウィッカーマン・フェスティバル」という音楽祭で、アメリカ合衆国ネバダ州の砂漠では「バーニングマン」というイベントで、同様な張り子人形が作られ燃やされているがもちろん生贄は行われてはいない。

創作での扱い

センシティブな作品


 現在ではナイアルラトホテップの化身の1種に加えられている。

 初出は『ソウルハッカーズ』。
 その血生臭い由来からか、ドルイドを模った張り子姿の”悪霊”の最上位として登場している。 
 金子一馬によって全身バージョンのラフも描かれたが、収まりが悪いため製品版では上半身型にアレンジされた。

キャスニキ再び


 クー・フーリンの宝具「灼き尽くす炎の檻」として登場。
 ゲーム内では中身が空のウィッカーマンが暴れるという描写になっている。

【Z/X】くつろぎのウィッカーマン


 「くつろぎのウィッカーマン」として登場。

ウィッカーマン=サン


 エピソード「ザイバツ・ヤング・チーム」に登場した所属不明のニンジャ。
 死人を「歪み者」というズンビーに変えるジツや、強力なカトン・ジツを使う。

  • アルデンヌの森
 星野之宣の短編集「エル・アラメインの神殿」に収録。ゲルマン人の末裔であるドイツ兵達を襲う恐怖とは…

関連タグ

ドルイド ケルト神話 人形 偶像 
人身御供 生贄

関連記事

親記事

ドルイド どるいど

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィッカーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103

コメント