ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドルイド

どるいど

ドルイド(Druid)とは、ケルト人社会における祭司のこと。もしくはこれをモチーフとする、各種創作物における存在。
目次 [非表示]

概要

ドルイド(Druid)とは、ケルト人社会における祭司のこと。

由来は、Daru-vid(Daru がオーク()を、vid が知識を意味する)というケルトの言葉で、「オークの賢者」を意味する。

ドルイドの社会的役割は単に宗教的指導者にとどまらず、政治的な指導をしたり、公私を問わず争い事を調停したりと、ケルト社会におけるさまざまな局面で重要な役割を果たしていたとされる。

また、現在世界中にて10月31日に仮装して楽しむ祭として有名なハロウィンは、ドルイドの儀式が起源になったとされている。


しかし、文字で教義を記す事をしなかった為、その全容については不明な所が多い。

また、キリスト教とは古くから対立関係になっていた事で、熱心なキリスト教信者からは人身御供等の蛮行を行う悪魔崇拝の邪教扱いされ、ドルイドの儀式が起源となったハロウィンも「非キリスト教的祭事」として否定的に捉えられる事が多い。


ドルイドとしてはヤドリギに特別な力があると信じられており、パナケア(ヤドリギ)の巻きついたオークの木の下で儀式を執り行っていたそうである。

また、四葉のクローバー等といった希少な植物を崇拝していたという事も伝わっている。


各種創作物におけるドルイド像

現実の姿については断片的な知識しか伝わっていないが、しばしば神秘的な存在として見られてきたドルイドは、ファンタジー小説やゲームなどに多く登場してきた。

大抵はクレリック(僧侶)の一変形として扱われ、その中で描かれる像としては、金属を嫌う、自然を愛し、自分のを守るなどが特徴となっている。

代表的な人物例として『アーサー王物語』のマーリンがよく挙げられる。


職業・クラスとして扱われる作品


その他


関連タグ

ケルト

ウィッカーマン

博物誌 ガリア戦記

ファンタジー職業

ウァテス バルド(バード/吟遊詩人) 陰陽師 道士

関連記事

親記事

ケルト けると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316049

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました