ピクシブ百科事典

災禍の中心

はーとおぶめいるしゅとろーむ

災禍の中心とは、"Heart of the Maelstrom"の邦訳の一つである。
目次[非表示]

概要

Wizardryシナリオ#5。
原題は"Heart of the Maelstrom"。
1992年時点での邦題は『災の中心』、2001年からは『災の中心』と改題されている。

前作#4#3までのパターン逆転させ、ジョーク要素も多めに盛り込んだことで、半ば公式パロディと化していたのに対し、#5では初期作品の正当後継かつシリアスなシナリオにまとめられている。

一方でゲームシステム等には大幅な改変が加えられている。

1993年、原作竹内誠・作画しのざき嶺によるコミカライズ『ウィザードリィⅤ メイルストロームの彼方』(全1巻)がアスキーコミックスで発行されている。

プラットフォーム

AppleⅡ / コモドール64 (1988年)
PC-8801 / PC-9801 / FM-TOWNS (1990年)
PCエンジン / スーパーファミコン (1992年)
プレイステーション(『NAL』収録) (2001年)
windows(『NAL』収録) (2002年)

『NAL』とは、シナリオ#4『ワードナの逆襲』のクラシックバージョンとアレンジバージョン、およびシナリオ#5『災の中心』を収録したタイトル『ニューエイジオブリルガミン(New Age of Llylgamyn)』。
#1 / #2 / #3を収録した『リルガミンサーガ(LLYLGAMYN SAGA)』も参照。

システム

システムの大きな変更点としては、

…などが挙げられる。
また画面構成も大幅に改修されている。
ただし五種族職業、二系統の呪文、年齢の概念があり性別は設定されない、等々は#3までと同様で、これらの改革はさらに#6を待たねばならない。

ストーリー

舞台はシナリオ#3から数年後(諸説あり)のリルガミン
ル’ケブレスの許から持ち帰られた宝珠の力により天変地異は鎮められ、世界の終焉は回避されたかに見えた。
だがそれから数年を経て、リルガミンは再び様々な災厄に見舞われる。
賢者たちが調査考察の末にたどり着いた結論は、自然界の力のバランスが破壊され、そこに生まれたメイルシュトローム世界そのものを飲み込もうとしている、というものだった。

この事態を解決できる人物はただ一人、秘密教団ブラザーフッドの指導者・大賢者ゲイトキーパーのみである…

The GateKeeper

を着込み、ハルバードを持った白髯の人物。
ブラザーフッド教団の指導者であり、迷宮最奥の『三軸の門』にて四大元素の調和を護る賢者。
竹内誠による短編小説集『リルガミン冒険奇譚―ウィザードリィ異聞』ではこの人物の正体が(以下略)
最終決戦を前に異次元に消えたこの人物の協力がなければクリアは出来ない。

The SORN

ソーンも参照。
本作の(シナリオ上の)ラスボス。ゲイトキーパーの高弟であったが、世界を己の意のままに改変するという野心(Wizardryでは割とある動機)のために教団を裏切り、ゲイトキーパーを『三軸の門』の奥に幽閉した。

見た目は若々しいがそれは魔法によるものであるとされる(後述)。
シナリオ#4のアレンジバージョンでは、主人公のワードナに意外な形で関わってくる。

ダンジョン

上述の通り、ダンジョンの構造は従来のシナリオに比べ大型化しており、各フロアごとに際立った特徴がある。NPCの呼称はSFC版に準ずる。

B1

敷地の大部分はブラザーフッド教団の施設になっている。

  • グブリ・ゲドック(G'bli Gedook)
  • アイロノーズ(Ironose)
  • わらうヤカン(The Laughing Kettle)

B2

大きく三つのエリアに分かれており、拷問部屋、ブッバの健康温泉、地下酒場、ルドルフのスピリッツ市場などがある。

  • ルビーウォーロック(The Ruby Warlock)
  • スパークのアヒル(The Duck of Sparks)
  • ‘きぞく'ノーマン(Norman the Noble)
  • ‘はいきょうしゃ'ロブ(Renegade Rob)
  • ‘じゃあく'ロゥスレイド(Evil Roe Slade)
  • くちぎたないロン(Ribald Ron)
  • ‘どうもう'フレッド(Ferocious Fred)

B3

通路の複雑さはトップクラス。の王を祀るKAMA-KAZI寺院と、『時の失われし部屋』がある。

  • ロード・ハインマイティ(Lord Hienmitey)
  • マッドストンパー(The Mad Stomper)

B4

盗賊アジト、長い長い(本当に長い)回廊倒産した銀行、及び悪魔の部屋がある。

  • ルーン(The Loon)
  • スリのジョン(John Fingers)
  • ‘こわしや'ブライアン(Busted Brian)
  • ‘こじあけ'リック(Rick the Pick)
  • タイスティックマン(The Taistik Man)
  • ドムボゥ(Le Dombo)

B5

フロア全体がアミューズメント施設『マンフレッティーの店』になっている。華やかだが普通に死にます。

  • ビッグマックス(Big Max)
  • スナッチ(The Snatch)
  • ジェーンおじょうさま(Lady Jane)
  • カレナおじょうさま(Lady Karena)
  • レノラ(Lenore)
  • ルシアンナ・スカイ(Lucianna Skye)
  • うたひめブレンダ(La Diva Brenda)

B6

で覆われたフロア。氷のフェリー(有料)、ネプチューン井戸がある。

  • マイティヨグ(The Mighty Yog)
  • イビルアイズ(Evil Eyes)

B7

四大元素の化身たちが待ち受けるフロア。

B8

『三軸の門』が存在するフロア。最終決戦までに、B7と何度か行き来することに。

  • ゲイトキーパー(The GateKeeper)
  • ソーン(The S O R N)

B777

B7から来ることができる『地獄』。シナリオクリアに必要なイベントは何もないが、最強の装備を入手するために最強の魔物に挑むならココ。

モンスターのデザインについて

ソーンの容姿に関しては、末弥純によってデザインされたものが二通り存在している。

一方は日本国内で比較的知名度の高い、楚々とした法衣に身を包んだ女神官のいでたち(メイン画像参照)。
もう一方は赤いドレスを纏い金髪を振り乱し、頭には二本の巨大な、眼を見開きを剥き、威嚇の表情で両手を構えた青肌魔女という姿である。

若々しい肢体と整った目鼻立ちは共通しているものの、装いと表情は全く真逆ともいうべき二つの容姿が用意されたのは何故なのか。ドラゴンクエストのラスボスのように第一形態から第二形態に変身する演出なのかといわれれば、答えは違う。

変身を遂げたのはソーンではなく、ウィザードリィⅤというゲームそのものなのだ。

1990年に発売されたPC-8801版とPC-9801版(以降、この二本をPC版と表記する)から、モンスターのデザインは末弥純の担当となった。
この段階でソーンを含む何体かのモンスターが原画から新規に描き起こされたが、全体としてはFC版のⅠ・Ⅱ・Ⅲで使用された原画が流用されているものが多い。
同一のモンスターが引き継ぎで登場するなら画像の流用はむしろ自然だが、本作での使いまわしはワケが違う。
例を挙げるなら、MAGICIANCONJURERSHUGENJA、DARK WIZARDの四種は全てFC版Ⅱのエルフメイジ(Elven Mage)の流用、QUI-SANG MONKDRUIDANCIENTの三種はFC版Ⅰのレベル1メイジ(LVL 1 MAGE)の流用であり、色違いですらないのである。
他にもBLACK BATは新規に描き起こされたうちのひとつだが、昆虫であるはずのBLACKFLY、NIGHT LOCUST鳥類であるはずのRAVENまで全てにBLACK BATと同一のグラフィックが用いられているのだ。

…一応申し上げておくと、流用されているのはあくまで原画であり、解像度色数ハードウェアの性能に合ったものになっているので、画像そのものはFC版とは別である。
それ以前に、本家である合衆国のwizardryにおけるモンスターグラフィックの扱いは元々こんなものなのである。
戦士系なら戦士系、ドラゴン類ならドラゴン類で、画像は一種類ずつしか用意されていないことは普通であり、PC版の画像の扱いはむしろこれを忠実に再現したものなのだ。

事実、この段階でのソーンのデザインは角を持つ魔女のものだが、これも合衆国版のソーンのグラフィックを、いわば『直訳』したものといえる。
合衆国版のソーンには角はなく、もしくはティアラのようなものを装着しているという差異はあるが、両手の構えや威嚇の表情などは確かに共通している。

しかし合衆国と日本ではコンピュータRPGという分野の成立も、市場の事情も異なっている。ドラゴンクエストなら鳥山明ファイナルファンタジーなら天野喜孝といった絵師たちが、冒険の中で行き会う人々や立ちはだかる魔物、そして冒険者たち自身の姿を表現し、ハードウェアの性能限界に挑んだ美麗ビジュアルがあってこそ、日本市場で多くのユーザーを獲得しえたという部分が確実にある。
そんなわけで、PC版"Heart of the Maelstrom"のモンスターグラフィックの扱いは、(末弥純によるグラフィックに期待を寄せていた)日本のユーザーの目には『有り得べからざる怠慢』と映り、実際のグラフィックそのものがFC版よりは高品質なものであっただけにこの点は大きな意味を持った。

これをうけて、二年後の1992年に発売されたSFC版では大幅な画像の追加変更が行われた。
過去作からの流用も一部にはあるが、Ⅴ作中での使いまわしはなく、最弱の雑魚も含めた全種に個性的かつ魅力的な視覚イメージが与えられている(一部は共通原画からの色違いに留まるが)。
PC版では見分けのつかない盗賊系の一種であったエンチャンテッドバード(Enchanted Bard)が、インキュバス(Incubus)以上の美形モンスターになっている点も挙げておこう。

これらの措置によってウィザードリィⅤの世界全体のイメージが大きく変化し、モンスターたちの首魁にして騒動元凶たるソーンもまた、本家からの単純な直訳のデザインに留めておくワケにはいかなくなった。

こうした経緯により、日本オリジナルの解釈に基づく、『慈悲深そうな貴婦人のごとき姿』ゆえにこそ『冷酷残忍な本性』がより強調される、偽聖女としてのソーン像が新たに創出されるに到ったのである。

ちなみに、SNES版にかぎり、サッキュバス(Succubus)がVile Womanという悪魔系モンスターに差し替えられており、魔女版ソーンのデザインが用いられている(ドレスの型が変化し、生足を露出していない)。

また『NAL』ではSFC版で採用された原画を元に更に高画質に仕上げた画像が使用されているが、一部のモンスターはここで再びデザイン変更を受けている。
さらにオプション操作で設定を変更し、モンスター画像をクラシック版(PC版に準ずる)に切り替えることも可能。これによって、魔女版と神官版のうち好みのソーンと戦うこともできる。

隠しボス

本作の隠しボスは、ブラザーフッド教団の御本尊であるララ・ムームー(LaLa Moo-Moo)である。
一部で『ララ・ムームーってのはエジプト人さ!』などと噂されているが、それらしい装いをしている訳ではない。見た目は全然強そうでもなく、禍々しくもないのだが、実力は反則級。
それだけに彼(彼女?)を打ち倒せば、稀少かつ強力なアイテムを手にすることが出来る。

なおララ・ムームーと戦えるのはB1の某所なのだが、ここにはB777のテレポーターを経由しなければたどり着けない。
B777にはダークロードネザーデーモンアークデビルと、これまた強烈なモンスターが徘徊している他、wizardryシリーズの製作者であるアンドリュー・C・グリーンバーグ、ロバート・ウッドヘッド、デイヴィット・W・ブラッドリーの幽霊がNPCとして登場するという楽屋ネタも盛り込まれている。

関連タグ

wizardry / ウィザードリィ
表記ゆれ 災渦の中心
RPG / レトロゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「災禍の中心」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント