ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ロイヤルガードとは、一般的には英語で「近衛兵」「親衛隊」等を意味する言葉である。
そこから転じて、フィクションでは独自の意味を持つ用語として使用している作品がいくつか存在している。そのため、本記事ではそれについて解説する。

関連作品

STARWARS

Royal Guard


STARWARSスターウォーズ)』シリーズに登場する銀河帝国における役職の一つ。ストームトルーパーの中から厳選されたエリートが苛烈な特訓を受け、皇帝シーヴ・パルパティーンダース・シディアス)の親衛隊として、赤い装甲服をまとった者たち。フォースパイクという振動を発する武器の扱いに長けており、その名の通り皇帝自身や帝国の重要拠点を護衛することが主な任務となる。
その起源はストームトルーパーの起源であるクローントルーパーとは異にしており、映画エピソード2ではクローントルーパーが正式な共和国軍として活動を開始する以前からロイヤルガードの前身であるレッド・ガードが存在していたことが確認できる。
本来、銀河共和国元老院において最高議長の護衛官を務めるのは、元老院の下部組織として青い装甲服をまとったセネイト・ガードであったが、パルパティーンはこれを自身が個人的に組織した私兵部隊レッド・ガードへと段階的に置き換え、帝国成立と皇帝即位の宣言後は皇帝個人にのみ直属する親衛隊ロイヤル・ガードへと再編したのである。
そのためロイヤル・ガードは基本的に皇帝のみの命令に従うものとされ、ダース・ベイダーのような重臣ですら彼らへの指揮権を得るには皇帝からの特別な許可を必要とするという。
皇帝の護衛を任せられるだけあってその忠誠心は非常に高く、戦いで負傷した同僚のロイヤル・ガードに止めを刺すように皇帝から命じられた際にも躊躇なくそれを実行するほどである。ロイヤル・ガードの中にはクローン兵も数人在籍しており、少なくとも帝国時代初期にロイヤル・ガードの隊長を務めていた兵士はジャンゴ・フェットのクローンであった事が確認されている。

Undertale

RoyalGuardsを参照。

関連項目

英語

マイリトルポニー ラグナロクオンライン
ダース・シディアス ストームトルーパー

関連記事

親記事

近衛兵 このえへい

pixivに投稿された作品 pixivで「ロイヤルガード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 642529

コメント