ピクシブ百科事典

デビルメイクライ

でびるめいくらい

カプコンより発売されたスタイリッシュアクションゲーム作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

2001年8月23日に発売されたアクションゲームでのちシリーズ化される。1作目はナンバリングがないものの後にシリーズ化していったこともあり、公式にも「1」と表記されるようになっている。

元々、このゲームはバイオハザードシリーズの新作、「biohazard4」として出される予定で作られていた作品だった。しかし、アクション要素を強めすぎてしまった為に、ゲームの方向性がバイオハザートと全く異質な物へと変化。その為か、バイオハザードではない新作のゲーム『Devil May Cry』として製作・販売。

初代には、マップ切替時のドア・梯子の音や、メニュー画面のレイアウト等、初代のダンテはバイオのレオンとよく似ているなど、その名残と思われる箇所がいくつかあり、その後に出た「biohazard4」にも、「Devil May Cry」とよく似た建造物やシーン&オブジェクトが見受けられる。

なお、第1作からTVCMに力を注いでおり、今は亡き水野晴郎も金曜ロードショーを意識した雰囲気で出演している。



略称は「DMC」だが、pixivでは珍しく現時点では略称よりも「デビルメイクライ」タグの方がhit数が多い。これは「デトロイト・メタル・シティ」との混同を考えると、こちらのタグを主流にする方がスムーズかもしれない。

ストーリー

今から2000年前。強大な力を持つ魔界の帝王、魔帝ムンドゥスが大量の悪魔を従え人間界へ進攻しようとしていた。だがそんなムンドゥスの前に立ちふさがる者がいた。その名はスパーダ。彼もまた悪魔でありながら、正義の心に目覚め人間のために剣を取って戦いムンドゥスを魔界ごと封印、人間界に平和がもたらされた。

そんな話が「伝説の魔剣士スパーダ」というおとぎ話や伝説となり、彼の戦いを信じる者も少なくなった現代。だがスパーダの伝説は本物であり、その血と力を受け継ぎ悪魔と戦う男がいた。スパーダの血を受け継ぐ凄腕のデビルハンター・ダンテは、幼い頃に母エヴァを殺した悪魔を探し出して仇を討つために悪魔退治専門の便利屋「Devil May Cry」を構え、悪魔と戦っていた。

ある日の夜、事務所にトリッシュと名乗る美女が訪れる。彼女はダンテにエヴァを殺したのがムンドゥスであることを伝え、そのムンドゥスが復活しつつあり、復活を阻止してほしいという依頼を持ち掛けてきた。

ダンテはエヴァの仇を討つべく依頼を受け、絶海の孤島マレット島に降り立ち、ムンドゥスが差し向けた悪魔たちとの死闘に身を投じる。

登場キャラクター


関連イラスト

Dante
dmc1


夜はこれから
母の導き



関連タグ

アクションゲーム スタイリッシュ 初代
悪魔 便利屋 ピザ ストロベリーサンデー

神曲:ダンテの名前の由来。

シリーズ化

第一作がヒットして以来、カプコンの看板タイトルとしてシリーズ化される。コンシューマー機だけでなく、「3」と「4」はPC版が発売されている他、WOWOWでTVアニメ化され、「3」は携帯のアプリやパチスロにもなっている。これまでのシリーズ累計販売数は全世界で2000万本(2019年3月31日時点)を超える。

時系列はナンバリングタイトル5作品と2007年のアニメは同じ世界観で展開されている。ただし時系列はナンバリング順ではなくところどころ前後する。2013年に発売されたアートワーク&設定資料集である「グラフィックアーツ」の時系列と2019年に発売されたDMC5以降の時系列は異なり、現在は2019年の時系列で物語が展開している。

2013年3→1→(アニメ)→4→2
2019年3→1→(アニメ)→2→4→5

公式動画「5分でわかる『デビル メイ クライ』ストーリー」や5の小説版における描写などから変更されたことが分かる。



シリーズ登場キャラ

メインキャラ

ダンテネロ
CV:詳しくは関連項目を参照CV:ジョニー・ヨング・ボッシュ
吹き替えCV:森川智之吹き替えCV:石川界人
[DMC] ダンテ3X4
ネロ、デビルメイクライ
バージルV
CV:ダン・サウスワースCV:ブライアン・ハンフォード
吹き替えCV:平田広明吹き替えCV:内山昂輝
vergil
DMC5 V


歴代ヒロイン


主要キャラ


作品一覧

ナンバリング

作品名略称発売年対応機種
デビルメイクライDMC2001PS2
DMC2019Switch
デビルメイクライ2DMC22003PS2
DMC22019Switch
デビルメイクライ3DMC32005PS2
DMC32020Switch
デビルメイクライ4DMC42008PS3XBOX360WindowsXP/Vista
デビルメイクライ5DMC52019PS4XBOXOnePCsteam


リブート

DmC Devil May Cry」として2013年に発売された。略称はDmCD。ナンバリングは無いが5作目に当たる。色々あって続編ではなくパラレルワールドによる外伝的な作品に変更された。故にダンテ・バージル等、登場人物の名前はナンバリングと同じだが全くの別人、世界観も別世界になった。本作の全世界累計販売本数は240万本。

PVが公開された時や開発スタッフの発言に賛否が巻き起こったお騒がせな作品。

SE・HDコレクション

作品名略称発売年対応機種
デビルメイクライ3 SpecialEditionDMC3SE2006PS2、WindowsXP/Windows2000
Devil May Cry HD CollectionDMCHD2012PS3、XBOX360
デビルメイクライ4 SpecialEditionDMC4SE2015PS4、Xbox Onewindows7/ Windows8.1
デビルメイクライ5 SpecialEditionDMC5SE2020PS5Xbox Series X


アプリ

『Devil May Cry: Pinnacle of Combat』として2017年に製作が発表された。中国のゲームスタジオ「Yunchang Game」が開発したモバイル向けアクションゲームである。

派生・コラボ

アニメ

WOWOW版
Devil May Cry」として2007年にWOWOWで放送。全12話。制作はマッドハウス
ゲームのキャラクターと設定を使用しているが、シナリオは新しいオリジナルアニメ。アニメのみのオリジナルキャラクターも登場する。ゲームではあまり描かれないダンテの事務所の日常が描かれている、作品の時系列は「1」と「2」の間。

詳細はデビルメイクライ(アニメ)

Netflix版
2018年11月にNetflixにてアニメシリーズ化されること発表された。配信時期は未定。Netflixアニメシリーズ「悪魔城ドラキュラ -キャッスルバニア-」のプロデューサーであるアディ・シャンカルが製作を務める。

アディ氏は「デビルメイクライ」と「悪魔城ドラキュラ」が世界観を共有することを明かしており、これらのシリーズは「ブートレグ・マルチバース(Bootleg Multiverse)」と現在呼ばれている新ユニバースの作品として展開していくことになるそうだ。

コラボ

同社ゲームとのコラボ


他社ゲームとのコラボ

舞台

2015年には戦国BASARAとの合作「戦国BASARA vs Devil May Cry」が2019年には単独舞台「DEVIL MAY CRY - THE LIVE HACKER -」の2作が上演された。

詳細は舞台デビルメイクライ

その他

この他にもコミカライズ小説パチスロと様々な分野へ広がりを見せた。
何度か実写映画化の話もあったが中止になった模様。

関連イラスト

【UMVC3】TeamDMC
DMC


5
デビル一家??



最古のイラスト

ダンテ‥かな?



関連タグ

会社・スタッフカプコン神谷英樹三上真司伊津野英昭小林裕幸竹安佐和記
ナンバリングデビルメイクライデビルメイクライ2デビルメイクライ3デビルメイクライ4デビルメイクライ5
略称DMCDMC2DMC3DMC4DMC5
リブートDmC デビルメイクライ
派生デビルメイクライ(アニメ)舞台デビルメイクライ
DevilMayCry
武器リベリオン閻魔刀アラストル魔剣スパーダ
強化魔人化
NL・グループDMCグループ・カップリングタグ一覧
BLDMCBL
ネタダンテコッタイモッサリッシュ2様デビル名倉イ名倉ンテ
クロスオーバー(カプコン系正統派) BASARAメイクライ
クロスオーバー(その他)ベヨダン刀剣悪魔東方DMCDMCパロ
表記揺れdevilmaycry悪魔泣鬼泣


users入り

DMCDmCD

外部リンク

公式サイト
アニメ公式サイト

他の記事言語

Devil May Cry

関連記事

親記事

カプコン かぷこん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デビルメイクライ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52291846

コメント