ピクシブ百科事典

スパーダ(デビルメイクライ)

すぱーだ

デビルメイクライシリーズの登場人物、剣の名称。
目次[非表示]

概要

ダンテバージルの父。
2000年前に正義に目覚めて魔界に反旗を翻し、人間界を救った伝説の悪魔
魔帝ムンドゥスを倒し、魔界そのものを封印する。

何故正義に目覚めたのかは未だに不明であるが、少なくとも人間のために同朋を裏切ったのは覆せない事実である。人々から英雄と称されている(実際、一時期領主として統治していた島ではいつの間にか彼をとする宗教団体が出来上がっていた)が、悪魔達には(元々広く憧れの的となっていたため)今なお激しい恨みの的になっている。

20世紀に入ってから人間の女性・エヴァと添い遂げ、ダンテとバージルを儲けた。
4に至っては2代目主人公・ネロの祖父疑惑が浮上したが、後にそれが事実であると確定した。

世界観がさり気なく共有されているBAYONETTAにて、実はエヴァが魔女になる際の契約が馴れ初めであった可能性が示唆されている。

DmCDスパーダ

DmCデビルメイクライでもダンテとバージルの父である設定は変わらないが、天使だったエヴァとの駆け落ちをしたとされており、ムンドゥスの処刑で死より残酷な制裁を受け封印されている。
劇中において、顔が伏せられている。

魔剣スパーダ

スパーダと同じ名を冠した魔剣。
1作目ではダンテが使用していたが、2作目以降は彼の相棒トリッシュの武器となっている。
フォースエッジと、二つのアミュレットを合体させた『パーフェクトアミュレット』が融合する事でその姿を現す。

魔剣スパーダ



外見はフォースエッジの刀身が鎌のような片刃の剣に変化し、フォースエッジ時の刀身部分には生物的な外装が出来、その姿も相まって、真に悪魔が持つ武器という感じである。
攻撃の際に変形する事があり、スティンガーの時は槍のように、ラウンドトリップの場合は大鎌に変形する。
(しかも、変形の際はフォースエッジ時の刀身部分が伸びる)

スパーダの愛剣であり、魔界を封じる鍵であったが、『3』の終盤にてアーカムによって引き抜かれる。
(ただし、とある事情で真の姿にはなっていない)
その後、バージルが手に入れるも、ダンテとの最終決戦にて手放され、ダンテの手に渡った。
そして、『1』での魔帝との戦いの後、『デビルメイクライ』の一員になったトリッシュの武器になる。
『4』では、スパーダの状態で店の壁に立て掛けられていたが、魔剣教団への潜入捜査の為、トリッシュが事後承諾のような感じで持ち去っていった
(魔剣教団への手土産として持っていったらしく、このせいで黒幕の計画が進む羽目になる)
終盤にて、黒幕が武器として扱うも、人としての愛する心を捨てた黒幕はスパーダの全ての力を出せず、ネロによって奪還され、ダンテの手元に戻ってきた。
(実は、ラスボス戦で黒幕がスティンガーを放つのだが、よく見ると、変形していない)

関連タグ

スパーダ デビルメイクライ BAYONETTA

pixivに投稿された作品 pixivで「スパーダ(デビルメイクライ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1183

コメント