ピクシブ百科事典

スパーダ(デビルメイクライ)

すぱーだ

デビルメイクライシリーズの登場人物、もしくはシリーズに登場する魔剣の名称。
目次[非表示]

概要

ダンテバージルの父。
2000年前に正義に目覚めて魔界に反旗を翻し人間界を救った伝説の悪魔
魔帝ムンドゥスや覇王アルゴサクスを倒し、当時まだ隔たりの無かった魔界を人間界から分かち封印する。

何故正義に目覚めたのかは未だに不明であるが、少なくとも人間のために同朋を裏切ったのは覆せない事実である。人々から英雄と称されている(実際、一時期領主として統治していた島ではいつの間にか彼をとする宗教団体が出来上がっていた)が、悪魔達には元々広く憧れの的となっていたため今なお激しい恨みの的になっており、これが原因でダンテが悪魔との出合い頭に襲われることも少なくない。

20世紀に入ってから人間の女性・エヴァと添い遂げ、ダンテとバージルを儲けた。二人に剣術と二振りの魔剣を授けて以後の消息は不明。
4に至っては2代目主人公・ネロの祖父疑惑が浮上したが、後にそれが事実であると確定した。
人間に擬態した際は紫の貴族風衣装に身を包み、髪はオールバック、左目にモノクルを付け、胸元にパーフェクトアミュレットを付けている。

数々の台詞から結構な女性遍歴があったことが示唆されている。エヴァの他には少なくとも2で登場した老婆マティエ、3で登場した女悪魔ネヴァンがそれぞれ彼に付いて言及していた。更にマティエは「よく他の女と名前を間違えた」と言っており、実際にはもっといたと思われる。
この女性との巡り会わせは特にダンテによく受け継がれた。

彼の血族には以下の共通点が現れる。

  1. 銀髪碧眼、恵まれた体格と身体能力
  2. 初見の武器でも操る天才的なセンス(手に入れた魔具を振り回すのはお約束)
  3. 優れた嗅覚(人間に擬態した悪魔を嗅ぎ分けられる。良すぎるためタバコの煙が苦手)

ちなみに、ダンテとバージルが『手に入れた魔具をとりあえず振り回す』癖があるせいで、スパーダも似たような癖がある疑いがある。
(そうでなくてもフォースエッジ(魔剣スパーダ)、リベリオン、闇魔刀を持っていたという時点で信憑性がありそうだが)

アニメ版ではスパーダの弟子であるバアルモデウスが登場していた。

DmCDスパーダ

DmCデビルメイクライでもダンテとバージルの父である設定は変わらないが、天使だったエヴァとの駆け落ちをしたとされており、ムンドゥスの処刑で死より残酷な制裁を受け封印されている。
劇中において顔が伏せられている。

魔剣スパーダ

魔剣スパーダ


スパーダと同じ名を冠した魔剣。絶大な魔力を内包している。力を封じられた状態のフォースエッジと二つのアミュレットを合体させた『パーフェクトアミュレット』が融合し、スパーダの血族が揃う事でその姿を現す。

余談

世界観がさり気なく共有(BAYONETTA側のみ)されているBAYONETTAにて、実はエヴァが魔女になる際の契約が馴れ初めであった可能性が示唆されている。しかし、これはBAYONETTA独自の設定であり、デビルメイクライの公式設定ではない。また、デビルメイクライの設定ではエヴァは特殊な力を持たない普通の人間で、現時点でもスパーダとエヴァの出会いの切っ掛けは明らかになっていない。

関連タグ

スパーダ デビルメイクライ BAYONETTA バアル モデウス

pixivに投稿された作品 pixivで「スパーダ(デビルメイクライ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7746

コメント