ピクシブ百科事典

ネロ・アンジェロ

ねろあんじぇろ

ゲーム『デビルメイクライ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

ダンテの双子の兄バージルがムンドゥスに改造を施された姿。巨大な剣とがっちりとした鎧を見に纏っている。名はイタリア語で「黒い天使」を意味し、特に『神曲』地獄編第24編などにおいては、地獄の監視者また死神として詠われる高位の堕天使の名でもある。

初出はデビルメイクライ。マレット島城主の寝室にあるダンテの姿が写った鏡から出現する。ダンテより一回りほど大きい体躯に、身の丈ほどある巨大な剣を振るう。その剣技や太刀筋はダンテのもの、つまり魔剣士スパーダの流儀と酷似しているが、ダンテ曰く「俺の剣技をなぞる(まねる)のではなく、共通の流儀をベースに時間をかけて自分のものにしている」とのこと。また、腕力にかけてはネロ・アンジェロの方が勝るらしく、剣技が互角な以上は正面からの切り合いでは勝ち目が無いとダンテは語っている。
(事実、戦闘時に真正面から斬り合うと、途中で弾かれる)
他には、幻影剣や、イフリートのメテオのような攻撃もしてくる。

敵勢力の一員である一方で卑劣な真似は行わず、正々堂々とした戦いを好む。
鏡の中から現れた際も攻撃をいきなり加えてこず、戦いやすい場所で対決するために部屋の外にある庭へ来るように手招きをしている。
魔界の悪魔としては珍しいこれらの性格から、ダンテからは「ガッツがある」「掃き溜めにはもったいない」と好意的に評価されている。
その後、2度目の戦闘でダンテは仮面の取れた姿と残されたアミュレットから正体に気が付く。

デビルメイクライ3SEではバージルの隠しコスチュームの魔人化状態として登場している。

プロジェクトクロスゾーン2では敵キャラとして参戦しており、同作のPVにて、ダンテだけでなく同一人物であるはずのバージルとも戦闘していた。

関連イラスト

双子
Happy 20 years ago
ネロ・アンジェロ自分用資料その1
ネロ・アンジェロ自分用資料その2



関連タグ

DMC デビルメイクライ

pixivに投稿された作品 pixivで「ネロ・アンジェロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39690

コメント