ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

真名マナナン・マク・リールバゼット
クラスアルターエゴ
性別女性
身長172cm
体重58kg
出典ケルト神話Fate/hollow ataraxia
地域アイルランド
属性中立・善・天
好きなものボードゲーム(バゼット)、誰かの喜ぶ顔(マナナン)
嫌いなもの予定にない(バゼット)、不倫(マナナン)
ILLUST林けゐ
CV生天目仁美

本来のマナナン・マク・リールは男性神。


概要

Fate/Grand Order』に登場するアルターエゴクラスサーヴァント。レアリティは☆5。


2022年バレンタインイベント『マナナン・スーベニア・バレンタイン』実装に伴い期間限定ガチャより排出される。『Fateシリーズ』では知られたある執行者を依代とした疑似サーヴァント


同イベント内では、諸事情から「マナナンの疑似サーヴァント」としての人格と、バゼット自身としての人格が分裂してしまう事態となる。この状況を反映し、戦闘時のゲストサポートに同一性能の二人が再臨段階別で同時に出現すると言う今までにない手の込みようが見られた。


真名

ケルト神話の海神、マナナン・マク・リール

航海の神であり、同時に永遠の楽園「常若の国」の管理者でもある。ファンズという非常に美しい妖精(女神)の妻を持つ。ブリテンとアイルランドの狭間にあるマン島は、彼の所領とされる。


魔術師としても優秀で数々の魔道具の制作者であり、同時にそれらの愛好者にして蒐集家でもあった。しかも気に入った相手が現れると、それらを惜しみなく他者へと譲っている。養子である光神ルーのフラガラッハディルムッド・オディナの双剣はマナナン秘蔵の魔剣であり、中でも「色彩のマント」は広げるだけでどんな魔術でも発動するという万能アイテムだった。


非常に温厚で世話好きな神であり、人間との関わりを大切にしていたとされる。旅好きでよく地上を遍歴しており、自慢の魔法船にマン島を曳かせて遊覧して回ったという。こうした性格・経歴の差から、バゼット自身は「マナナンが自分を依り代に選ぶ筈はない」と思っていた。


しかし「優しい人ほど怒らせてはいけない」という範例でもあり、海を蔑ろにするものには一切の容赦をせず、一度怒りに火が点くと腹の虫がおさまるまで止まらず、嵐を起こしてあらゆるものを水に流して破壊するという非常に容赦のない一面を持つ。ただ怒りが治まると、一転していつもの温厚な神に戻り恨み言も残さない、まさに「海そのもの」の様にサッパリとしたところがある。


クー・フーリンの義理の祖父(光神ルーの養父)に当たり、常若の国を訪れたクー・フーリンにファンズが懸想してしまい、出ていかれてしまったことがあった。ほとぼりが冷めて反省して帰ってきた妻を赦し、以降は魔法のマントの中に隠すようになったという。しかし自分も妻一筋というわけではないらしく、人間の女性を娶って子供を成しており、その血筋を僭称する者もいた。


人物

一人称は両者とも「私(わたし)」

基本的に他作品におけるバゼットと性格は同じ。完全ではないが『hollow』の経験を含む、元の世界の記憶を有して現界しており、孔明アムールの様に主導権が依代側に譲渡されている状態。


なお初登場イベントにて、本来はイシュタルや村正同様にマナナンをベースとした人格でカルデアに現界したのだが、紆余曲折あってイベント中におけるマナナンの記憶は一旦リセットされ(曰く、英霊の座にも記録されないとのこと)、バゼットが主体の霊基に変質した。


第二再臨では、ランサースカサハ達ケルト風を思わせるボディスーツじみた戦闘服へと変化しており、髪型もかの人物に近くなる(長く伸びた髪を下向きに結っている)。


【FGO】マナナン・マク・リール〔バゼット〕


第三再臨では肉体の主導権がマナナンに移り、白いドレスを身に纏った大海原のように穏やかでサービス精神旺盛な女神へと変わる。マナナンは男性のはずなのだがいいのだろうか……なお、この服装はマナナンの言葉を意訳すると「バゼットの秘かな願望を具現化したもの」とのこと。


いずれの状態でも互いの自我は存在し、マナナンが依代では取り得ない態度を取ったり、お節介で恥ずかしい内情をバラす事もあり、その都度バゼットの意思は悶絶する羽目になっている。


能力

戦闘では、依代に合わせたルーンによる身体強化を付与した格闘術を行使する。

モーション中では、ルーンを纏わせた拳撃やアッパーカット、飛び蹴りをメインとしつつ、引き続きメイン武器の『フラガラック』を幅広い形で行使している(チャクラム型に形成して2個飛ばす、槍型に形成して投擲する、ブロック型に形成して頭上からのパンチで押しつぶす、直接掴んだ状態でパンチと同時に炸裂させる、敵の周りを取り囲んでピンボールのように衝撃を伝播させる)。


第3再臨では、マナナンの神秘的さを前面に押し出した戦法に切り替わり、アンヴァルに騎乗して体当たりする、アンヴァルで上空を駆け抜けて間欠泉を巻き起こす、上空から光の槍を投擲するなどの攻撃を見せ、フラガラックの使用法も変わっている(両手でフラガラックを押し当てて炸裂させる、円形カッター型に形成して頭上から落下させる、ビット型に形成して敵を取り囲んで衝突させる、アンヴァルに騎乗した状態で周囲に展開したフラガラックからビームを放つ)。


ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香ABBEXDEX

保有スキル

対魔力(B)本来はセイバーなどのクラススキル。魔術に対する抵抗力。詠唱が三節以下の魔術を無効化する。大魔術・儀礼呪法などを以っても傷付けるのは困難。
騎乗(A)本来はライダーなどのクラススキル。乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルである為に、生物・非生物を問わない。Aランクならば竜以外の幻獣・神獣すらも乗りこなす事が可能。
神性(B)神霊適正を持つかどうか。ケルト神話の神霊マナナンの分霊として『神性』を持つ。ただし、バゼットという人間を依代にした為、Bランク止まり。
伝承保菌者(EX)詳細不明。バゼット由来のスキルと思われる。
封印指定執行者(A)魔術協会の封印指定執行者であった、バゼットの身体に染み付いた対魔術師戦闘法がスキル化したもの。協会に封印指定されるような危険な魔術師に対抗する為の格闘術、魔術、精神性などを総合した能力のレベルを示す。
海神のルーン(EX)海神マナナンの力を以って行使される多種多様なルーン魔術。バゼット自身の不器用さにより、彼女元来の魔術を強化する指向に偏っているが、裏を返せば神の万能性が全てシンプルな破壊力へと収束する利点にも転じている。

宝具

斬り抉る戦神の剣(フラガラック)

  • ランク:EX
  • 種別:迎撃宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:1人


「伝承保菌者(ゴッズホルダー)の証明を。」

「後より出でて先に断つもの(アンサラー)――『斬り抉る戦神の剣(フラガラック)』!!」


海神マナナンから太陽神ルーに与えられた短剣。カウンターに特化した迎撃礼装であり、相手の攻撃に対し『必ず先に命中する』という因果逆転の能力を持つ。殆どの実在宝具が時代と共に失われる中、この神秘はフラガの一族が伝承保菌者として代々まで受け継いでおり、現代の当主にして執行者となったバゼットの切り札として運用されていた。その縁で元の所有者であるマナナンの疑似サーヴァントとなったバゼットは、それをより根源的かつ気軽に扱えるようになっている。


詳細は該当記事を参照。


奔り猛る戦神の剣(フラガラック・アンヴァル)

  • ランク:EX
  • 種別:迎撃宝具
  • レンジ:1~50
  • 最大捕捉:1人

センシティブな作品


「後より出でて、先に断つもの。」

「時には痛みを与えましょう!『奔り猛る戦神の剣(フラガラック・アンヴァル)』!!」


継承者とはいえ人間であるバゼットが使っていたフラガラックは、弾数一つを作成するために一ヶ月ほどの儀式を要するものであったが、本来の所有者であるマナナンはそれより遥かに簡易に、そして多様な方法で作り上げることができる。マナナンの『海の神としての性質』『海を駆ける魔法の白馬アンヴァル』を軸にした泡製のもので、波と泡の具現とも言われる白馬を海の白泡に変じさせ、それを逆光剣に錬成する。第3再臨では、こちらの宝具へと変化する。


ゲーム上での性能

史上初のカウンター状態付与宝具を持つ、上級者向けテクニカルアタッカー。簡単に言うと「宝具発動でフラガラックカウンター状態を付与、相手の通常行動(バゼットが対象となるスキル・宝具・チャージ攻撃含む)の対象になった時、行動後に宝具ダメージを与える」と言った流れ。


原作の『必ず先に命中する』という部分は再現されず、単なるカウンター攻撃に落ち着いている。「切り札/奥の手と認識されている以外の攻撃に対しては因果逆転が作動しない」という原作の設定上、どの攻撃が決定打になるか分からないゲーム上で再現するのは困難と判断されたのだろう。


宝具待機の状態が保つ1T限定ではあるが相手の行動回数分発動可能、無敵・回避等で被ダメージが0であっても行動対象になった段階で発動確定、ガッツがあれば敵の攻撃でHPが0になってもガッツ発動後に反撃発動なので、最大3発、場合によっては同じ相手に複数発叩き込むことも可能。Q耐性ダウンにより、同じ敵に当てれば当てるほど火力が増す。スキルにNP最大50%獲得・1T回避も持ち、宝具効果でターゲット集中も付与されるため宝具の安定発動もしやすい。


注意点としては、石化・睡眠・スタンなど行動不能状態の時・ブレイクスキルなどの特殊行動に対しては当然反撃は発動しない。また、この反撃でブレイクゲージを破壊することは出来ず、ゲージが残っている場合は最低でもHPが1残る。そして、このフラガラックカウンターによるダメージは宝具ダメージ扱いになるのだが、その倍率は「強力な攻撃」=全体宝具と同等


従って、一撃で出せる火力は自ずと他の単体宝具より劣る上、発動が相手の行動に依存するため、こちらを対象にしないバフスキルを多用されると折角のカウンターが無駄になってしまう。これにより「宝具攻撃で睡眠状態を付与」「宝具威力アップをつけようにもターンの終わりに永久睡眠が発動し、カウンター状態も剥がされてしまう」オベロンとの相性が敵でも味方でも絶望的に悪い


しかし、BQアップ・キャスター特攻付与等で火力を底上げ出来ることに加え、クリティカル威力アップやスター獲得と言ったクリティカル運用向けのスキルが揃っていること、前述の「ゲージブレイクが出来ない」ことも、「1ターンで実質2ゲージ分ダメージを与えられる」とも言えるため、理解して運用すれば高難易度クエストの速攻クリアに役立つ高いポテンシャルを秘めている。


関連人物

生前

クー・フーリン(槍)

かつてバゼットが召喚したサーヴァントで、当時の距離感そのままに「ランサー」と呼んでいる。

マナナンにとっては義理の孫にして、妻の浮気相手という関係。当の本人に聞いても「よく覚えてねぇんだ」としかめっ面で返してくる。とぼけているという訳ではなく、原典ではこの一件が拗れすぎた為に記憶を消去することで強引にケリをつけた為、本当に覚えていないのだと思われる。


当然、マナナンとしては完全に許したわけでもなく「なんでもあげますよ。妻以外は。ははははは、ブラックジョーク」と、なかなかに笑えないコメントをぶち込んでくる。


ディルムッド・オディナ

依代とは冬木の活動時期が10年以上違うため接点は無し。

型月のマナナンにとっては魔剣も与えた養子であり、以前より言及はされていた。息子達側から言及はないが、こちらでは第三再臨になると「略奪愛はよくないです」とストレートに言ってくる。

快活な剣の方はまぁ苦笑で済みそうだが、槍の方は胃痛&自害案件である。


ファンズ

生前の妻で、妖精あるいは女神。

先述の通り、クー・フーリンに一目惚れして浮気してしまった。


Fate/Grand Order

アンリマユ

バゼットがかつて契約したサーヴァント。相変わらず彼女の後をつけて回っているようだが、誰もその存在は知覚しておらず、バゼット自身も見守られているような感じがするとの事。


カレン・C・オルテンシア

前年度バレンタインの主役にして類友。

依代はどちらも『hollow』の最重要人物だが、実は本人同士の絡みはほぼ無かった。

今回のイベントでは散々いいように騙された為、マイルームボイスは敵意マシマシ。


藤丸立香

契約したマスター。

バゼットの側は数々の苦難を乗り越えてきた彼/彼女を人間として尊敬している。

マナナンの側も気に入ったのか、本腰を入れてもてなそうとしている。


カルナ〔サンタ〕

シナリオ中でも同類と評された、自称クラス・ボクサーのサーヴァント。

ランサーの彼とはYARIOの同僚でもあり、2022年水着イベントでも共演した。


グレゴリー・ラスプーチン

依代にとっては因縁の外道神父を依代にしているサーヴァント。

裏切られてなお、個人としての評価は結構高め。しかし、マナナンは警戒している。


関連イラスト

バゼットさんバゼット

Fate Grand Order - Bazettまだ何も知らないバゼットさん


関連タグ

Fate/GrandOrder

サーヴァント アルターエゴ(Fate)

バゼット・フラガ・マクレミッツ










以下、イベント『マナナン・スーベニア・バレンタイン』のネタバレ注意!






イベント内でのバゼットは、バゼットを元にテオブロマが作り出した模造品であった。他者に分け与えるマナナンと、封印指定執行者として奪ってきた呵責を抱くバゼットとの齟齬が生じ、完全な状態での擬似サーヴァントとは言いがたいものになっていたのだ。マナナン本人もバゼットの姿をして一度現界し、カレンはそれを危惧してマナナンにも接触したという事情があった。


終盤、テオブロマから産み出されたクー・フーリン・オルタによってテオブロマの支配を免れ自我を持った模造品であることを思いだし一度吸収されてしまうが、マナナンがバゼットと接触したことにより齟齬を埋めてようやくマナナンの擬似サーヴァントという形で再誕することができた。

関連記事

親記事

アルターエゴ(Fate) あるたーえご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2067114

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました