2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

オレの名はカルナ。クラスはサンタだがボクサーの可能性もある。
思うに、オレはサンタの門をくぐったばかりなのだろう。
自身が成長できるよう、一人前のサンタになれるよう、これからトレーニングに励むつもりだ。
よろしく頼む。

プロフィール

真名カルナ
クラスセイバー
性別男性
身長178cm
体重65kg
出典栄光のサンタクロース・ロード
地域インド
属性秩序・善・天
好きなもの【格言】蝶のように舞い、蜂のように刺す
嫌いなものタオルを投げられること
ILLUSTpako
CV遊佐浩二


概要

2020年クリスマスイベント栄光のサンタクロース・ロードに登場するカルナのサンタ版。レアリティは☆4。

第五特異点ムーンセルインド異聞帯と活躍を続ける施しの英雄・カルナが、此度は2020年度のサンタクロースに就任。

『FGO』6人目(ACも含めると+2)のサンタ鯖にして、本作初の男性サンタと相成った。
「あれ?サンタクロースって元々男じゃなかった?」というツッコミは前任者が既にしており、それゆえの人選と考えられる。

今まで「格好だけは」サンタっぽかった先達たちとは違い、カルナは真っ黒なフードローブをまとっている。
オマケに肩に担いでいるのはプレゼント袋……かと思いきやサンドバッグな上に、左手には見た事のある紋様メリケンサックさらには「聖夜を拳で切り開く!」という世紀末めいた謳い文句付き。
剣はどこいった。

だがそこは『施しの英雄』。物騒な装いとは裏腹に、プレゼントが欲しい子供たちには無償で願いを叶えてあげるサンタの中のサンタ。

人物

クリスマスという誰もが1年に1度に「プレゼント」が欲しいという願いを叶える存在がサンタクロースであり、その力を自身が持っていると知ったカルナがその役割を担うことになった。
「サンタさん、プレゼントをください」という子どもたちの願いに対し、ごく自然に「ならば与えよう」と返し、過不足なく与えるタイプのサンタ。ただし聖杯といった希少かつ使い方次第では世界を滅ぼすほど危険なものでも臆せずプレゼントしようとする。

戦闘法は槍術を使った白兵戦から一転、硬派なボクシングスタイルへ変化。セイバーだが剣は一切使用せず、宝具ですら拳である。もしかして拳士剣士をかけたのだろうか(今更気にしてもしょうがないが)。
その影響か素手で同胞たちと切磋琢磨していた頃を思い出し、武の鍛錬への純粋な熱意と向上心が前にも増して強く、ランサー時より若気があってストイックになっている。
同門の兄弟子であるアシュヴァッターマンによれば、この姿のカルナは「修行時代のカルナ」に近いと言う。
ただ、そのせいで思考が若干脳筋に寄ってしまっており、一般人には過酷な特異点の環境も「ロードワークに丁度良い」と言ってのける。

おまけに言葉足らずなところは相変わらずであり、プレゼントを配りに来たつもりなのに相手から見れば決闘か押し込み強盗にやってきたような物言いで勘違いさせてしまうことも多々ある。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香BAEXDCA


保有スキル

対魔力(A)セイバーのクラス特性。魔術に対する抵抗力。Aランク以下の魔術を全てキャンセルする。事実上、現代の魔術師では傷一つ付けられない。
騎乗(−)セイバーのクラス特性。ボクシングスタイルを獲得したことにより、セイバーでありながら『騎乗』スキルは失われている。サンタなのにソリには乗らない。ボクサーたるもの、黙って徒歩(ロードワーク)である。
神性(A)神霊適正を持つかどうか。インド神話の太陽神スーリヤの息子であることは、サンタとなっても変わらない。「サンタとは子供たちの太陽。むしろスーリヤこそサンタと言えるだろう」と食堂で淡々と語るサンタ。その後ろでカレーを食べていたアルジュナは終始「?」顔である。
ハードパンチャー(EX)拳撃の単純な威力を示すスキル。一撃で敵をKOできる必殺の拳。
フットサンタ(A)フットワークとサンタが組み合わさった驚異のスキルで、彼の戦闘スタイルの基盤となるもの。ボクシングにおける足運びの技術を示す。状況に応じた適切な間合いの取り方、僅かなスキをも見逃さない高速踏み込み、足捌きによる攻撃回避に加え、溶岩地帯や豪雪地帯など、いかなる危険地帯でも徒歩でプレゼントを確実に届けるサンタとしての歩みを可能とする。
閃光の拳(A)この姿の彼は槍を持たず、拳のみを握る。しかし、それが意味するところは決して戦闘力の低下ではない。武芸百般に通じていた師・ドローナに鍛えられた彼にとっては、徒手空拳での戦闘も慣れたものである。むしろアルジュナやアシュヴァッターマンらと共に、武の研鑽に励んでいた過去の思い出が新鮮な感覚を生み、槍の重さを引いた以上に身体を軽くしている。繰り出されるそのパンチの最高速度は光速を超え、相対したものは閃光のような拳の軌跡のみを目にする……かもしれない。それは迷いなき剣閃にも似て、即ち彼の拳はまさしく抜き身の刃の如し。「故にこそ、今のオレはセイバーなのだろう」と食堂で朗々と語るカルナ。その後ろでチキンを食べていたアシュヴァッターマンは終始「?」顔である。
施しの英雄(聖夜)(EX)スキル『施しの英雄』がサンタ仕様に変化したもの。


宝具

聖人連続拳(ウィニング・アルカプトラ)

  • ランク:A
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~2
  • 最大捕捉:1人




「ラッシュといこう。」
「フィニッシュコンビネーション、行くぞ!この連撃を以てすればノックアウトは必定!スーリヤの力よ、我が拳に宿れ!『聖人連続拳(ウィニング・アルカプトラ)』!!」

サンタカルナが繰り出すフィニッシュ・コンビネーション。
素早いウィービングで的を絞らせないようにした後、一気にステップインし左右のフックを連打、さらに右ジャブの二撃目から右にストレート、最後にアッパーでぶっ飛ばす。

用語が分からない方のために簡単にいうと、敵にどう打つのか相手に悟られないように左右に揺れながら構え、一気に踏み込み両腕で連打、強力な一撃で相手を揺らめかせた後に敵を打ち上げる。

詳細は該当記事を参照。

聖人交叉拳(グラハラージャ・サンタクロス)

  • ランク:A
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~2
  • 最大捕捉:1人


イベントのラストバトルでお披露目される第二宝具。「グラハラージャ」とは「星宿の王」の意味で、太陽神スーリヤの別名である。
このカルナがフィニッシュブローとして編み出した、一撃必殺クロスカウンターパンチ。

サンタになった途端にボクシングスタイルに開眼したことに加え、ボクシングにはクロスカウンターという必殺パンチがあることを知ったカルナが、なぜか「サンタの必殺ブローはクロスカウンターであり、だからこそサンタクロースという名であるに違いない」という結論に至ったために生み出された。

経緯こそギャグじみているが、そのフィジカルから放たれるこの技を目で捉えるのは不可能。
敵の攻撃に完璧に合わせて放たれる拳は、太陽の煌めきじみた一条の軌跡を描いて、ビームのように敵のアゴを撃ち抜く。
その様は星の聖剣の斬撃にも似ており、すなわちこれは必殺拳であり必殺剣なのである。

関連人物

藤丸立香
マスターにして毎度おなじみトナカイ。
トレーナー扱いしており、ロードワークに誘ってくる。

ヴリトラ
槍を授けたインドラの因縁の相手。『栄光のサンタクロース・ロード』では閉鎖特異点を作り、普通のプレゼントにブラックプレゼントを混入する等の妨害を行っている。

アルジュナ
いつもと違うライバルの姿に絶賛困惑中。イベント序盤ではその一方でサンタクロースになった事をちょっとだけ羨ましがっている所もある。
つまりヤツは!サンタさんになって!テンションがガン上げなのでは!

アシュヴァッターマン
カルナの現状を冷静に分析してみせたが、食堂での彼の奇天烈な言動にやっぱり絶賛混乱中。
この人もこの人で輪っかかなぐり捨ててステゴロをするので大概である。

ポルクス
神話においてボクシングを得意とする英霊。
何度か試合を挑んでいるが、シスコン兄貴の妨害にあい1ラウンドも持たずに毎回ノーコンテストで終わっている。
カルナと違い明確な剣の逸話もあるため、セイバークラスとして現界している。

ロムルス=クィリヌス
格闘技に昇華した『射殺す百頭』を扱うサーヴァントで、槍は一切使わないながらもクラスはランサー。もっとも、彼の場合は自身の存在が槍のようなものであるため、別段おかしい事でもない……はず。

アポロン
ギリシャ界の太陽神かつボクシングの創始者なので、もしタッグを組んだら最強なのでは?と一部のマスターから噂されている。

アストルフォ(剣)
クリスマスにセイバーになった者同士だが、あちらはサンタではない。

セタンタ
Arcade』のキャラクターで「本来はランサークラスで召喚された人物の、若い頃の修業時代の側面がセイバークラスでの配布サーヴァントとして実装された」といくつか共通点がある。

余談

栄光のサンタクロースロード~おまけ~



関連イラスト

施しのカルナサンタ
サンタ🎄カルナ


無題
カルナサンタ


無題
サンタカルナ



関連タグ

Fate/GrandOrder セイバー(Fate)
カルナ(Fate) サンタサーヴァント
クリスマス ボクサー

坂田金時(Fate):同じく、近い時期に大活躍していた同声優サーヴァント。

鈴鹿御前〔サンタ〕:アーケード版のサンタサーヴァント。登場としてはこちらが先。

幸福な王子:施しの英雄がサンタという着目から連想した人も。実際カルナも出自的に見れば『王子』である。なお、彼の人生観はこちらに近い。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3519555

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました