ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

カラリパヤット(英訳:Kalaripayattu)はインド南部のケララ地方発祥の古くから伝わる武術であり、名称のサンスクリット語のカルーリカが訛った“カラリ”、ドラヴィダ語の“パヤット”はともに『武術』を意味する言葉である。

代表的な流派にワダッカン(北派)とテッカン(南派)があり、出自についての伝承において、インド神話の登場人物を開祖として位置付けている。
それによるとワダッカンは維持神ヴィシュヌの化身パラシュラーマ、テッカンは『リグ・ヴェーダ』にも登場する大聖アガスティヤを祖とする。

中国拳法少林拳の発祥にまつわる伝承によれば、大乗仏教の一派である禅宗の開祖である達磨大師がインド武術を持ち込み、そのインド武術が発展し少林拳となったとされ、そのインド武術がカラリパヤットではとする主張がある。この主張は『世界格闘技ガイドブック』(1995年、新紀元社刊)などで展開されているが、この伝承における達磨大師が持ち込んだインド武術が、カラリパヤットだと断定できる描写ない。

カラリパヤットをルーツに持つとされる武術

空手

空手とかいいよね



古式ムエタイ

#フォロワーからイメージもらって格ゲーキャラ化する



少林拳

中国功夫



関連動画

カラリパヤットの紹介動画

いわゆる蛇腹剣に近いとされるフレキシブルソード、ウルミも紹介されている。


関連タグ

武術 インド
タイ/タイ王国 古式ムエタイ

関連記事

親記事

武術 ぶじゅつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カラリパヤット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64644

コメント