ピクシブ百科事典

カラリパヤット

からりぱやっと

インド武術の一つ。英訳: Kalaripayattu
目次[非表示]

概要

カラリパヤット(英訳:Kalaripayattu)はインド南部のケララ地方発祥の古くから伝わる武術であり、名称のサンスクリット語のカルーリカが訛った“カラリ”、ドラヴィダ語の“パヤット”はともに『武術』を意味する言葉である。

大乗仏教の一派である禅宗の開祖である達磨大師は、カラリパヤットの使い手であったとされている。
伝説によれば、達磨大師は仏教の布教のため、インドの武術(カラリパヤットであったかは不明だが)をアジア諸国に伝道し、その際に修行達が耐えられるようを鍛える術が記された経典である、『洗髄経』『易筋経』を与えたとされている。

そうして禅は日本東南アジア中国などに布教したと同時にカラリパヤットも伝来していったことで、ルーツとなった武術が各国に創始されたことから、アジア武術の元祖とも呼ばれている。

カラリパヤットをルーツに持つとされる武術

空手

空手とかいいよね



古式ムエタイ

カーム君とコーン坊や


画像は古式ムエタイの技が出てくる映画「トム・ヤム・クン!」登場人物のカームとコーン()。

少林拳

中国功夫



関連動画

カラリパヤットの紹介動画

いわゆる蛇腹剣に近いとされるフレキシブルソード、ウルミも紹介されている。


関連タグ

武術 インド 達磨大師
日本/日本国 空手
タイ/タイ王国 古式ムエタイ
中国/少林寺 少林拳

pixivに投稿された作品 pixivで「カラリパヤット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20287

コメント