ピクシブ百科事典

シラット

しらっと

シラット(マレー語 Silat)東南アジアの伝統的な武術。
目次[非表示]

主に、東南アジアマレーシアインドネシアシンガポールブルネイベトナムで盛んである。インドネシア語ではプンチャック(Pencak)といい、インドネシア式のシラットは『プンチャック・シラット』と呼ばれる。

曖昧さ回避


概要

拳法武器術を含む武術であり、地域によって500以上の流派があり 、組手を通じて稽古を行う。
また、精神修行の一面もあり、呼吸法瞑想などの修行を通じて精神統一を行い、集中力を養うことで「インパワー(気の力)」の習得し感覚を養うなどの練功法も存在するとされている。

シラットには「稲穂の教え」(イルム・パディ)という基本思想があり、鍛練を積むに従って
「礼節や他人への思いやりを身に付け、心豊かに生きる」ことを理想としており、
「崇高な精神と品格を備える」
「同胞を尊敬し、友愛と平和を守る」
「常に前向きに考え行動し、創造性と力強さを持つ」
「真実、公正、正義を守り、 試練や誘惑に立ち向かう」
「常に自身の言動に責任を取る」
といった「5つの誓い」が存在する。

それぞれ伝えられている土地でのアニミズム(精霊信仰)やシャーマニズムなどの土着信仰とも関わりがあり、イスラム文化圏ではイスラム教との繋がりもあるという。

シラットを行う者は「プシラット(pesilat)」と呼ばれる。

国による名称

インドネシア式

マレーシア式


日本との関係

インドネシアのオランダ植民地時代、シラットは反乱の火種になるとして、オランダ当局から禁止されていた。
復興するのは戦後独立してからであるが、実はシラットの復興には日本も関係している。
第二次大戦中に、日本はインドネシアを占領したが、その際に白人からのアジア解放を目標とした日本当局は、逆にシラットを奨励した。

さらに日本軍は簡潔で習得が容易な「近代シラット」とでもいうべき体系を作り、 広める事でインドネシア人の戦闘能力を短期間に上げることを計画した 。
そのため日本当局はジャカルタに各流派の師範を集めて統一型の制定を依頼し、その結果12のジュルスが制定され 「プンチャック(Pentjak)」という教本にまとめられた。
この時期には日本とインドネシアの武術家の交流も行われたという。

当初この体系はインドネシア人には不評であったが、戦後再びオランダがインドネシアを支配しようとした時、現地の人々が独立を求めて立ち上がった(インドネシア独立戦争)際に、近代シラットは短期間に独立軍兵士の戦闘能力を高め、戦いにおいて白兵戦術として活かされインドネシアの独立に大いに貢献した。

この頃にインドネシア語「プンチャック」マレー語「シラット」をあわせて「プンチャック・シラット」という名称が生まれたという。

また、琉球王国時代の沖縄は、後にイギリスオランダ植民地下から日本による解放を経て、マレーシアインドネシアとして独立する地域に存在したマラッカ王国と、古来から盛んに交易を行っており、後に空手の源流となる琉球古武術『手(ティー)』には、稽古法や武器術など、シラットの影響を強く受けたとされる共通点がある。

動画

インドネシア映画『ザ・レイド』より


関連タグ

東南アジア
インドネシア
マレーシア
インドネシア独立戦争
武術

外部リンク

日本プンチャック・シラット協会

pixivに投稿された作品 pixivで「シラット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27766

コメント