ピクシブ百科事典

シラット(ベルセルク)

しらっと

漫画『ベルセルク』のキャラクター。
目次[非表示]

「チェストオオアア」

概要

東方の一民族からなる暗殺教団バーキラカの首領。若い頃は武者修行に出てミッドランドの騎士やガッツキャスカなどとも刃を交えた。手足全てに暗具を隠し持っており、その四肢全てが武器になる。

作中での活躍

ミッドランドの地方の武闘大会に流浪の武芸者として登場。ガッツとの戦いで白兵戦を挑み敗北を喫する。その後、冤罪で追われていた鷹の団の追っ手として再び登場し、千人長であるキャスカに一切の反撃を許さず、一方的に制圧した。そのまま助太刀に来たガッツと再戦し、自身の最強武具『ウルミン』で中距離戦で挑んだが懐に入られ、その際に額に傷を負って退却した。その傷は今現在も残っている。

その後は、一族再興のためにクシャーン大帝のガニシュカに仕えていたが、グリフィスとの戦いで大帝が滅んだため、他のクシャーン達と同じようにグリフィスに仕えるか否かを思案しようとファルコニアに潜入していた。
しかし、再び『人で無い者』に仕える気はやはり起こらず、グリフィスの配下で一族の追放者たるラクシャスとの浅からぬ因縁から来る対立もあって、グリフィスの秘密を知るリッケルトを自身の故郷にまで連れて行くことを決める。
前述のガッツとの戦いで鼻っ柱をへし折られた経験から相応に鍛錬と精進を重ねてきたらしく、この頃には精神的にも能力的にも歴戦の手練れの風格を身につけており、同じく手練れ揃いの側近であるターパサたちと連携しての攻撃は「夜魔」「殺しの申し子」と評されるラクシャスをして「侮れない」と言わしめている。

暗殺集団の首領ではあるが有情な面もあり、女であるキャスカに対して降伏勧告をしたり、(打算や利害の一致があったとはいえ)リッケルトとエリカを積極的に助けたりしている。
部下達に黒い剣士であるガッツについて聞かれた際、ガッツに負けたことを「昔の話だ、ずいぶんと昔の」と語っていたが、長く見積もっても作中で3年ぐらいしか経っていない。きっと彼にもいろいろあったんだろう。


担当声優


中村悠一(映画版)


関連イラスト

バーキラカ本
バーキラカ裏表紙



関連タグ

ベルセルク ガッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「シラット(ベルセルク)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5797

コメント