ピクシブ百科事典

ハロウィンエリザ

はろうぃんえりざ

ハロウィンエリザとは、ハロウィンイベント限定サーヴァントの愛称。
目次[非表示]

メインディッシュね、昂ぶるわ!!

プロフィール

クラスキャスター
真名エリザベート・バートリー〔ハロウィン〕
身長174cm(身長に帽子含む)
体重44kg
性別女性
出典史実
地域ハンガリー
属性混沌・悪
好きなもの好きなお菓子プディング、赤くて熱くて刺激的な味
嫌いなものオクトパス
ILLUSTワダアルコ
CV大久保瑠美


概要

ハロウィン限定クエスト「歌うカボチャ城の冒険〜マッドパーティー2015〜」(及び2016年10月12日~26日のライト版復刻イベント)に登場するサーヴァント
キャスターへと華麗にジョブチェンジしたエリザベート・バートリー

吸血鬼カーミラのモデルになった血の伯爵夫人・・・がスキル『無辜の怪物』によって魔人化したもの・・・がたまたま拾った聖杯の欠片によってハロウィン属性を帯びたもの。もう訳が分からない
元々アイドル文化に傾倒していたものが、お城で夢見るお姫様属性まで追加したてんこもりサーヴァント

ちなみにハロウィンはもともとケルトにおける収穫祭であって今回のイベントのようなテーマパーク的なものとは一切関係がないのだが、そんな事情こそエリザベートには一切関係ない。

人物

嫌悪していたカーミラ伝説からは殆ど決別しており、一人の貴族の娘として純粋に立ち返っている。
えらくロマンスあふれるから祝い、凄くドラマティックだから花火を打ち上げ、きっと喜んでもらえると信じてカボチャのパイ(劇薬)を作るなど、乙女坂ノンブレーキエンジン全開。
マスターへの想いも純情乙女のそれとなっているため、好感度(絆レベル)が上がりやすく、チョロイン呼ばわりもされている。

ただし幼少期からエキセントリックな人物であったためか、若干サディスティックなところや悪戯っぽいところは健在なご様子。

能力

突き刺し拷問、アイアンメイデンの逸話を完全に『アタシには関係のない話』と切り捨て、槍からフォーク(魔杖?)に武器を変えたエリザベート。

バートリー家の家紋が竜である事に意味があったのか、エリザベートは隔世遺伝的に竜の因子を持ち、サーヴァントになった事でその因子が表面化している。
ハロウィンにでてくるような悪魔に見えるが、その角と尻尾は竜のもの。八重歯吸血鬼の牙ではなくドラゴンの牙らしい。竜種の特性として魔力はありあまっている(竜種の心臓は一種の魔力炉であり、動いているだけで魔力を生成する)ため、特に魔術を習わなくても魔力放出によって攻撃魔術を行える。その辺は「hollow ataraxia」のと同じか。
本人はその理屈がまったく分かっていない。ありあまる才能を秘めているが、その使い道をまったく分かっていないのがエリザベートらしい。

また、パラメーターは魔術師のクラスなので他のクラスのものより大幅に下がっている。
何故ランサーの時より魔力が下がっているのかは謎だが、普段と違い魔力を積極的に攻撃に使用しているのに魔術知識がなく、エネルギー出力でゴリ押ししているが故なのかもしれない。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香DDDBCD


スキル

無辜の怪物(EX)本人の意思に関係なく、風評によって真相を捻じ曲げられたものの深度を指す。聖杯の力でフェスタの主催者となったエリザベートは、もはやハロウィンそのものと言っても過言ではない。たぶん。
魔力放出(かぼちゃ)(A)武器・自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出する事によって能力を向上させるスキル。ハロウィンエリザの武器や魔術にはカボチャの精が宿っており、祭りの喧噪がある場であれば一流の魔力放出と同じ効果を発揮する。しかしそのカボチャの精もエリザベートの魔力があって初めて実体化するもの。カボチャが先か、エリザベートが先か。
出演続行(A)戦闘続行が変化したスキル。主役として復活するため、クリティカル・スターがついてまわる。
陣地作成(B)キャスタークラスのクラススキル。魔術師として自らに有利な陣地「工房」を作る能力。聖杯の力があったとはいえ、監獄城チェイテを享楽城に作り変えたデザイン力は驚嘆に値する。
道具作成(A)キャスタークラスのクラススキル。魔力により様々な道具を作り上げる能力。ヴラド三世やタマモキャットの協力があったとはいえ、大量のパーティー用品を作り上げた生産力は称賛に値する。あとは歌のセンスさえあれば……


宝具

鮮血特上魔嬢(バートリ・ハロウィン・エルジェーベト)

ハロウィンエリザベート


  • ランク:E-
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:3~60
  • 最大捕捉:1000人
ハァイ☆とっておきのスペシャルコラボよ!ウサギみたいに飛び跳ねてねっ!

エリザベートがその生涯に渡り君臨した居城・監獄城チェイテを召喚し、己を際立たせる舞台(ステージ)とする宝具。一部、名前に変化はあるが内容は特に変化していない。次の鮮血魔嬢が期待される。

所謂ハロウィンバージョンだが、演出もエリザベートの衣装とセリフが異なるだけで何ら変わらない
だが、魔力放出(かぼちゃ)と組み合わせて全体的に強化できる上、キャスタークラスゆえにArtカードが三枚あることからNPチャージが早く発動しやすいなど、総合的な使い勝手等は強化されている。

ゲーム内での種別は「Buster」。効果は「敵全体に強力な防御無視攻撃&呪い付与(3ターン)」。

関連人物

タマモキャット
万能メイドの触れ込みで手伝いに来た流しのサーヴァント。
雇ったらホントに万能で驚いた。以後割と頼れるフレンド枠。

カーミラ
聖杯の力でこき使った未来の自分。基本嫌悪対象だが、気持ち的には決別したためかランサーの時ほど嫌悪はない。精々気に入らないから虐める程度。

ヴラド三世
彼だけ「ヴラドおじさま」と若干好意的。カーミラ伝説と吸血鬼伝説に関連性があるためでもあり、実は親戚でもある。
ちなみに彼からもまるで娘を見るように優しい眼差しを向けられている。

清姫
相変わらずの喧嘩相手。本イベント中は始終「ドラバカ(娘)」呼ばわりされる。

サンタオルタ
お祭り系サーヴァントとして目の敵にされている。
クリスマスも好きなエリザベートにはなぜ狙われるのか分からない。

ゲームでの性能

ランクは☆4(SR)、同ランク内ではバランスの摂れたステータスをしており、HPも10,000を超えてくるので存外に打たれ強い。またキャスターとなっても「出演続行」の恩恵で土壇場で粘れるため、しぶとさは同格の中でも一級品。「無辜の怪物(EX)」自体の性質が変質(HP回復+3ターンスター獲得状態)しているので、とにかく粘る。
ランサー時代と比較するとスキルによる直接的な支援ができない代わりに自力でHPを回復できるために場持ちが非常によく、やけど付与やスター獲得による間接的な支援を得意とするある意味キャスターらしいスキル構成となっている。
攻撃性能も「魔力放出(かぼちゃ)(A)」の恩恵でBuster性能がUP出来、宝具性能を底上げ可能。
カードバランス自体は《Quick:1/Arts:3/Buster:1》と真っ当にキャスタータイプ。

宝具は上述通り。呪いの効果ダメージはオーバーチャージで補強されるため、事前に「魔力放出(かぼちゃ)(A)」を使用すればバステの重ねがけで削りダメージが1,000を超えてくる。
Artsチェインが自前で組める上に、ExtraAttackもArtsを一枚目に持ってくれば自力でNPを20%前後回収できるほど高性能の為、宝具の連続解放やオーバーチャージも難なく達成可能。

設定こそカオスで荒ぶっているが、その実かなり実用性の高いサーヴァントと言える。
変な運用さえしなければしっかりと育成に見合った成果を残してくれるのでしっかり育てよう。
特に場に居座りながらスターをばら撒くという特性は、クリティカルアタッカーのサポーターとしてかなり有能な資質で、便利屋として起用されるアンデルセンと並んでスター供給役の有力候補としてよく引き合いに出される。

こうした「頑張ればレアリティ相応の強さになる配布キャラ」という性質は、のちのち登場した限定イベントサーヴァントたちに反映されている。

関連イラスト

ハロウィン
バートリ・ハローイン


Elizabeth Bathory
ハロウィーーン!



余談

ハロウィンイベントによるイロモノ系クラスチェンジであるが、エリザベート・バートリーには生前黒魔術のような儀式を行っていたという記録がある。監禁していた娘達を生贄に捧げたり、薬草を使った妙薬を作っていたらしいが、目的はあくまで美容だったとの事。ただし生前の彼女の行いは誇張されている事が多いため真偽のほどは不明。

関連項目

Fate/GrandOrder サーヴァント キャスター(Fate) 

ランサー(Fate/EXTRA-CCC)

ハロウィン 魔女

pixivに投稿された作品 pixivで「ハロウィンエリザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1041638

コメント