ピクシブ百科事典

アルテラ・ラーヴァ

あるてららーゔぁ

アルテラ・ラーヴァとは『Fate/EXTELLA』シリーズに登場するセイバーのサーヴァントの一人『アルテラ』の別形態である。
目次[非表示]

「まだまだ頼りなく見えるかもしれませんが……私……ちょっぴり手ごたえを感じています。ふふ……生意気ですか?」

概要

Fate/EXTELLA』にて遊星の欠片をアルテラとの命令系統のみを断ち切る形で破壊したことで巨神の崩壊後に電脳体の核から再生を果たした存在。
容姿・発言ともに幼い少女のものとなり、遊星由来の文明の破壊・蹂躙といったアイデンティティを喪失したためか『いい文明』『わるい文明』というものを再学習しようとするような節が見られる。

いい文明?わるい文明?


…お料理は、いい文明。わるい文明?

ただし、記憶自体は失ったわけではない上、かなりの負荷がかかり長くは維持できないものの強引に元のアルテラの姿に戻ること自体は可能。その際は、かつてと同じような口調となる。

Fate/EXTELLA-LINK』において、ストーリーにおける戦闘時は元のアルテラの姿となっていたもののDLCにてこの形態もプレイアブル化し、同時にこの形態の名称がアルテラ・ラーヴァであることが明かされた。(それまでは少女アルテラ、ロリテラ、アルテラ・リリィなどと呼ばれていた。)

ちなみにラーヴァとは、英語で『幼虫』の意味を持つ。

宝具

妖精の翅 泪の星(フェアリィスノウ フォトン・レイ)

  • ランク:不明
  • 種別:不明
  • レンジ:不明
  • 最大補足:不明

少女の姿としてのアルテラ・ラーヴァが使用する宝具。
その背に妖精の翅のような形をした虹色の光――アルテライト・セルを展開しつつ宙へと舞い上がり、「軍神の剣」を構えて飛び回る。
まだまだ未熟なためか着地時に踏みとどまれずよろけるような動作をする。かわいい。

人間関係

岸波白野
巨神アルテラ本人を一人の人間として捉え、最終的に救ってくれた人間。
ある意味では親のような存在であるためか、「おとうさん/おかあさん」と呼んでいる。

赤セイバー
キャス狐
幼女となったアルテラを教育する母親役。
EXTELLAのエピローグでは、主人公を巡って料理対決をしようとするが、上記の「お料理は~」のセリフと共に現れたアルテラが二人が用意したごちそうを食べたそうにしているのを見て、「お腹をすかせた子供には勝てない」と降参しており、双方ともにかわいがっている模様(また、これにより、エピローグはお約束の修羅場ではなく、親子4人の和やかな食事シーンで終わっている)。
直伝と称して『花散る天幕』『呪相・氷天』らしき技を使用する様子から見るに、師匠的な関係でもある様子。

関連イラスト

Artilla lily
アルテラ・ラーヴァ!



関連タグ

Fate/EXTELLA サーヴァント セイバー(Fate)
ヒロイン 幼女
男主テラ / 女主テラ

関連記事

親記事

アルテラ(Fate) あるてら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルテラ・ラーヴァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2476

コメント