ピクシブ百科事典

アルジュナ

あるじゅな

アルジュナとはインド二大叙事詩の一つ『マハーバーラタ』の登場人物。
目次[非表示]

誘導分岐

アニメ作品の名前→地球少女アルジュナ
この人物をモデルにした、Fateシリーズのキャラクター→アルジュナ(Fate)

概要

呪いのため女性に近づけない夫王パーンドゥのために、二人の后が神々のマントラ(真言)の力で授かったパーンダヴァ五兄弟の一人。
アルジュナの母は第一王妃クンティーで、父親はインドラである。

クンティーはパーンダヴァ以前にも同じ方法でスーリヤからカルナを授かっている。
この異父兄は宿敵として、アルジュナの前に現れることになる。クリシュナの親友であり、彼自身も武勇に優れた戦士である。

しかし『マハーバーラタ』で繰り広げられる、親類縁者同士でも戦わなくてはならない争いに悲しみ、一度はクシャトリア(武人カースト)としてのダルマ(義務)を疑う。

ヒンドゥー教の聖典『バガヴァッド・ギーター』は、それでも迷いの最中にあるアルジュナに対しクリシュナが答えたものである。

対話の最中にクリシュナが顕現させた、ヴィシュヌとしての本性と神威に圧倒されたこともあってか、殺生自体に迷っていた筈のアルジュナは一転、戦士としての義務を遂行していくと決意する。

武芸の中でも特にの名手であり、炎の神アグニから「チャンドラダヌス」と無限の矢筒を、破壊神シヴァからは「ガーンディーヴァ」と矢「パーシュパタ」を授けられている。

関連タグ

マハーバーラタ
カルナ

pixivに投稿された作品 pixivで「アルジュナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5577698

コメント