ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

インド叙事詩マハーバーラタに登場する英雄達の名称で、当物語の主人公格。


名称は「クル王パーンドゥの子供たち」という意味だが、実際は彼の妻であるクンティーやマードリーが神々との間に儲けた子である(パーンドゥが女性に近付けない呪いを受けていたため)。実はカウラヴァ側のカルナも彼らの実の兄弟だが、育ちの関係上でパーンダヴァにはカウントされない。


ドラウパディーという女性が5人共通の妻となっている。これは競技大会でドラウパディーを娶ったアルジュナが母クンティーへ報告に行ったところ、事情を知らなかった彼女から「貰ったものは兄弟で等しく分けなさい」と言われたため、話し合いの末に5人共通の妻とするのはどうだろうと提案した為である。

なお、このドラウパディーの花婿選びの一件でドゥルヨーダナの恨みを買ってしまったことから5兄弟は策略によって全財産を奪われ、王国を追放されて12年雌伏の時を過ごし、後に王国の回復のために大戦争を起こす。これが『マハーバーラタ』の主題になる。


彼らの兄であるカルナがクル・クシェートラの戦いではアルジュナ以外の兄弟を殺さないと母に誓いを立てた為にユディシュティラからサハディーヴァは生存、アルジュナもカルナを討ち取って戦いに勝利した。戦後、彼らは死に場所を求めてヒマラヤ山脈で没したと伝わっている。


名称父親備考
ユディシュティラ(尼:プンタデワ)ダルマ法の神を父に持つだけあり、公明正大な権力者の鑑。優れた槍使いにして戦車乗りでもあり、彼の高潔さに戦車すら宙を飛んだと言われる。
ビーマヴァーユ該当項目参照。
アルジュナインドラ該当項目参照。
ナクラアシュヴィン双神世界で最も美しいとされ、剣術に優れる。また、馬の飼育にも長けていた。
サハディーヴァアシュヴィン双神ナクラの双子の弟で同じく剣術使い。牛の飼育や学問に優れていた。インドネシアのワヤンにおいてはドゥルガーに豹変したパールヴァティーを元に戻している。

パーンダヴァの使用する武器

使用者武器
ユディシュティラ弓、サリヤ王殺しの槍
ビーマガダ(棍棒)、弓
アルジュナガーンディーヴァ(弓)、各種アストラ
ナクラ弓、剣
サハディーヴァ弓、剣


関連人物

  • クリシュナ:協力者。アルジュナの親友。
  • カルナ:実の兄弟だが、カウラヴァ陣営。
  • ドゥルヨーダナ:カウラヴァ陣営の中心人物で、彼らが最も憎む存在。
  • アシュヴァッターマン:カウラヴァ陣営。パーンダヴァ・カウラヴァ及びカルナの武術教官ドローナの息子で兄弟弟子。
  • クンティー:クル王の妻(第一妃)。カルナ、ユディシュティラ、ビーマ、アルジュナの母。
  • マードリー:クル王の妻(第二妃)。クンティーの妹で双子の母。

関連記事

親記事

マハーバーラタ まはーばーらた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42112

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました