2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

駒姫(Fate)

こまひめ

ゲーム『Fate/Grand Order』におけるイベント「ぐだぐだ新邪馬台国」の重大なネタバレを含んでいます!!未プレイ及び未クリアの方はご注意ください!!
目次[非表示]

※以下、ネタバレ注意

本タグは実質ネタバレタグ(及びネタバレ回避のためのマイナス検索タグ)であるため、あくまで「駒姫の姿」を描いたもののみに使用し、「もう一つの姿」を描いたものにむやみやたらと付与しないようにお願いします。(ネタバレ防止の意味が無くなります。)






概要

利休


期間限定イベント『ぐだぐだ新邪馬台国』に登場するサーヴァント千利休」のもう一つの真名。
第3霊基ではセイントグラフがこちらに変化し、身体の主導権も彼女に移る。

プロフィール

真名駒姫千利休
クラスバーサーカー
性別女性
身長132cm
体重132kg
出典史実
地域日本
属性混沌・悪・人
好きなもの琵琶を弾く事
嫌いなもの苦い物(抹茶など)
設定担当経験値
ILLUST経験値(原案)、色素(FGO)
CV園崎未恵


真名

安土桃山時代大名最上義光次女駒姫
関白豊臣秀吉の跡目を巡る問題に巻き込まれて理不尽に命を奪われた悲運の姫君
秀吉のである豊臣秀次に嫁いだ直後に謂れのない罪に問われた秀次に連座…つまり関係者として諸共に処刑される憂き目に遭い、他の秀次関係者と同様に遺体はぞんざいに葬られた挙句に「秀次悪逆塚」(後世の軍記物では「畜生塚」)なる碑を建てられて貶められ続けるという当時の価値観でも非道すぎる所業を受けた。

しかも、その時の彼女は側室として嫁ぐことになって京の都に到着したばかりであり、他の正室や側室と違い、秀次と会うどころか顔すら知らず、実質的には側室ですらないという状況だった

「太閤記」によれば父の義光が必死で助命嘆願に廻ったことで、各方面からも処刑を止めるよう声が上がり、流石の秀吉もその事情を聞かされて駒姫の処刑を取り止めるよう早馬を出したが間に合わず、既に三条河原で処刑された後だったという(この助命の下りに関して「最上義光歴史館」は後世の創作と否定している)。

享年15歳という、あまりにも若く悲劇的な生涯であった。

罪をきる 弥陀の剣に かかる身の なにか五つの 障りあるべき(人は生まれながらに五つの罪を持っているとされるが、これから切られる自分は一体どんな罪があるというのだろうか?)

最期に残した辞世の句には、何の罪もない自分が理不尽に命を奪われる事への、只々無念と怨みが込められていたのだった…

彼女がサーヴァント・千利休と融合しているのは、暴君と化した豊臣秀吉によって理不尽な最期を遂げた者同士という共通点があり(史実では彼女が嫁いだのは父・義光や夫・秀次の思惑によるものとされ秀吉は直接的には関わりないが)、この両者を代表とする被害者の怨念が習合したサーヴァントとして成立した為。
特定の人物・一族に対する怨念の集合体という点では平景清と類似している。

なお、本来サーヴァントとして成立しえないか弱い霊基の存在として作中では語られているため、明言はされていないが英霊ではなく幻霊の分類だと思われる。

人物

精神は通常は利休をベースにしつつも、駒姫のものも別個に宿している。

特に利休の意思は習合された数多の無念に同調・共感した事で、元々個人的なレベルだった憎悪が極限にまで増大。もはや豊臣に留まらず、クコチヒコによる狗奴国の神を召喚する計画に乗じて常世全てを冒し滅ぼさんとする狂気の怨霊へと成り果てていた。
クラスがアヴェンジャーではなくバーサーカーとなっているのもそれ故であろう。

正体が判明する以前から表情差分の恐ろしさが話題になっていたが、本性を表してからは嘲りの笑みを浮かべながら怨敵に連なる者達を苦しめる悪鬼の如き振る舞いを見せた。

ただ、駒姫自身は生前の恨み辛みはあれど、それはそれとしてと一応は割り切れる強かさを持っているなど、意外とポジティブで陽気。そのため、彼女が表層化しているときは穏やかで少しお茶目な少女そのものになる。

マイルーム会話では生前とは大きく異なる現世の文化にも興味を示している。また、自身の体型を気にしている節があり、三蔵ちゃん卑弥呼のようなスタイルに憧れている模様。
またかなりノリも良く、基本的には真面目なのだが、ボケからツッコミまで一人でこなし、ノリツッコミも繰り出すなど結構ないじられ体質。ただし、怒らせると怖い。利休が素足で逃げ出すくらい怖い。

因みに、一体化している利休から茶湯を習ってはいたようだが、実は駒姫自身は甘党で苦いお茶が大の苦手。
その腕前は利休同様茶の道に精通している(筈)のノッブですら『逆にどうしたらここまで不味くなるのかってレベルに不味い』とバッサリ言い切る程にゲキマズらしい。実際、最初にノッブが飲んだ茶も砂糖が大量に混入され、もはや半固形化したゲキ甘の茶だった。

その為、現代の世では苦くない甘い茶である抹茶ラテを気に入ったらしく、カルデアに来てからはよく飲んでいるらしいのだが、利休の方は抹茶ラテを認められず、それが理由でぐだぐだな事件を起こしてしまう事に……(という名目で実は……)

宝具

一期一会(いちごいちえ)

  • ランク:C
  • 種別:結界宝具
  • レンジ:1
  • 最大捕捉:1人


「利休様、出番にございますよ。」
「人の業を、世の無常を、みな黒へと帰し、沈めましょう。全てを我が掌中に――『一期一会(いちごいちえ)』

駒姫状態では演出が大きく変化し、駒姫が持つ茶器の中で敵が光と共に血の海に沈んでいくという「千紫万紅・神便鬼毒(血の池地獄版)」とも言うべき様相となる。

宝具演出では微笑みと血涙の2種類、使用時のカットインにも3種類の差分がある。

人間関係

生前

最上義光
実の父親。
娘との関係は良好だったらしく、惨い死を知ってからは豊臣を憎むようになり東軍に組した。

釈妙英
実の母親。
父親同様駒姫を娘として愛しており、駒姫が嫁ぐために京へと旅立つ直前まで駒姫の身を案じ続けていた。そして、駒姫が処刑された事を知ると、哀しみの果てに彼女の後を追うように亡くなったと言う。ファンの間では、物語終盤の「私(わたくし)の娘」という利休の発言から、利休の集めた怨霊の中に混じっているのではとも解釈されている。

伊達政宗
従兄弟(義光の妹の子)。
義光とは仲が悪かったが、駒姫の一件を知った際にはさすがに同情していた。

豊臣秀吉
自身を死に追いやった存在。彼に対してどういう感情を抱いているかはあまり明らかになってない。尚、一説によれば、秀吉はまだ側室になっていない駒姫を処刑するのは流石に不味いと思ったらしく、処刑の中止を命じたのだが、後一歩遅かったと言われている。

茶々石田三成
秀吉の妻と重臣。劇中では和解した二人に(恐らく土下座で)謝罪されたが、彼らに対する恨みは薄いとして許した。

豊臣秀次
夫になるはずだった人物。東国一の美女とされた駒姫の噂を聞き、幾度も求婚を申し付けていた。駒姫本人は、故郷を離れ、両親と別れる事に寂しさは感じていたが、一方で側室となる事に関しては『関白秀次様の側室となれば、日の本に並ぶ者なしの果報者である』と前向きに捉え素直に受け入れていた。
もし、豊臣秀頼が生まれず、あの悲劇が起こらなかったら、秀次の側室として寵愛され、幸せな人生を送ることが出来ていたのかもしれない……

Fate/Grand Order

藤丸立香
契約したマスター。
初対面時から気に入ったのか、かなり距離感が近い。

千利休
自身と同化した英霊。茶の湯の師匠でもある。
弱き者の代弁者として怒り、駒姫自身がサーヴァントとして成立するキッカケとなった事に感謝している。
茶の席は窮屈で苦手だと話した際に慌てて『利休先生の茶の席は別です!』と弁明したり、あまりにもしょうもない理由で事件を起こした際は盛大にブチ切れて彼を震え上がらせたりと、霊基を切り替えて漫才のようなやりとりをしつつも仲良くしている。

ノッブ
利休がかつて茶頭として仕えていた人物。駒姫がまだ幼い頃に本能寺の変で亡くなっている為当然面識はないが、事件後にカルデアで駒姫が点てた茶を飲み『不味い』とバッサリ言い切った事に『この方、地獄に送ってもよろしいですか?』とブチ切れていた。
因みに、駒姫の父である最上義光は信長から兜を賜った事があるなど、交流自体はあった。

壱与
年齢(?)が近いためかイベントで共演したためか仲が良い友人となっている。
一見陽気だが根がネガティブな壱与と、一見して暗いが意外とポジティブで陽気な駒姫とは対照的な人格だといえる。

余談

  • 「体重」について

利休/駒姫の体重は132kgと小さな体躯に反して異様に重く、「ドラえもん(身長と体重が同じ)」とか「利休(=駒姫)+後ろにいる化物(=利休?)の体重ではないか」などと言われる中、
「駒姫と一緒に殺された人達の首の重さ」
という悍ましい説も挙がっている。
※人の頭一つの重さを4.5kg、駒姫を含め「畜生塚」に放り込まれた犠牲者が30人と仮定すると、4.5×30=135kgとほぼ一致する。

  • 「首」のチョーカーについて
死後のエピソードに「首」が大きく影響している故か、本性を現した際の姿では首に赤いチョーカーを巻いている。
それが人によっては背景の暗さ(本性をあらわにした時には薄暗い洞窟の中にいた)も相まって首が浮いてる状態にも見えてしまうとか。事実モーションの中にはそこから血が漏れ出る様なものもある。

  • 彼女の正体に関する伏線
プレイアブルキャラとして実装された千利休が「第三再臨が封印されているサーヴァント」である他、イベント後半で明らかになった彼女の立ち絵(おそらくは隠された三臨の絵)で手にしている琵琶に「丸に両引」「竹に雀」と言う最上家を連想させる家紋が刻まれていた。また第二再臨で利休が羽織っていた着物は現存する駒姫の物である。

  • 和製ケルヌンノス
殺された後、死体まで地下で(ぞんざいに)封印されてしまったこと。初登場したイベントにおける豊臣秀吉の生前の描写に既視を覚えた者が居る事。そして何より、エピローグで千利休に対して見せた彼女自身の性格から一部では彼女を和製ケルヌンノスと呼ぶプレイヤーも確認された。(更に呪いを付与する効果の攻撃手段を持っていることやクラスなども同じである)

関連イラスト

椿落つ



関連タグ

Fate/GrandOrder
ぐだぐだ新邪馬台国
千利休(Fate) バーサーカー(Fate)

関連記事

親記事

千利休(Fate) せんのりきゅう

pixivに投稿されたイラスト pixivで「駒姫(Fate)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「駒姫(Fate)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 545962

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました