ピクシブ百科事典

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Fate)

にだいめだゔぃんちちゃん

『Fate』シリーズに登場するサーヴァント。本項ではそのロリ形態を説明する。
目次[非表示]

プロフィール

真名レオナルド・ダ・ヴィンチ
クラスライダー
性別女性
身長
体重
属性混沌・善
出典史実、Fate/GrandOrder
好きなもの
嫌いなもの
Illust
CV坂本真綾


概要

星に願いを


第二部『Cosmos in the Lostbelt』序章にて消滅したダ・ヴィンチちゃんが、その不測の事態に備えていたことにより、新たに主人公のサポートをすることになったロリ姿のダ・ヴィンチちゃん。
虚数潜航艇シャドウ・ボーダーのナビゲーターと制御AIを兼ねており、普段はシャドウ・ボーダーのシステムとして一体化し、必要に応じて実体化している。

ファンの間による愛称は「チヴィンチちゃん」「ロリンチちゃん」等。容姿の変化については当人曰く「天才だからいつまでも同じ姿なわけがない」とのこと。


ホームズは元のダ・ヴィンチがスペアボディ兼シャドウ・ボーダー用の制御端末として作った人工サーヴァントだと語っており、戦闘能力を始めとする万能さはオリジナルに比べて劣っている模様(本人は「若い身体の方が徹夜もしやすい」とあまり気にしてはいないが)。

ダ・ヴィンチの記憶をバックアップしてはいるものの、主人公たちカルデアの一同を「記録として」は留めていても「実感を伴う記憶」としてはまだ認知出来てはいない。
初登場時に「初めまして、と言うべきかな?」と挨拶しており、自身も初めて会ったという認識を示しているので、これまでのダ・ヴィンチちゃんとはあくまでも別個の存在であるようだ。

ただし、記憶に関しては直前の状況まで引継ぎをしているようなので、やっぱりどこぞの人形師と同じじゃないだろうか。
因みにこのスペアボディの経緯は、幕間の物語2で語られている。


弱体化しているという事からバトルキャラとしての実装はされていなかったが、なんと『Fate/GrandOrderArcade』にて2018年12月23日から本編に先駆けて実装された。
レアリティは☆4で、クラスはシャドウ・ボーダーを制御するという役割と、かつて言及していた適正からライダーへと変化した。

なお、ガチャではなく、期間内に条件を満たす事で入手できるという配布サーヴァント的な扱いとなっている。
このため、『Grand Order』ではイベント配布サーヴァントとして実装されると予想される。

能力

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香


スキル

スキル名備考
騎乗(B)乗り物を乗りこなす能力。Bランクで魔獣・聖獣ランク以外を乗りこなすことが出来る。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない
陣地作成(C)魔術師として、自らに有利な陣地「工房」を作り上げる。本来はキャスターのクラススキルだが、元のダ・ヴィンチが持っていたものをそのまま引き継いだ形である。ただしランクはAからCへと下がっている
道具作成(A)魔力を帯びた器具を作成可能。Aランクとなると、擬似的な不死の薬すら作成可能。発明においても天才だったダ・ヴィンチなら納得のAランクである
黄金律(体)(EX)女神の如き完璧な肉体を有し、美しさを保つ。元のレオナルドは自らの肉体を女性(モナ・リザ)として「再設計」する際にこのスキルを意図的に獲得した
アクセルターン(B)詳細不明
オーバーホール(B)詳細不明


宝具

境界を超えるもの(ビューティフル・ジャーニー)

  • ランク:B
  • 種別:対界宝具


プロト・ボーダー、論理術式大展開!

呼び出した小型戦車「プロト・ボーダー」の主砲で攻撃する。
機体は小さいが、砲弾の破壊力は確か。

ネコ耳の付いた独創的な車体は以前見せた「バステニャン」の系譜を彷彿とさせ、大砲のデザインは当時ダ・ヴィンチがデザインしたとされる「回転式大砲」のスケッチを現代式にアレンジした物となっている。

関連イラスト

ダヴィンチちゃん
ダヴィンチちゃん


ダヴィンチちゃん
ダヴィンチちゃん



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント ダ・ヴィンチちゃん ライダー(Fate)
虚数潜航艇シャドウ・ボーダー Cosmos_in_the_Lostbelt
ロリ化 アバター 分身 戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「レオナルド・ダ・ヴィンチ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 918256

コメント