ピクシブ百科事典

パラドックス

ぱらどっくす

パラドックスとは、『劇場版遊戯王~超融合!時空を超えた絆』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

数学、哲学における論理概念の一つのパラドックスについてはパラドクスを参照。

CV.田村淳 (ロンドンブーツ1号2号)

一見正しいように見えた今の攻撃、だがそれは大いなる間違い

人物

劇場版 遊☆戯☆王 〜超融合!時空を越えた絆〜』に登場する未来からやって来た決闘者
自身の住む未来では世界が崩壊しており、その原因がデュエルモンスターズにあると考えた為、創始者であるペガサスを抹殺してデュエルモンスターズの存在を消去しようと企む。
変形する巨大なD・ホイールを駆り、「Sin」と名のついたカードを使用する。

大体パラドックス


↑こんなのに乗って颯爽と不動遊星スターダスト・ドラゴンを奪っていきます。

キャラクター発表当時は奇抜なデザインと芸人声優起用のため、ファンからの期待は殆どなく、
寧ろ、何故そんな声優を当てたのかと反感の声も少なくはなかった。
しかし、実際に公開されると意外にもその生い立ちの不遇さや名(迷?)演技、
そして非常に人気の高い作監の加々美氏による数々の指芸や顔芸により一部の遊戯王ファンから熱狂的な支持を得た。
顔芸に関しては最近が出来たみたいだ。

名前の由来は『過去・未来の改変が現在の自分や周囲の存在に矛盾を与えてしまう』という概念『タイムパラドックス』。

劇中での活躍

5D'sの時代で遊星達の前に現れ、ライディングデュエルをしかける。遊星がスターダスト・ドラゴンをシンクロ召喚したのを確認すると謎の力でカードに封印。「この時代と共に消えゆくがいい」と捨て台詞を吐いてワープした。

GXの時代ではロンドンで各時代で奪ってきたドラゴンモンスターを実体化させ、E・HEROネオスを実体化させた遊城十代と壮絶なリアルファイトを繰り広げる。十代を始末しようとしたところを、赤き龍の力でタイムスリップしてきた遊星に邪魔されたので再びワープ。

DMの時代ではデュエルモンスターズのイベントにゲストとして招かれていたペガサスを、実体化させたモンスター襲撃し会場の客ごと殺害。しかし、追ってきた遊星と十代に、武藤遊戯は救出されてしまう。そして、会場襲撃前の時間にワープした3人(正確にはユベル)によって客が避難したところに現れる。

邪魔をする3人を始末するべく、1対3という状況でデュエルを行う。(主人公側はライフを3人で共有)

開始早々、発動下で負けた方がと死亡する 「Sin World」というフィールド魔法を発動。数々のSinモンスターを操り3人を苦しめる。が、3人の猛攻により自身の名を冠した「Sin パラドクス・ドラゴン」を破壊されてしまう。

しかしその瞬間、記事冒頭の台詞を言い放ち罠カード「Sin Paradigm Shift」を発動。
デッキから「Sin トゥルース・ドラゴン」を特殊召喚しさらに自身と融合。効果で3人の場を全滅させ再び形勢逆転し圧倒的な力を見せつける。

遊星を絶望させるまで追い込むも、先輩の風格を漂わせまくりな闇遊戯や破天荒デュエリスト十代までは御せなかった。そして遊星が操る、遊戯と十代によって攻撃力が10000まで上昇したスターダスト・ドラゴンの一撃により敗れ去った。その後「Sin World」の効果によって死亡したと思われる。

5D's本編にて

『遊戯王5D's』135話のアポリアの回想シーンで最後の生き残りの1人である事が判明した。なお、年老いているからなのか、若干の見た目の違いが上げられる。

第146話にて、アポリアと同じく死後にZ-ONEによって若い姿で復活し、
未来の破滅の原因となったデュエルモンスターズを抹消するためにZ-ONEによって過去に送られた事も判明した。

映画出身のキャラということもあってか、『タッグフォース』などのゲームに出演したことが一度もない。

デッキ

Sin」と名の付くカードで構成されている。
各時代から最強を代表するモンスターカードを持ち主から奪取し使用していると推測される。
シリーズ中で所持者が複数いるカード(真紅眼の黒竜)、もしくは
時期によって持ち主が変わっているカード(サイバー・エンド・ドラゴン)などあるため、
作中で持ち主が判明しているのはレインボー・ドラゴンで、遊戯王GXヨハンのみである。

関連イラスト

makemagic
ParadoX


パラドックスさん
【劇場版】パラドックス【超融合】



関連タグ

遊戯王5DX 遊戯王5D's
イリアステル 未来組 Sin

関連記事

親記事

未来組 みらいぐみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パラドックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3216424

コメント