ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この映画は旧アニメ版『鋼の錬金術師』の正式な後日談です。
 以下の記述には旧アニメ版終盤の重大なネタバレを数多く含みます。ご了承ください。


概要

アニメ鋼の錬金術師(2003年版)の完結編として2005年7月に公開された映画。

アルフォンス・エルリックを救うために別世界(我々の現実世界)に転移してきたエドワード・エルリックのその後を描いた物語で、第一次世界大戦後のドイツと、ハガレン世界(錬金世界)の時間軸の同時進行で物語が進む。
物語は第1話から3年後が舞台となっているので、エドは18歳。

別世界で元の世界に帰る方法を探す中で、エドワードはトゥーレ協会と呼ばれる集団の陰謀に巻き込まれていき、ハガレン世界のアルフォンスも兄との旅をした4年の記憶を失ってなお、彼を探し続けていた。やがて二人の行動が、二つの世界を結ぶ巨大な力を呼び寄せていくことになる。

現実世界に暮らすエドワード、弟アルフォンス・エルリックと瓜二つの青年アルフォンス・ハイデリヒの存在など、完全オリジナル展開となっている。作品の賛否は大きく分かれることとなっている。

作品評価

アニメ03年版が原作から大きく逸れる形で終焉を迎えた事から、当時はファンの間での評価は非常に割れる事となった。ただし、旧アニメ版は最初から原作とは異なる作品として作られた作品であり、現在では「原作とは違うもう一つのハガレン」としてファンからも評価を集めている。
ただしそれを差し引いても本作は、(TVから劇場版へ引き継がれた)フラグが未消化で終わっているという声は多く、エンディングも大団円とは言えず、見る側が置いてけぼりを食らうような強引なフラグ処理も幾つか散見される。その一方で、特にマスタングの終盤での活躍などは未だに多くのファンの間で根強く語られるなど、あらゆる意味でファンを大きく揺さぶった作品だった。

大団円とはいえない結末も、当然ながら意図的にそう作られた結末であり、ファンからはこれはこれで旧アニメ版らしい一つの完成された結末だという意見も多い。

興行的にはアニメ映画としては非常に大きな成功を収めており、各方面にも様々な影響を与えた作品だとされている。美術や演出等も含めて一つの映画作品としての評価も高く、『日本のメディア芸術100選』では2000年代アニメ映画部門で第5位に選ばれた。

登場人物

その他の人物については旧鋼のキャラクターの一覧を参照。

アルフォンス・ハイデリヒ

Alfons Heidrich


CV:小栗旬
アルフォンスによく似た現実世界の青年。現実世界におけるエドの相方である。
肺を病んでおり、余生幾ばくも無いことを知りロケットの研究に情熱を燃やす。

ノーア

ノーアです


CV:沢井美優
ジプシー/ロマの女性占い師。触った人の心を読む千里眼超能力者
悪人に売られそうになった所をエドに救われる。

デートリンデ・エッカルト
CV:かとうかずこ
トゥーレ教会の会長。
ちなみにモデルは実在の人物であるが、本作では女性に変更するなどのアレンジが加わっている。

カール・ハウスホーファー
CV:津嘉山正種
エッカルトの参謀を務める地政学者。ハイデリヒたちのロケット工学に興味を持ち出資を試みる

ハスキソン
CV:石塚運昇
アメストリスの物理学者錬金術師優遇をやっかみ、独自に採掘したウランによる新型兵器をアメストリス軍に売り込もうとするも、エルリック兄弟に拒まれたため人体錬成に手を染めてしまう。映画冒頭(TV版における第2クールくらいの時期と思われる)で人体錬成に失敗し、現実世界に引きずり込まれる。


関連タグ

旧鋼
シャンバラ(こちらの方がタグとしても多く利用されている。原義は「阿修羅の王」または「仏門の理想国」の事)

ナチスドイツ スチームパンク

関連記事

親記事

旧鋼 きゅうはがれん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャンバラを征く者」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャンバラを征く者」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1453572

コメント