ピクシブ百科事典

人体錬成

じんたいれんせい

「人体錬成」とは、『鋼の錬金術師』のタグのひとつ。同作品における錬金術師にとって最大の禁忌とされる。
目次[非表示]

概要

人間の体の一部もしくは全部を練成すること。
ただし、欠損した体の一部や傷病を治す行為は「医療錬金術」として区別されるので、ここでは死者の蘇生や人間そのものの作成を表す。

エドワード・エルリックの見解によると、人間の体は35L、炭素20㎏、アンモニア4L、石灰1.5㎏、リン800g、塩分250g、硝石100g、硫黄80g、フッ素7.5g、5g、ケイ素3g、その他少量の15の元素、及びその個人の「遺伝子の情報」によって構成されている。
(原作第1話)

この材料を揃えれば、「等価交換の原則」に従って「人間」を作り出すことができるという理屈である。

だが、人体錬成は危険で倫理に反する行為のため、錬金術師の間では絶対に犯してはならない最大の禁忌とされる。
国家錬金術師の規則においても、三大制限の一つに「人を造るべからず」と定められている。

人体錬成を行った者は、それぞれの「真理の扉旧アニメでは真理の門)」の前に連れてこられ、強制的に扉の向こうにある「真理」を見せられる。そしてその「通行料」として身体の一部を扉に「持っていかれる」
これによって負った傷は、「罪の証」であるため基本的にはどのような手段を使っても治すことはできない。

そのような大きな代償を払ったとしても、死んでしまった者を人体錬成で生き返らせることは理論上不可能である。これは「等価交換の原則」により、この世から失われた死者の魂の代価にできる物が存在しないためである。逆に言うと、何を代価にしたとしても等価交換の範囲をオーバーし、その足りない部分を人体の一部で補うリバウンド現象が発生する。

「持っていかれる」部位は何らかの意思によって選ばれており、「お父様」は「人が思い上がらぬよう正しい絶望を与える」ものだと主張している。例として、

  • エドワード・エルリック→家族を蘇らせようとした罪で、たった一人の家族(弟)と立ちあがるための足を片方持っていかれた。
  • アルフォンス・エルリック→母の温もりを欲しがった罪で、身体全てを持っていかれて温もりを感じない鎧になる
  • イズミ・カーティス→息子を蘇らせようとした罪で、子供を産めない体になる
  • ロイ・マスタング→国の未来を見るための視力を持っていかれた。

伝説上では、賢者の石があれば「等価交換の法則」を無視して人体錬成が可能となるといわれていた。だが賢者の石の正体は人間の魂(生命)を固めたエネルギー体に過ぎない。その為、本来理論が無ければできない術をリスク無しで行うことができるのだが、実際には魂のエネルギーを消費して代価にしているに過ぎない。もちろん人体錬成も不可能である。
ただし、これらは死者を錬成するからこそ起こる失敗であり、まだこの世に魂のある人間の錬成、すなわち生きた人間を材料としてその人物自身を錬成するという形での人体錬成であれば不可能ではない。事実、作中ではエドワードが自分自身を分解して別の場所に再構成するという形で人体錬成を成功させている。尚、その場合でも「真理の扉」の前には飛ばされており、「通行料」も要求されている。

また、2003年版のアニメでは、まだ作中で明かされていなかったあるキャラクターの存在の根幹にかかわる設定となっている。

余談

鋼の錬金術師の作者・荒川弘が連載中に第一子を出産したことを、俗に「人体錬成に成功した」ということがある。

関連イラスト

お互いに
誓いは祈りに似て


お兄ちゃんの作り方
さやか



関連タグ

鋼の錬金術師 錬金術師 対価 禁忌 錬成 等価交換 真理

関連記事

親記事

鋼の錬金術師 はがねのれんきんじゅつし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「人体錬成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 803440

コメント