ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「一飯の恩義でス」


CV:後藤麻衣

演:ロン・モンロウ(実写映画版)


解説編集

ぅゎ、っょぃょぅι゛ょ。

身長110㎝ぐらい。小柄な外見だが、拳法や錬丹術の使い手で戦闘能力が高い。基本的には敬語で話す。

小さな大熊猫(パンダ)のシャオメイを連れ歩いており、シャオメイとは実の姉妹のように思いあっている。

髪型は、二つのお団子と、そこから伸びる六本の三つ編みから成る独特なもの。

正確な年齢は不明だが、恐らくは10代初め頃と思われる。

リン・ヤオと同様に、一族の命運をかけ、賢者の石を求めてアメストリスに来訪した。


50民族を内包する中華風の大国・シンの皇女。

しかし、皇女といえども、たくさんいる異母兄弟の中の一人にすぎず、扱いは悪く暮らしは貧しかった模様。

特に彼女は総数30に満たない弱小一族のチャン家を母方に持ち、政治的な立場の弱さから幼いながらに苦労を背負ってきた。

リン・ヤオとは異母兄妹の間柄だが、後継者争いで殺伐とする血縁者たちの例もあって警戒心を持っており、従者のランファンとは犬猿の仲(ただしノックスに説教されてからは多少なりとも軟化している様子)。


年少ながら錬丹術の達人であり、八卦の描かれた布を付けたを用いることで遠隔操作で錬成をおこなうことが可能

また終盤の戦いでは、お父様の攻撃をホーエンハイムとともに凌いでみせるなど、小柄な見た目に反して見ている側が感服するほどのバイタリティと胆力を有している。


体術も得意であり、その小柄な体格を生かした素早い動きと軽業で果敢に動き回る。地下空間の合成獣相手に、スカーと共に大立ち回りを演じていたことからも、その腕前はかなりのものと推察できる。また、遠隔錬成のために鏢を五芒星になるよう正確に投げて(しかも遠距離に高速で)突き刺すなど投げナイフの技術もある。


凛々しい戦闘キャラだが、根は年頃の少女である。

恋に恋する乙女な面も強く、当初は伝聞で知るだけの存在だったエドワード・エルリックにメロメロになり、大いに妄想を炸裂させていた。

実際に出会って夢破れた後には、その弟のアルフォンス・エルリックにゾッコンになり、いつしかミーハーなものではない本気の恋心をアルフォンスに抱くようになった。


尚、異母兄のリンと同様、行き倒れやすい(シン国の血故なのか…)。


スカーティム・マルコーヨキのおっさん三人組と長く行動を共にしていた(傷の男組)。


劇中での活躍編集

リンとほぼ同時期に登場(原作8巻)。

アメストリスの東の果ての炭鉱の町・ユースウェルで行き倒れていたところを、父親に弁当を届けに行こうとしていたカヤルに発見されて助けられる。

その直後に発生した崩落事故を錬丹術で見事解決し、そこでエドの情報を手に入れてセントラルへと向かう。


その後、セントラルで行き倒れていたところをヨキに拾われ、スカー一行に参加。エルリック兄弟のスカー&ホムンクルス捕縛作戦では、追い詰められたスカーを不意討ちで助ける。しかし、同時にシャオメイとはぐれてしまい、肝心のシャオメイはアルに保護された。

その翌日にアルとグラトニーが地下へ潜るのをスカーとともに目撃し、それを尾行。

最奥でお父様と交戦する兄弟とリンを発見するも戦闘中に負傷し、アルの鎧の中に匿われてノックスの邸宅に担ぎ込まれる。そこで右腕を失ったランファンと出会い睨み合いになるも、ノックスに説教される。

そしてアルと共に、ノックスのイシュヴァール従軍の回想を聞くことになった。


快復後は再びスカー一行に復帰し、新たに加わったマルコー]と共にブリッグズ山中でスカーの兄の研究書の解読に当たる。

ブリッグズの炭鉱跡地での戦いでは、中央兵とゾルフ・J・キンブリーの目を掻い潜るべくエルリック兄弟とスカー一行が結託し、跡地を脱出。この間に、研究書の謎をアルと共に解読することに成功。

その後の対エンヴィー戦では、錬丹術を駆使してエンヴィーを翻弄。原形まで衰退したエンヴィーを持ってシンに帰るように諭されるも、ユースウェルでエンヴィーの口車に乗せられ、急遽セントラルへと向かう。


そして『約束の日』に、エンヴィーを連れてセントラルの地下へと侵入。

利用されていたことに気付くが、逆に賢者の石を得る好機と考えて最終決戦に乱入。

最後の戦いでは、自分の身体の限界を察したアルフォンスから頼まれたとは言え戦いを勝利に導くもっとも重要な引き金となった“エドワードの右腕を錬成”するための道を創ることとなった

戦いが終わった後には涙を流してエドに謝るも、エドはアルフォンスの判断だとメイを責めることはしなかった。


全てが終わった後、リンが「チャン家を含めたシンの国の人間をまとめて受け入れる」と約束したことでヤオ家と和解。リン、ランファンと共に家族としてシンの国へと帰っていった。

最終回でロックベル宅に飾られた写真の中には子供を抱えるエルリック夫妻やアル、そして隣に親しげに共に写真に写る大人の女性へと成長したメイの姿があった。


備考編集

実は本作における重要なキーキャラクターの一人。

荒川弘自身が、そのことをファンブックにて明示している。

彼女がいったい何のためにアメストリスに導かれたのか……?

それはあなた自身の目で目撃してほしい。


関連イラスト編集

らくがきメイ・チャン


関連タグ編集

鋼の錬金術師

幼女 ロリ 中華 戦闘少女

パンダ


アルメイ アルフォンス・エルリックとのカップリング絵及び二次小説につけられるタグ。

スカメイ スカーとのカップリング絵及び二次小説につけられるタグ。

関連記事

親記事

シン国組 しんこくぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1457864

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました