ピクシブ百科事典

グラトニー

ぐらとにー

グラトニーとは、七つの大罪の一つで「暴食」を意味する言葉。創作作品のキャラクターの名前としても用いられる。
目次[非表示]

1. 七つの大罪のうちの一つである『暴食』。
2. 鋼の錬金術師に登場する七人のホムンクルスのうちの一人。
3.ポケットモンスターシリーズに登場するウルトラビーストUB05のコードネーム。1に由来する。

1-1 七つの大罪における暴食

広い意味での食に関する悪徳を指す。
必要以上の量を食べる、高級な料理を食べる、生きるためにではなく味を楽しむために食べる、などが当てはまる。現在で使われる言葉の意味としては、後者になるにつれ薄れている。
かつて敬虔なキリスト教徒の中では、食事を摂る際、最低限の量と質の食べ物に灰をふり味を消して食した者までいたという。

1-2

鋼の錬金術師の登場人物。(右側の人物)



 ホムンクルスの一人。敵キャラ。CV.高戸靖広(2003年)、白鳥哲(FMA)
 七つの大罪の一つである「食欲」を司り、下半身が短小でずんぐりむっくりとした体格をしている。
 ウロボロスの刻印は彼らしくにある。
 常に空腹を訴えており、決して満たされることのない無尽蔵な食欲の持ち主。口癖は「食べていい?」
 物語序盤から登場し、ラストと行動を共にしていた。主な役割は不穏分子の抹消であり、ウロボロス組の中では実力行使の際に動かされる戦闘員のような存在である。
 知性は幼児程度しかなく、自分から動くことはない。その一方でラストを母親のように慕っており、ラストが物語から退場するまでほとんどの行動を共にしていた。ラストが退場して以降は、エンヴィーラースとともに行動している。
 戦闘力は高く、そのずんぐりとした体格に似合わず高い瞬発力を持ち、片手で大人の肋骨を圧し折れるほどの握力や、突進で煉瓦製の分厚い壁を破壊し列車のコンテナをへこませるほどのパワーを発揮できる。
 また嗅覚も非常に鋭く、かすかな血の臭いも敏感に察知できる。

 性格も幼いが、他のホムンクルス同様に人を殺すことに関してはまったく頓着しない……というか、好物は人間。とくに若い女の子が好みらしい。(もちろん食欲的な意味で。「肉がやわらかくておいしー」とのこと)

よくもラストを!!


その正体は『お父様が作り損ねた真理の扉の失敗作』とされる。
 普段は割と温厚なグラトニーではあるが、怒り狂うと口調が変わり、胴体の真ん中が裂けて非常にグロテスクな姿へと変貌する。この状態では胴体の裂け目から肋骨(?)を伸ばし、その範囲にあるものをすべて丸呑みにしてしまう
丸呑みにされると、真理の空間とは異なる、無尽蔵に広がる謎の空間へと移されてしまい、通常の方法ではそこから出られなくなってしまう。
「呑む」と「食べる」は別物であると語られている。

 エドリン・エンヴィーは一度グラトニーの腹の中に引きずり込まれたが、エドの機転によって内部からの脱出に成功している。
 最終決戦では、プライドとともに尖兵としてエドたちに夜襲を仕掛けるも苦戦を強いられ、追い詰められた矢先でプライドに食われて吸収されてしまった

アニメ03年版の独自設定

 賢者の石を精製するための器として生み出された。
 終盤に暴走状態となり、賢者の石化したアルを吸収しようとしたが、『扉』から生還したエドによって撃破される。
 そして最終回でダンテを捕食したらしく、続編である映画版『シャンバラを征くもの』では、ダンテの本拠地後で真っ白でグロテスクな怪物と化していた。
 最終的にはラース(アニメ03年版版)に倒され、『扉』を開くための代価としてラースともども消滅した。

関連タグ

鋼の錬金術師
ホムンクルス
七つの大罪 暴食
ラスト エンヴィー

pixivに投稿された作品 pixivで「グラトニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405503

コメント