ピクシブ百科事典

錬成陣

れんせいじん

荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』に登場する図形。 錬金術を即座に発動させるための、いわば『錬金術用の魔法陣』。 物体を構築するための術式を図式化したもので、術師や生成物によって図案が異なる。

錬成陣とは、荒川弘漫画鋼の錬金術師』に登場する図形である。

概要

ハガレン世界における、錬金術を発動させるための図形式。
通常、複雑な理論と多くの器具を必要とする錬金術を、より効率よく即効で発動させるために考案された、いわば「錬金術用の魔法陣である。

錬成陣の図形や文字列は、複雑怪奇を極める錬金術理論の結晶であり、錬成陣の基礎となる外周のは「力の循環」という錬金術における基本概念を意味する。

当然ながら、術師によって錬金術の理論も変わるため、錬成陣の図案も多種多様を極めている。
シン式錬丹術も錬成陣を以って発動させるため、両者の錬金術のルーツが同じであることを示唆する証拠ともなっている。

また、錬金術発動のためのエネルギーはアメストリス式錬金術とシン式錬丹術では違い、アメストリス式では自然界にある地殻変動のエネルギーを利用し、シンでは大地を巡る気の流れである「龍脈」を利用する。
しかし、錬丹術師であるメイ・チャンは、このアメストリス式の理論に対して違和感を持っている。
彼女曰く「この国の地下にはたくさんの何かが蠢いている」ということらしいが・・・。

関連タグ

鋼の錬金術師
図形 魔法陣 錬金術
賢者の石 真理の扉

pixivに投稿された作品 pixivで「錬成陣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15588

コメント