ピクシブ百科事典

ハリー・メイソン

はりめいそん

ハリー・メイソンはゲーム『サイレントヒル』の主人公。
目次[非表示]

概要

ゲーム版

『1』『プレイノベル』の主人公であり、『3』『ゼロ』の登場人物。本名は「ハロルド」で、「ハリー」は愛称。職業はフリーライターで生活に困らない程度に稼いでいる。『1』では32歳、『プレイノベル』では30歳。『ゼロ』の終盤、妻ジョディと共に、路上でアレッサの魂の半分が顕在化した赤子(後のシェリル)を拾い、養子として引き取った。その3年後に妻を病気で失う。更に4年後、『1』においてシェリルと共に休暇を過ごす為にサイレントヒルを訪れるが、異変に巻き込まれ、行方不明となった娘を探し回る。『1』の終盤、アレッサから誕生した神を倒すことには成功するが、遂にシェリルを取り戻すことは叶わず、代わりにアレッサの生まれ変わりである赤子(後のヘザー・メイソン)と共に町から生還した。その後は赤子にシェリルと名付けるが、教団の目を欺くために外ではヘザーという偽名を名乗らせていた。『1』の3年後には追跡してきた教団信者を正当防衛で殺害している。ヘザーが17歳となった後、『3』において、クローディアの傀儡であるクリーチャー「ミショナリー」によって殺害された。
万人を助ける事が出来るヒーローではないが、娘に対して強い愛情を持ち、一切の言い訳(一般人娘との血縁の有無等)をせずに彼女を助けようとする強い心の持ち主である。

死(小説版)

ハリーはヘザーが異界へ引きずり込まれた日にある事を打ち明けるつもりでいた。
ハリーは既に癌が悪化し既に末期状態だった。
それからハリーはヘザーが出ている時間に病院へ行き自身の著作等全てをヘザーに速やかに相続されるよう手続きを行い全てが無事終わりデリバリーのイタリアンを用意しカモをローストしながらヘザーの帰宅を待っていた。
だがハリーの家に訪れたのはミショナリーを引き連れたクローディアだった。
クローディアは前回の失敗を招いた原因のハリーをただ殺しに来たのだった。
短い交渉の末常に携帯している消音拳銃を抜きクローディアを躊躇無く射殺しようとするがヘザーを異界で人質にしたと脅迫され下手に戦えなくなり消音拳銃を捨てるがクローディアはヘザーの使い道を神の誕生を優先するつもりで好きなようにさせればヘザーの命に関わる為隙を見てベルトに仕込まれていたナイフでクローディアを狙うもミショナリーにより阻止され殺害される。
交渉でハリーが望んだのはヘザーと夕食を取り全てを打ち明ける僅かな時間だけだった。

実写映画

本名は『クリストファー・ダ・シルヴァ』であり、第一作では妻の『ローズ・ダ・シルバ』が主人公なので脇役として出演している。第二作では偽名としてハリー・メイソンを名乗っている。ゲームと違って生き残り、行方不明になったローズを探す為にヘザーと別れてサイレントヒルに残る。

関連タグ

サイレントヒル 主人公

極上の父…世間から見たら冴えない人間かも知れないが、化け物が蔓延る非日常の中で娘を一途に助けようと奮闘する姿には敬意を感じる人々も多いだろう。彼の場合は軍人を始めとした特殊な訓練を受けた人間でもない事と娘と血縁が無い上に特殊な力を持った人外である事を知っても父親として彼女を見捨てる事をしなかったのも拍車を掛ける。

関連記事

親記事

サイレントヒル さいれんとひる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハリー・メイソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 541

コメント