ピクシブ百科事典

Asgore

あずごあ

Asgore(アズゴア)とは、海外のRPG『Undertale』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「ニンゲンよ...きみとであえてよかった。」
「さようなら。」

概要

フルネームは「Asgore Dreemurr(アズゴア・ドリーマー)」。
地下世界で暮らす魔物たちの王。

山羊のような風貌をした大男で、巨大な二本角に金の鬣、豪奢な鎧に大きな紫色のマントを羽織ったその姿は、いかにもファンタジー作品における魔王といったシルエットだが、その性格は非常に穏やかな紳士で、魔物たちからも慕われている。(また、彼の顔立ちに既視感を覚えるプレイヤーも多い)

過去の出来事から「人間」全てを悪とみなしており、地下世界と地上を隔てる結界を破壊するために必要な7つのタマシイを求めている。これまで6人の人間のタマシイを手にし、最後の一つを、彼のもとを訪れた主人公と自身のタマシイと賭けて闘うことになる。しかしタマシイを求めるのとは裏腹に、闘う直前まで主人公の心境を案じ、やり残したことがないかと時間を与えたり「君に会えてよかった」と敬意を示したりとあくまで紳士的に接している。

いざ戦闘が始まると、マントの下から巨大な赤い三又槍を取り出し「みのがす」のコマンドを破壊してみせる演出がなされている。以降は顔を伏せて無言に徹し、火の玉の弾幕や槍による猛攻で主人公に襲いかかる。

《传说之下(Undertale)》-国王同人~
Throne room


趣味はガーデニングとお茶。
自身の庭園でも育てている「Golden Flower(金色の花)」を使った紅茶を好んでいる。

魔王「Asgore」決戦曲





以下、本編における重大なネタバレ。閲覧は自己責任でお願いします。





きんちょう しているね…?
だいじょうぶ…。
はいしゃさんに
いくようなものさ。
















アズゴアの過去

Once Upon A Time


トリエルとはかつて夫婦関係にあり、とても仲睦まじい間柄だった。
かつて人間とモンスターの間で戦争が起き、モンスター達が地下に追いやられた後、一人の息子を設ける。この息子こそフラウィの正体のアズリエルなのである。

それからしばらくした後、地上から落ちてきた一人の人間の子供を引き取り、血は繋がらずとも本当の家族同然に暮らしていた。

ある日、人間の子供が治る見込みのない重病にかかってしまい、どうする事もできないまま子供は息を引き取ってしまう。そして、悲しみのあまり人間のタマシイを吸収したアズリエルは強い力を手に入れ、人間の子供が亡くなる前に言っていた「地上の花を見たい」という願いを叶えるべく、地下世界と地上を隔てる結界を通過して地上へと赴く。

しかし、人間の子供の亡骸を抱いたアズリエルの姿を見た地上の人間達は、彼を「子供を殺したモンスター」と勘違いし、攻撃を加える。

人間達を皆殺しにできる力を持っているにも関わらず一切反撃しなかったアズリエルは息も絶え絶えに地下世界へ逃げ延びるも、最後の最後に力尽きてしまう。

一度に二人の子供を失った悲しみと怒りから、アズゴアは地下世界に落ちてきた人間を殺害してタマシイを奪う方針を立て、集めたタマシイで結界を破壊しようと考える事となる。

この方針を立てたアズゴアに絶望したトリエルは彼と決別し、彼の方針に真っ向から対立するかのように地上から落ちてきた人間を守る為いせきに移り住む事となった(この為、作中においてトリエルはアズゴアと再会しても終始冷たい態度を取るようになっている)。

しかし戦闘後に、本当は力など欲していない。誰も傷つける気も無かった。
民達に希望を持ってほしかったと告白している。

二人の子供が死んだ当時の民達の状況を考えると、アズゴアの政策はそれ以外に取りようがなかったと言える。民達は人間によって地下に封印され、人間が王の子供を殺したという、絶望的な状況に立たされており、そんな民を鼓舞し希望を持たせる為に表向きは人間を殺すと言うしかなかった事が想像できる。事実、その後に民に希望が戻ったと発言している。
さらにアンダインがトリエルを追いやり革命するEDでわかる通り、人間に友好的政策をとった結果モンスターが反乱を起こすという可能性は十分ある。二人そろって王位を剥奪されるか、最悪二人とも殺される可能性すらあったといえよう。アズゴアの性格的に、反乱を起こされても抵抗できるかすら怪しい。

だがそれと引き換えにトリエルは彼のもとを去るという、言ってしまえば国民をとるか、トリエルをとるかという状況にあったといえる。
まあ、前述のとおりトリエルを選べば二人とも……という可能性を考慮すれば実質一択だったかもしれない。

また、Pルートではトリエルから「民を解放したければタマシイ一つで結解を抜けて人間を殺し、タマシイを集めることができた」「本当はもう人間が来なければいいと思っていた」と指摘される。
けれども彼がそれを実行していれば人間とモンスターの戦争を引き起こし、人間とモンスターの共存という結末には決してたどり着けなかっただろう。

ちなみに、トリエルと絶縁せず、民の怒りが爆発しないように7つのタマシイを集めるとなると

  • 子どもを亡くした精神状態から速やかに立ち直り、絶望的状況の国民達に反乱されないように鼓舞する
  • モンスターに敵意を持たず、地下に永住することを了承する人間が7人連続で来る
  • またはどうにかタマシイを一つ手に入れた時点で地上に向かい、今にも死にそうな人間を探すか、見つかるか不明な残留タマシイを人間に見つからずに6つ集める
という天文学的確率を実現させる必要がある。

作中における登場人物の中でも何かと幸が薄い。例を挙げると
  • 上記の悲惨な体験がきっかけでトリエルと離婚。しかし彼女の事を今でも忘れられずにいる
  • Nルートで戦闘に勝利した後にみのがすコマンドが復活して停戦を促せるが、直後にフラウィの不意打ちを食らって結局死亡する。二週目でフラウィがおとなしくしている場合でも主人公を地上へ行かせる為、モンスター解放の希望を託す形で自殺し塵となってしまう。
  • Gルートでは最悪の時間を乗り越えた主人公に文字通り問答無用で殺害される
……といったもの。

最善を尽くした彼に対するあまりの結末に、プレイヤーの間でも幸薄キャラとして扱われる事も珍しくない。Pルートに於いてはトリエルに終始冷たい態度を取られ、エンドロールでは彼女と和解しようと奮闘していると思わせるシーンがある。
数々の不幸に見舞われながらも国民を守るために責務を全うした、地下世界の優しき王様なのである。

関連タグ

undertale ボスキャラ 紳士 不幸 苦労人 善人 国王

関連記事

親記事

NewHome にゅーほーむ

pixivに投稿された作品 pixivで「Asgore」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3857835

コメント