ピクシブ百科事典

Undertale

あんだーてーる

『UNDERTALE』とは、Toby Fox 氏を中心とするチームによって制作されたRPGである。
目次[非表示]

むかしむかし ちきゅうには
ニンゲンと モンスターという
2つのしゅぞくが いました。
ところが あるとき
2つのしゅぞくの あいだに
せんそうが おきました。

そして ながい
たたかいのすえ ニンゲンが
しょうりしました。
ニンゲンは まほうのちからで
モンスターたちを
ちかに とじこめました。

それから さらに
ながい ときが ながれ.........

イビト山 201X年
それは のぼったものは
にどと もどらないといわれる
でんせつの山でした。

※プロローグ(公式日本語版)から引用

前置き

本作は、全く何も知らない状態でプレイするのが一番楽しいゲームの一つである。しかし、Twitterwikipixivなどや多くの動画サイトでは二次創作も含めてネタバレのバーゲンセール状態となっている。
初見の衝撃を損なわしたくない方は、出来る限り多くのEDに到達してから検索や情報収集をする事をおすすめする。また、ゲームタイトル名やキャラクター名だけでなく、曲名で検索してもネタバレが出る事があるので注意しよう。

なお、同人誌や同人グッズを作る際は下記リンクの同人ガイドラインを必ず参照

概要

データ

種類オリジナル版移植版1移植版2
機種WindowsMac OS XLinuxPS4PSVitaSwitch
ジャンルRPG同左同左
発売日2015年9月15日2017年8月16日2018年9月15日
販売元Steam8-4同左
レーティング不明CERO-B同左

※日本語ローカライズとパブリッシャーを担当。

トビー・フォックスによって製作されたインディーゲームである。クラウドファンディングサイト『Kickstarter』(外部リンク)にて支援が開始され、2015年9月15日からSteamでリリースされた。
原作者が『MOTHER』シリーズから影響を受けている事を公言しており、8bitや16bitゲーム時代を彷彿とさせる昔ながらのドット絵で描かれた何処か懐かしいレトロ風となっている。当初は英語版のみのゲームだったが、個性的でユーモラスなキャラクターや主人公の行動で変化する秀逸なストーリー、程良く手ごわい難易度、印象的なBGMなど数々の要素でリリース当初から全世界で人気を博し、同時に日本でもPCゲーマーを中心に注目を集めていた。
そして、後に日本語にローカライズされた移植版も登場して以降、更に多くの知名度や評価を得るようになった。

Steam版も当初は英語版のみだったが、こちらも2017年8月22日以降からPS4版とPSVita版と同様に公式日本語版が追加されている。なお、設定次第でどちらの言語でもプレイ可能。なお、本作のローカライズには原作者のトビー・フォックスも強く関わっており、洋ゲーの日本語化としては稀有なケースとなっている

YouTubeでは多くの動画が投稿されており、最も再生数の多い動画は8000万再生以上となっている。ファンアートやファンメンド、BGMのリミックスも多数投稿もされている。

購入までの流れ

本作が気になるものの、Steam版の購入方法が分からない方はプレイ動画を見る前にこちらを参照すると良いだろう。↓
【undertale紹介用】Steam会員登録からソフト購入~日本語化パッチ当てまでの手順

まず、Steam(PC)版はサマーセールなど節目でセールが行われた際には大体半額の値段になるので手に取りやすくなっている。この時のソフト単体の場合は490円で(サウンドトラックも同様)、セットの場合は更に少し安めの890円で購入出来る。
現在は公式日本語化訳がされたPS4版やPSVita版、Switch版も発売されているので、そちらで入手する方法もある。また、これらにはサントラCDや楽譜ブックレットなどが付属した『コレクターズエディション』も存在する為、こちらもおすすめである。

内容

インディーゲームらしくEDまで10時間もかからない程度のコンパクトさではあるが、マルチエンディングや隠し要素も含まれている為周回プレイを重ねたくなる魅力も高い。ゲームとしてはやりこみ要素は豊富な方である。
一方、その点を気にしなければ休日でのプレイでEDまでひとまず行ける位の間口の広さもまた魅力となっている。更に、製作者の趣味であらゆる場面にが居るのでワンコ好きにはたまらない作品でもある。

詳細はネタバレになる為割愛するが、いわばナラティブ的な側面(※)が強いゲームであり、ゲームらしさを最大限活用した作品でもある。その為、本作の良さは実際に自身で遊ばないと体験出来ないだろう。

※『ナラティブ(語り)』は『ストーリー(物語)』よりも意味が広い。即ち、ナラティブは"人それぞれの経験から生まれる流れ"であり、アニメ動画漫画小説では決して味わう事が出来ないゲームの魅力の1つを指している。例を挙げるなら、4Gamerのこちらの記事が分かりやすいだろう。

マルチエンディング

EDは大きく分けて3つ存在する。それぞれに専用のバトルやBGM、そしてキャラクターや世界観に関する重要な話となっている。
また、EDだけではなくゲーム中でもプレイヤーの行動によってメインキャラクターから町やダンジョンにいるモブに至るまで、台詞や行動が細かく変化する。
プレイヤーの行動にはゲームリセットも含まれており、例えばゲーム冒頭のフラウィーとの会話中にリセットした場合彼のセリフが変化する。

キャラクター

Undertaleに登場するキャラクター一覧参照。

戦闘

従来のRPGと同じくコマンド式の戦闘に見えるが、それはあくまで見た目だけである。原作者によると「『真・女神転生マリオ&ルイージRPG東方Projectが好きだから全部混ぜた」と語っており(参考)、作中では実際にそれらの作品を反映した独自の戦闘システムとなっている。

攻撃する時は、左右を行き来するゲージでタイミング良く攻撃ボタンを押すアクションゲームの要素が含まれている。しかも、武器によって連打や長押しが求められる物もある。
また、戦闘以外にも相手を会話したりなだめたり挑発したりする様々な行動をとる事が可能で、その種別は千差万別。

そして、本作を語る上で避けては通れないのは弾幕シューティングの要素がある事である。敵ターンではハートマーク型の自キャラを操作し、用意された枠の中で敵の魔法攻撃を自ら避ける事になる。
被弾するとHPが減り、0になるとハートの魂が砕け散りゲームオーバーとなる。ほぼ全ての攻撃を上手く避けきり、ダメージを一切受けずにやり過ごす事も可能。

自分のターンの戦闘コマンドは基本的に以下の4つ。

  • たたかう(FIGHT)
敵を攻撃するコマンド。ゲージ上をバーが移動していき、タイミング良く中央に重なった時にボタンを押すと高威力になる。逆にボタンを全く押さないと攻撃を行わずMISSになる。装備する武器によってタイミングや攻撃回数などが変化する。

  • こうどう(ACT)
話す』・『撫でる』『ナンパする』『ハミングする』などそれぞれの敵への特殊な行動が出来るコマンド。行動によって敵が戦意を失ったり、テンションが上がっておかしな行動を見せたりなど様々な反応が見られる。

  • アイテム(ITEM)
アイテムを使うコマンド。食べ物アイテムを食べて回復などが出来る。

  • みのがす(MERCY)
慈悲を与え停戦を促す、もしくは戦闘から逃げ出せるコマンド。

公式が"誰も死ななくていいやさしいRPG"を謳っている通り、全ての敵との戦闘において『相手のHPを0にして殺す』以外の攻略方法が存在する。これはボスを含むあらゆるモンスターも同様で、生かしたまま平和的にクリアする事も可能である。
どのコマンドをどのような順番とタイミングで使えば敵を殺さずにすむのかを推理していくのもこのゲームの醍醐味となっている。逆に、全ての敵をFIGHT(たたかう)のコマンドだけで殺して進む事も出来る。どちらの方法で敵を攻略していくか、それはプレイヤーの自由だ。

関連イラスト

センシティブな作品
Undertaleつめ2


undertale
Undertale 3周年記念


UTまとめ6
NEXTHOMEで初日の出



関連動画

英語版

  • Undertale Greenlight Trailer




  • UNDERTALE Release Trailer



日本語版

  • 【公式】UNDERTALE 日本語版 発売アナウンストレーラー (PS4/Vita/PC)




  • UNDERTALE [Nintendo Direct 2018.3.9]



  • 【公式】UNDERTALE 発売記念トレーラー (Nintendo Switch)



BGM

本作の評価が高い理由の1つには、数々の魅力的なBGMも挙げられるだろう。全トラックを本作の開発者であるトビー・フォックス自身が作曲している。
ただし、先述通りネタバレの内容も含まれているので検索や閲覧には注意が必要である。

  • 通常モンスター戦



  • ボス戦の全楽曲(ネタバレ注意)



番外編

  • 【スマブラSP】追加Miiファイターコスチューム 第3弾 紹介映像

スマブラSP』で、2019年9月5日からサンズMiiファイターコスチュームDLCとして登場する事が発表され、同日から配信が始まった。


関連タグ

メインタグ

Steam プレイステーション4
プレイステーション・ヴィータ ニンテンドーSWITCH
トビー・フォックス
インディーゲーム 洋ゲー RPG レトロ
ドット絵 人外 

Human(Undertale) Flowey Toriel
Papyrus Sans Undyne
Alphys Mettaton Asgore

Undertaleに登場するエリア一覧

Deltarune

Toby Foxが現在製作中のRPGゲーム。
2018年10月に公式Twitterにて突如謎の予告が出され、同月にチャプター1が無料配布された。PC版としてWindowsMac OS X、移植版としてPS4Switchでプレイが可能となっている。完全版の公開は現時点で未定となっている。

本作でもモンスターの王国の紋章・王家の家紋として登場しており、「Deltarune」は「UNDERTALE」のアナグラムとなっている(Gersonを参照)。またオリジナルの要素が多数加わっているものの、同じ容姿と名前を持ったキャラクターも多数登場している。本作との物語上の繋がりは否定されているが、「Undertale」となんらかの関係を持つゲームであることは確かである。

参考作品

MOTHERシリーズ
1988年から2006年に発売されたRPGで、全3作(FCSFCGBA)。主に現代の世界で起きた不思議な出来事を機に、超能力PSI』が使える主人公の少年と仲間達が冒険で世界を救う物語となっている。

ブランディッシュ
1991年PC-98で発売されたRPGで、全4作。

真・女神転生
1992年に発売されたRPGで、『女神転生』の続編。不吉な夢を見た後にPC内の召喚プログラムによる悪魔の出現を機に、ヒーローの主人公が非日常へと変わっていく世界で仲間と出会い、彼らと共に東京で悪魔との戦いに身を投じる物語となっている。

ライブ・ア・ライブ
1994年に発売されたRPG。7つの異なる時代と場所で構成されたオムニバス形式のシナリオで、それぞれの主人公達が活躍する物語となっている。
本作屈指の人気曲である特定ルートボス曲『MEGALOVANIA』は、同作のボス曲『MEGALOMANIA』から影響を受けて作られた事が語られている(語源は『"MEGALO"MANIA』+ルーマニアの地名『TRANSYL"VANIA"(トランシルヴァニア)』)。ただし、曲調は似ているものの、当然ながら両曲のメロディーは全く違っている。

東方Project
1996年から製作され続けている弾幕アクションゲーム。結界で現実世界と隔離された土地『幻想郷』で、特定の少女が起こした『異変』と呼ばれる事件を博麗霊夢霧雨魔理沙などが解決するのが主な物語となっている。

MOON
1997年に発売されたRPG。ゲームの世界に取り込まれた透明人間の主人公が、何故か自分と同じ名前を持つ勇者が経験値稼ぎと称して殺したアニマル達を救う旅をする物語となっている。
なお、2019年10月10日から初の移植版がSwitchでリリース予定となっている為、もし気になった方はプレイしてみると良いだろう。

マリオ&ルイージRPGシリーズ
2003年から発売されているRPG。主にキノコ王国で起きた様々な出来事を機に、マリオルイージが力を合わせて冒険する物語となっている。

洞窟物語
2004年に発売されたフリーゲーム。暗い洞窟でミミガーという種族の村に辿り着いた主人公が、"ドクター"と呼ばれる人間によって拉致された彼らの行方や自身の脱出手段、失われた記憶などを探す為に洞窟をさまよう物語となっている。

評価タグ

undertale100users入り undertale500users入り
undertale1000users入り undertale5000users入り
undertale10000users入り undertale20000users入り

二次創作関連

CP:Undertaleのカップリングタグ一覧
派生:UndertaleAU

記念イラストタグ

9月15日を中心に投稿された記念イラスト。


関連リンク

メイン


同人ガイドラインについて


その他

関連記事

親記事

トビー・フォックス とびーふぉっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Undertale」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212083484

コメント