ピクシブ百科事典

目次[非表示]

OHHH!YESSS!!
ウェルカム エビバデ!

オープニングから ジャンジャン とばしてくよー?

概要

科学者アルフィー博士によって造られた魂を持つロボットで、地下世界のTVショーのスター。
ロボットだが性別は一応男性。魂の身だった頃から人間の煌びやかさに絶大な憧れとリスペクトを抱いていた。元々は対人間ロボットとして誕生したのだが、地底の世界に落ちてきた主人公に好意を持ったアルフィーが人間攻撃機能を取り除こうとするも、抵抗し脱走。
地下世界のTVスターらしく、殺人クイズショー殺人お料理番組など、様々な過激でサツバツなTVショーで主人公に襲い掛かってくるが、その時点ではメタトンに一切のダメージを与えることができないため、彼のショーにつきあうはめになる。幾度も主人公を窮地に陥れるが、そのたびにアルフィーに毎回すんでのところで止められてしまう。だがショーに付き合って行く内に主人公にとってあまりに都合の良い展開やメタトンが明らかに手を抜いてるような描写が目立ち始めるが…
なお、元はナプスタブルークらと同じゴーストであるが、物質に完全に定着しているため、依代であるボディを破壊されれば死亡する。彼にダメージが通らないのは単純に彼のボディが丈夫だからである。
…改造などを使いダメージを通るようにしても何事もなかったかのように壊れないが、改造しないとできないのでそこはスルーしよう。

余談だが、作中の主要人物の名前で始めようとすると本人に咎められてプレイできない場合が多い中、彼とパピルスのみ言及されど咎められることなくゲームを始められる。彼の場合名前を宣伝してもらえるのが嬉しいようだ。

メタトン基本形態

H E L L O  B E A U T I F U L !
あんて


ゲーム中、一番最初に出会う事になる姿。5×4のライトが付いた箱型のボディに、蛇腹状のパーツで繋げられた腕と1輪で走行する脚部で構成されている。体は金属と魔力で構成されており、人間の子供である主人公は一切の攻撃を通すことができない。
背中には秘密のスイッチが付いているのだが、このスイッチを切り替えると…?

(↓以下、ストーリーに関するネタバレを含みます↓)











OoooH YES・・・!







メタトンEX

mettaton
MTT


背中についているスイッチを入れ替えると、基本形態から変形してこの姿になる。完全な人型ロボットで、なんと蛇腹状の腕以外、変形前の面影を残すパーツがない。アルフィー博士の並外れた技術力の賜物なのだろうか……。
なお非常にエネルギー効率が悪い形態であるとのことで、長時間この姿のままでいると機能停止してしまう。

地底世界でのラスト・ショーを兼ねて、主人公に猛攻を仕掛け、本気でタマシイを奪い取ろうとしてくるが、この状態はこちらの攻撃も通るため破壊・殺害することも可能になっている。メタトンEXとの戦いでは、メタトンを破壊するか視聴率を一定値以上に上げることがクリア条件となる。

なお、殺す登場人物を調整するとエンディングでメタトンEXが王になり、地下世界がメタトン一色になるそうだ。パピルス曰く「メタトンのファンからしたら良いところだが、それ以外からしたらサイアクな世界になってしまった」。更にパピルスは「メタトンが気に入らない者はいつのまにかいなくなる」「アンダインもメタトンが嫌いだった」と話しており、この先が不安になる。

メタトンNEO

酔ってるトン


Gルートでは主人公がいかに悪事を重ねてきたかを指摘し、「地底に必要なものは死体の山ではなくアイドルである」と非難しながら去っていくため、道中でのバトルは一切発生しない。
そして再び主人公と遭うまでの間に、主人公がモンスターだけでなくニンゲンにとっても脅威になる存在であることを知る。

最終的に一度だけ戦うことになるのだが、それがこのメタトンの「対人間戦特化型フォーム」。
容姿はメタトンEX同様人型だが、追加装備が加わるなど、より攻撃的な姿になっている。
実際の戦闘力はというと、攻撃力『90』という全敵キャラTOP3に入る高い攻撃力を誇る。

逆に、防御力は『9』でかなり物足りない。その代わりこのメタトンNEO、HPがなんと『30000』もある。これはあのGルートのアンダイン(23000)をも上回る数字。
その強さは1発で倒せてしまい(装甲に問題があった模様)、なんと攻撃すらしてこない。

戦闘後は、ルート分岐によって少しだけ異なる反応をする。もしNルートが確定した場合(雑魚モンスター討伐数が足りなかった場合)は、自らは犠牲となったにもかかわらずアルフィーたちを救えたことに喜ぶ。

「ハハ… ハ… すくなくとも これで ひとあんしん だ」
「ボクが いなくても アルフィーと ニンゲンたちは ぶじ なんだ…!」

アルフィーはスターとして有名になったメタトンは自分のことなど忘れてしまったのだと思っていたが、メタトンは自分に体を授けてくれたアルフィーのことを友人として変わらず大切に思っていたことがわかる一幕である。
また、与えたダメージがメタトンNEOのHPをギリギリ削り取れる程度であったことにより、主人公が本気で攻撃しなかったことを指摘。それを根拠に、主人公が完全に悪に染まったわけではないことを話す。

しかし、Gルート要件を満たしている場合には、そのダメージは900,000を突破

「キ… キミは… ボクの ファンクラブに… はいる つもりは… なさそうだね…」

としか言わず、上記のやりとりは見られない。

なお、Gルート進行でマフェットRG01・RG02だけ見逃しつつ、それ以外の部分はGルートの条件を満たし続けここまで来た場合、メタトンNEO戦の展開やセリフはGルートのそれであり、LVもGルート確定条件となる19になるが、見逃した主要モンスターがいるため皆殺しできていないことから、これでもNルートに切り替わっている。

余談

ポプテピピックのアニメ第7話にて、なんとメタトンEXの登場シーンがパロられてしまった。ある意味地上波デビュー?
これに対しTobyfox氏は、Twitterで「(訳)うわぁ、これをアニメ化するとは思わなかった」とコメントした後、ポプテピピックの原作者・大川ぶくぶ氏に「www ありがとうございます」とリプライを送った。

関連タグ

UNDERTALE
ロボット 変形
表記揺れ:メタトンMTT
他人の空似:セイリュウ(シンカリオン)
ネタバレ注意:HAPPSTABLOOKhapstablook
Deltaruneチャプター2ネタバレ注意:???

関連記事

親記事

Hotland ほっとらんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Mettaton」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Mettaton」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18305068

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました