ピクシブ百科事典

柊恵一

ひいらぎけいいち

柊恵一とは、アニメ『おねがいマイメロディ』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:置鮎龍太郎

概要

夢ヶ丘高校の1年生。歌の姉・夢野奏と同級生。柊コンツェルンの孫。
トイレの数だけで88もある豪邸に住み、執事セバスチャンがいる。

表面上は紳士的に優しく振る舞うこともあるが、基本的にクールで刺々しく、束縛を嫌う。
通俗的なものには無関心、無感動であり、家で一人本を読んでいるシーンも多い。
頭脳明晰で合気道をも会得しているが、美意識を超える美紀ポエムには気絶した。
リムジンで移動することも多い。また、キレるとちゃぶ台返しならぬ長テーブル返しをする(それも食事ごと)。

恵まれた生活と完璧超人で文武両道な才能からか、夢を失い人間関係だけでなく音楽にも求めるものがなくなり、発表会帰りにバイオリンを捨てに向かう。その時クロミ達と出会い、バイオリンを演奏するとメロディ・キーに力が与えられ世界に秘められたる曲があると聞かされる。
興味を持ち、曲の完成を目論む目的でクロミと手を組み彼女のダークパートナーとなる。
曲の演奏時はやたら上半身裸になりたがる。彼の半裸シーンは悪夢魔法バンクにて毎回拝める他、最終決戦時にも自ら脱いでいた。何が彼をここまで脱がせたがるのか。

マイメロに邪魔され音符が集まらないため、タクトを奪おうとに目をつける。自分に好意を持っていたため、デートに誘いチャンスを作るがクロミは失敗続き。

しかし学校などで接しているうち無意識のうちに歌が意識の中に積っていき、感情に影響を及ぼすようになっていく(心の中に歌の変な顔や水着姿などの瞬間が留められている)。
しかし曲の音色が甘くなっていることをダークパワーに告げられ、歌への興味が音色を変化させたことに気付き歌からの電話を切り、歌との思い出を夢のゴミ袋に捨てる。
終盤ではダークパワーに飲み込まれてしまうが、後に夢の世界に入ってきた歌によりゴミ袋が開かれその思い出は戻っている。

最終的に元に戻ったもののダークパワーの力で世界を混乱に陥れた元凶であることは変わりないため、続く『くるくるシャッフル』ではウサミミの刑なるものを受けさせられこんなことになってしまう。
単なるネタだけの登場ではなく、新たに登場した彼の弟・との関係も年間を通じてクローズアップされた。終盤のバイオリン演奏からの潤との和解、兄弟セッションは必見である。
ちなみにやはり半裸になり、前述のセッションシーンでは上半身裸で素顔でウサミミ頭巾・白いタイツという奇妙な出で立ちであった。

『くるくるシャッフル』終盤まで歌を妹と思い接しており、誕生日の花束に「妹へ」と添えたりバクをナスビザウルスから助けるため歌が自分から魔法で巨大化・暴走した際は(ウサミミ仮面として対峙した)「傷つけるわけには」と攻撃できなかったりもしていた。しかしウサミミの刑を終えてしばらくした後の終盤にて、「妹じゃなかった」と恋愛感情を自覚。精神世界の中で「好きな子とバイオリン」という夢を見つける。
しかし歌は「妹」として既に自身の役割を割りきっていた上と恋仲になったため、恋愛関係には至らなかった。しかしそれでも彼女のことは気にかけており、歌の幸せを願いながら今もなお想い続けている。

『すっきり♪』ではパリへ留学し、夏休みに一時帰国した。
その後もマイメロの召喚で度々登場させられている。

関連イラスト

柊恵一
らくがき恵一


柊恵一 /おねがいマイメロディ
「ピンクで兎で外はねでイケメンのヒーロー



関連動画

夢の幕間~柊のテーマ

美・Guilty

ダークパワー第一楽章

ダークパワー第二楽章

美•最終楽章


関連タグ

おねがいマイメロディ
夢野歌 夢野奏 柊潤 マイメロディ クロミ セバスチャン ウサミミ仮面
男子高校生  バイオリン 青髪 クール イケメン
残念なイケメン

カップリング

柊歌 / 恵歌 マイ恵 柊クロ

pixivに投稿された作品 pixivで「柊恵一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149723

コメント